山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 24日

その26 <コナラの花 クヌギの花>

a0119520_1950185.jpg


a0119520_19502474.jpg




a0119520_19394180.jpg


a0119520_19505690.jpg






a0119520_19511033.jpg

                                          つづく






ばあちゃんや青子に対してプンスカ怒ったけれども
コナラだって、コナラの花やクヌギの花の香りを知らないのにね。



と言いつつ、私も、コナラやクヌギの花の香りを知りません。
それどころか、
コナラの花、クヌギの花を、実際に見たことも、まだありません。
お借りしている里山は、コナラやクヌギの樹だらけ。
秋になれば、あたり一面、それらの落ち葉が敷き詰められると言うのに。
a0119520_19545389.jpg

a0119520_1955291.jpg

思うに、コナラもクヌギも大木すぎるのです。
↓の写真の真ん中あたりに写っている、紅葉した大きな樹がクヌギですが、
a0119520_19561575.jpg

山中のコナラやクヌギが、こんな感じで高くそびえ立ち、梢も葉も、はるか頭の上。
a0119520_19564565.jpg

花も、葉っぱも、実も、まったく視界に入って来ないまま、芽吹いたり、紅葉したり、ドングリが大きく育ったり・・・
しながら、もう7年が過ぎてしまいました。
7年も山に通っていて、コナラやクヌギの花を見たことが無い!
という事実に、これを書きながらガクゼンとするばかりです。



山の持ち主マスターTさんの奥さんにお聞きしたところ
50年前、まだ薪や炭がおおいに燃料として使われていた時代には、
15年から20年に一度、杣師(そまし)がやって来て、山からコナラやクヌギを伐り出して行ったと言います。
切り株から出た「ひこばえ」が、ある程度大きく育ったら伐る、
育ったら伐る、
を繰り返していたその頃なら
山のコナラやクヌギは、こんなに大木になることも無く、
芽吹きも、開花も、目の高さで見ることが出来たのじゃないかな?
と思うのですが。

なので、ばーちゃんは若い頃、山でコナラやクヌギの花をよく目にしていたのではないかと思います。
ただ、
・・・・・・・・香りは、どうでしょうねぇ・・・・・・・・?
図鑑で見る限り、コナラの花もクヌギの花も、かなり地味。
わざわざ香りをかぎに近寄るかどうか・・・・・・・・。
栗のように、開花時に木の下を通れば匂いに気づくくらい香りを発散させていたら、
近寄って香りをかぐかもしれませんが、
そうじゃなきゃ、多分、花が咲いているのを見ても香りまで気にしません。

でも、私は知りたいなぁ。



コナラもクヌギも、花の季節が終われば、長い花穂が地面にパラパラと落ちているはずなのですが、
今だ、それに気づいたことが無いというのは
私の注意力不足もおおいに関係あるでしょうが、
おそらく、その時期には、地面が雑草にボーボーと覆われてしまっているのでしょう。



と言うわけで、
あれやこれやの条件が重なり、いまだに図鑑でしか知らないコナラの花、クヌギの花。

里山の主役とも言うべき樹に対して、こんなんで良いのかしらと思うのですが
コナラやクヌギが注目されるのは、やっぱり、落ち葉やドングリ。
a0119520_2022583.jpg

クチナシの花は知ってるけど、葉っぱはどんなんだったっけ???みたいなものでもあるのでしょう。
                                                (言い訳~~~~~~~~)

でも、来年の春こそは、実物をアップで見たいコナラの花、クヌギの花。
手ごろな高さの木が、見つかれば良いのですが。






        このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
[PR]

by t-haruno-2 | 2010-09-24 20:17 | Comments(12)
Commented by sakko at 2010-09-25 05:54 x
やっと涼しく、いいえ、寒くなりましたね。
見ていても、ぼんやり見ているのですね。
栗の花もそうです。
もしも、ブログを書いていなかったら、下を通ってにおいをかいでいても、改めて花を見なかったかもしれませんね。
栗の花をUPしたら、皆さん、珍しがられましたもの。
クヌギの花も同じですね。
花の後のあの長い房は見ましたが、花は知りません。
何事も心してみなくてはなりませんね。
来年の春、クヌギの花のUP楽しみにしてます。
どんぐりは見つけると理由も無く拾ってしまいます。
Commented by kids-the-me at 2010-09-25 23:05 x
ちょうど私もドングリの本を借りてきて
クヌギの花って見たことないなーと思ってました。

薪の為に敷地にクヌギの森を作りたくて、
(使えるのは何年先のことかも想像できてませんが)
10月になったらクヌギのドングリを
こども達と一緒に拾いに行こうと思ってます。

クヌギのドングリができるのに約2年かかることも知らず、
こどもの頃からカブトムシやクワガタを捕まえるのに、
山に入ればクヌギを探してたのに知らないことばかりですね。

今まで気にしてなかった栗の花も今年になって初めて見ました。
少しずつ時を重ねて一つ一つ見つけないといけないですね。
学生時代に地球のことで人間が知ってることなんてほんの少し、
自分は死ぬまでに少しでもたくさんのことを自分の目で見たい、
と思って、いろいろなとこを旅していたことを思い出しました。
これから周りにある知らないことを見つめてみようと思います。
Commented by veronica-t at 2010-09-26 00:53
>でも、私は知りたいなぁ。
いい言葉ですね。。
ほんと身近なことでも、普段何気なく過ごしてて知らないことって、たくさんありますよね。
いえ、きっと、知らなかったな〜って、気付くことさえなくて過ごしているんだと思います。
大人になれば尚更、そんなこと気にしなくなったり、気にしてても言葉にできなかったり・・
はるのさんの「でも、私は知りたいなぁ。」は、とても素敵な言葉ですね。。
大人になっても、おばあちゃんになっても、その気持ちを私も大切にしていきたいと思います。
・・あ、その前に、知りたいことに気付かなきゃ!!(笑)
Commented by けい at 2010-09-26 10:18 x
コナラやクヌギの花、そういえば実物は注意して見たことがありません。
ホダ木でお世話になっているし、薪にもおおいに活用させてもらうのにね。
ブナ科の肝心のブナも三株あるのですが、今まで無関心できてしまいました。
花でそうですから匂いはもっと知らない。。。
反省!!
栗の臭いは遠くからでもそれと判るのですけれど。
このブログを拝見して、来春は花と香りに注目度が高くなるのではないかしら??
Commented by t-haruno-2 at 2010-09-26 17:14
>sakkoさん
終わらないかも・・・と思えた夏も、とうとう過ぎ去りましたね。
ドングリが地面いっぱいに落ちる季節も、もうすぐです。
でも、
そのドングリ達がどんな花から出来るのか
これまで、ちっとも気にしていませんでした。
sakkoさんのブログの栗の花。
遠くから「白い房のような花なんだなぁ」とぼんやり思っていた栗の花が
アップで見ると、あんなになっていたなんて
驚きました。
あれを見て、「そういやドングリ達の花って、どんなんだろう?」と疑問がわいたのです。
もしかしたら、毎年、目に入っていたかもしれませんが、
これがコナラの花だ、クヌギの花だと心に留めることがなかったので
全然見ていないのと同じですね。
来年の春は、キョロキョロと頭上を観察したいと思います。
Commented by t-haruno-2 at 2010-09-26 17:26
>kids-the-meさん
ドングリから実生の苗を育てられるのですね。
いいなぁ。クヌギの森。
お子さん達が大人になる頃には、きっと立派な薪炭林が出来上がっていますね。
私も、ハチクの竹林を皆伐した後に、1本だけですが実生のコナラの苗木を植えました。
無謀にも20センチくらいに育ったところで山に定植してしまったのですが
7年間、雑草に埋もれたりしながらも、なんとか生き延びてくれています。
70センチくらいにはなったでしょうか。
これが、そのうちドングリを実らせてくれるかなと、
私も先の長い話ですが、楽しみにしているんですよ。

本当に、人間が知ることなんて、この世界のほんのほんの少し・・・。
その切なさや絶望があるからこそ、何かひとつ知ると、ものすごく世界が輝いて見えるのでしょうね。
Commented by t-haruno-2 at 2010-09-26 17:34
>veronica-t さん
ホントですよねぇ。
知らないってことさえ、知らないことばかり。

自分で野菜を作ったことのある方は、皆、同じ経験をしてらっしゃると思うのですが、
私、家庭菜園をする前は、近所の畑を見ても
ああ、野菜の畑だな
としか思えませんでした。
でも、自分であれこれ育ててみると、「あ、あそこにあるのはオクラの畑だ」とか「サツマイモ畑だ」とか
かなり遠くからでも、見分けがつくようになるんですよね。
一度育てたことのある作物は識別できるようになるもんだ
とわかった時、しみじみ
「知る」ってすごいなぁ
と思いました。

知りたいなぁ
という気持ち、私も、おばーちゃんになっても持ち続けたいですね。
Commented by t-haruno-2 at 2010-09-26 17:41
>けいさん
そうそう、そうなんですよー。
伐り倒したり、玉切りしたり、エッサホッサとほだ木を運んだり、
落ち葉を集めて堆肥にしたり・・・
と、あれだけ身近に接していながら、「え?花?匂い?」ですもの。
花の季節に山に入っても、全然気がつかないところからして
ほとんど香りは無いのだと思いますが、
でも、花の姿くらいは、アップでしっかり見てみたいと思います。
けいさんの山には、ブナもあるのですか。
我が山には無いのですよー。
いいなぁ。ブナ。
どんな花が咲くのでしょうね?
Commented by mikeblog at 2010-09-27 11:58
クヌギの花やどんぐりの花は見たことがありますが、どんな匂いがするのかは全然思ってもみませんでした。栗の花のようにズラズラぶら下がっていたような・・・下にも落ちているでしょうが気に止めませんでした。見るだけで興味を持たないと植物学者にはなれないんですね、きっと。
そうそう話は違いますがひとつだけ判ったこと。それはセメダインの味です。小学生の時に授業でグライダーを作ったのですが、誰かが舐めてしまって辛かったというので、みんなが味を確かめました。辛い!今もセメダインは辛いのでしょうか。舐めてはいけないものなのかも?何でも興味があるか無いかなのでしょうね。
Commented by いちしんふたば at 2010-09-28 01:20 x
はじめまして。うちのそばには花のなるコナラがあります。あの花はちぎれそうで、あまりいじっちゃいけないような気がして近づかなかったかもしれません。山で花の匂いをかぐこと、嗅覚をもっと使ったら楽しそうだなあと思いました。普通、匂いは虫を誘うんですよね。花の匂いに人も誘われるのは不思議ですね。
Commented by t-haruno-2 at 2010-09-28 15:02
>mikeblogさん
あはははははーーー。もう。
担任の先生が知ったら、目を回しそうなことを、皆でやったのですね?
そうか、辛いのかー。
そういえば、前にTVで見たのですが、リカちゃんだかバービーちゃんだかの着せ替え人形の靴、あれは、赤ちゃんが口にしても飲み込まないように、ものすっごく変な味(人体には無害)を、わざと付けてあるんだそうです。
もしかしたら、セメダインも、赤ちゃんが舐めても飲み込まないように、かっらーーーく味付けしてあるのかもしれませんね?
でも、小学生は辛くても
「え?辛い?どれどれ」と確かめちゃうのですねぇ。
あははは。可笑しいです。
でも、これこそが何かを生む好奇心なのでしょうね!
Commented by t-haruno-2 at 2010-09-28 15:10
>いちしんふたばさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。

コナラの花、しっかり見てらっしゃるのですよねぇ。
私も、来年の春は、キョロキョロと頭上を、よく見ないと。
皆さんのコメントからすると、コナラやクヌギは、栗やシイの花のように、強い匂いを発散しているのではなさそうですね。
虫も、あまり寄って来ないのでしょうか。
花の季節、虫の好む木の下を通ると、ワンワンと蜂の羽音がしますものね。
来春、コナラの花に花を近づけて
「あら、匂わへんわ」と、ちょっとスカをくらう自分がいるような気がしています。


<< その27 <また、来年。>      その25 <イヌビユとヤブカンゾウ> >>