山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 25日

その22 <タケノコ退治>

a0119520_16302322.jpg


a0119520_16304030.jpg




a0119520_16305761.jpg




a0119520_16311172.jpg




a0119520_16312747.jpg




a0119520_16314283.jpg




a0119520_16315693.jpg

                                          つづく






「竹になるまで待って伐れ」と言われてもね・・・。
どう考えても、タケノコの状態で刈ってしまった方が、楽ちんです。
地中の部分を掘り出して食べるモウソウチクのタケノコとは違い、
ハチクは、地上にビューンと伸びた部分が食べられるタケノコですから、刈った後、食料として消費も出来ますし。
(モウソウチクも、地上にビューンと伸びた部分の、先のほうは<穂先タケノコ>と呼ばれ、食べられますが)

しかし、
その後、あらたに次々と出て来るハチクのタケノコに、青子は泣くことになるでしょう。



竹のパワーというのは、本当にすごくてやっかいです。
先日、NHKのTV番組「アインシュタインの眼」で、竹について詳しく説明がなされていましたが、
竹というのは、タケノコが地上に顔を出した後、たった40日足らずで15メートルから20メートルにまで
成長するのだとか。
ヒノキが30センチに育つまでに4年、
スギが2年かかることを考えると、本当にすごい成長力だと圧倒されます。

その成長力を支えるのが、竹林の地下に張り巡らされた地下茎。
地下30センチばかりのところに、地下茎を縦横無尽に張り巡らせ、グイグイ水分を吸い上げ、
竹はタケノコを大きく育てるのです。

この成長のスピードに、他の植物はついていけませんから、
竹が繁殖し始めた土地では、他の植物は、やがて竹林に飲み込まれて枯れてしまいます。
わずか地下30センチという浅いところに、根を張り巡らせる竹ですから、
そういうものに山を覆われると、集中豪雨の時、地すべりを起こしやすくなり大変に危険です。
というわけで、実に難儀な存在、竹、なのです。



昔は、逆に、この成長のスピードが、ありがたかったことでしょう。
建材や、日常の道具類に、大量に使われていた竹です。
樹みたいに、何十年も成長を待つ必要はなし。
どんどん伐って、どんどん使える、まことに重宝な植物だったと思われます。
また、モウソウチクやハチクやマダケのタケノコが、春から初夏にかけては、食卓をにぎやかに彩ったことでしょう。

そんなわけで、昔は、農家なら所有地に、必ず植えて繁殖させていた竹。

でも今は、建材にも、日常品にも、あまり使われなくなり、伐られることもないまま、前述したように、どんどん広がって
山やら河川敷やらを覆い尽くそうとしています。



とは言え、
この先、竹の画期的な利用法・・・
例えば、バイオ燃料の材料になるとか、竹繊維をリーズナブルに作る方法が開発されるとか、
なにかのきっかけで、また竹が必要とされる時代が来るかもしれない。
50年前の日本を知っている人達には、現在の竹を取り巻く状況は、想像もつかなかったことだと思うのですが、
50年後の状況だって、今からは想像もつかないものでしょう。きっと。
なので、竹が、重宝される時代が、もしかしたら戻ってくるかもしれない。

その時には、竹の成長力が、再び、おおいに脚光を浴びることになるのでしょう。



そういう時代が来ることを信じて、
私としては、まぁ、今は、悲観的にばかりならず、竹林の手入れに取り組むほかないのですが、
上手に竹の数をコントロールして、毎年タケノコ狩りを楽しみたい・・・
となると、イノシシの問題にもぶつかります。
イノシシは、タケノコが大好物。
タケノコ狩りの出来る竹林を維持していくと、イノシシの餌場を作ってしまう結果にもなりかねないのです。
実際、
私は、↓こういうハチクの竹林を皆伐し、
a0119520_16224436.jpg

翌年の春、漫画の中の青子のように泣くはめになりましたが、
イノシシに対しては、タケノコ畑を作ってやったようなものだったらしく、
その翌年の春からは、
タケノコの出る季節には、イノシシにボコボコとタケノコを掘り返されるようになってしまいました。
・・・いや、
今から思えば、最初の年も、結構イノシシに掘り返されていたのかもしれない。
タケノコの勢いの方が強くて、目立たなかっただけで・・・。

ともあれ、そういう事情もありますので、
イノシシの被害に悩まされている土地では、タケノコのために竹林を維持するというのは、どうかな・・・?
と思うのが、正直なところです。
ですから、漫画の中では、青子にも、竹林は皆伐させました。
漫画にも描いたとおり、
皆伐後の最初の春、出てきた竹を徹底的に伐れば、
光合成が出来なくなるせいか、次の春からの竹の勢いは、随分と弱まります。
3年目にもなれば、かなり楽に、すべてを伐り払ってしまえるはずです。
4年もたつと、ほとんどタケノコは出なくなるでしょう。そうすれば、イノシシの餌場も無くなるわけです。

もちろん、地下茎が残っている限り、
油断して10年も放っておけば、またこういう状態に戻ってしまうのですがー・・・。↓
a0119520_16254934.jpg




ハチクのタケノコ自体は、モウソウチクに比べてアクが少なく、下処理の楽な、扱いやすい食材です。

前述したように、地上に出て伸びた部分を伐って食べます。

採ったその日のうちなら、皮をむいて数分ゆでるだけで食べられます。
1分、2分・・・とゆでながら、時々かじってみてアクの抜けぐあいを確かめると良いでしょう。
翌日以降に下処理する場合は、
ゆで時間を長くするか、お湯に重曹か米ぬか、塩などを入れた方がいいかもしれない。
この場合も、時々かじってアクの抜けぐあいを確かめるのが、一番でしょう。

今の日本の市場は、タケノコ = モウソウチク という感じで、
他のタケノコをスーパーで見かけることは、ほとんどありませんが、
扱いやすいハチクのタケノコなどは、
竹林の皆伐を助けるためにも、もっと市場に出て、食べられても良いのではないか
と思います。
美味しいですし!



<ハチクのタケノコとアサリのペペロンチーノ>
a0119520_16274266.jpg

(私のお借りしている区画では、もうタケノコは出ないので、
まだ皆伐されていない、他の場所でタケノコを採って来て作ったものです)






        このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
[PR]

by t-haruno-2 | 2010-05-25 16:36


<< その23 <お天道様の恵み>      その21 <獣たちと人と 3> >>