2010年 10月 29日

その27 <また、来年。>

a0119520_15431553.jpg


a0119520_15433413.jpg




a0119520_15434897.jpg




a0119520_1544037.jpg


a0119520_15442383.jpg




a0119520_15444090.jpg







a0119520_15445665.jpg


a0119520_15451290.jpg




a0119520_1545321.jpg

                                          つづく






今年の我が里山は、柿がさっぱり採れませんでした。
8月の終わりまでは、どの柿の木も、青々とした実をビッシリと枝にならせ、重たそうなほどだっだのですが、
a0119520_1525697.jpg

10月の初めには鳥につつかれ、残ったのはヘタのみ。すべての木で。
これまでも、鳥とは柿を奪い合ってきましたが、何個かは我々の口に入ったものです。
それが、今年は全部持って行かれてしまい、
こんなことは初めてで、
まぁ、里山の柿は我々が植えたものではなく、マスターTさんやマスターTさんの御両親が植えられたものだし、
どうしても食べたければ人間には「買う」という手だってあるのだし、
怒らなくてもいいのでしょうけど、
さすがにガッカリしました。
山のものの旬は、年に一度。
収穫できるのは、ほんの数週間のことですから。

でもまぁ仕方が無い。また来年。
来年こそは!



普段の生活の中で1年先のことを考えると、あまりにも遠く長く、しんどくなることが多いですが、
こと自然の実りに関しては、遠くても長くてもワクワクしてしまいます。
栗の季節が終わった瞬間、
「来年は、採れたら何を作ろうか。きんとんにしようか。今年ちょっと失敗した渋皮煮を、もう一度作ってみようか」
と考えるだけで、1年先にポッと希望の灯がともるような気がします。

もちろん、家庭菜園でも同じ。
上手く出来た作物なら
「来年、もっと工夫すれば、もっとたくさん収穫できるかも」
と、1年先の豊作に胸が高鳴りますし、
大失敗作を前にすればしたで、
「来年は、別の新しい作物を作ってみよう。何がいいかしら」
とさっさと気持ちを切り替えて、野菜作りの指南書を眺め、ワクワクしている。

遠い先の実りを考えた時、感じるのは楽しさだけです。本当に不思議なものです。
プロの農家じゃないから、気楽に楽しんでいられるのでしょうけれど。



ところで我が家のベランダ菜園では、
今、秋田の親戚からもらった唐辛子・鬼あきた(仮称)が大変なことになっています。
品種もわからず、勝手に「鬼あきた」と仮の名前をつけて育て出した、この唐辛子。
7月に10個くらい実をつけて、赤くなり、
その後、
それらを収穫しちゃったら、パタッと実がつかなくなってしまった。
小さなプランターにもかかわらず、どんどんどんどん枝を伸ばして、怖いくらいに成長し
花も数え切れないくらいつけるのだけれども、
結実しないでパラパラと花は落ちるばかり・・・。

プランターが小さいから栄養が足りないのかしら・・・
と、こまめに追肥しても、自体は好転せず。
それでもどんどんどんどん枝は伸び続けるので、
思い切って3分の1くらいに「切り戻し」をしたのが9月の終わりのこと。
a0119520_1536279.jpg

高温の秋とは言え、もう日も短くなって来てるし、切り戻しは遅すぎるやろ~~~
と、手は打ってみたものの、あきらめムードで見守っていた我が家。
なのですが・・・・・・・・
それが。


切り戻しから、グイグイとまた枝葉を伸ばした鬼あきた(仮称)。
a0119520_15375366.jpg

そして、ものすごい勢いで結実しています。今回は。
a0119520_1535466.jpg

a0119520_1535231.jpg

どの実もちょっと細いですが、長さは充分。
a0119520_15382441.jpg

いったい何が良かったのか。
大胆な切り戻しが、鬼あきたに活を入れたのか。
もう秋なので、ベランダに来る虫も少ないだろうと、こまめに綿棒で受粉させたのが効いたのか。
「結局は、これくらいの気温(最低気温15℃、最高気温25℃)が、一番好きだったんと違うかのー。
秋田育ちなんやし」
という夫の言葉のとおりなのか。
(つまり、今年の盛夏が暑すぎた?)

ともあれ、サッパリわけはわかりませんが、このまますべての実が赤く熟せば
「栽培大成功!」
と言っても良いだろう鬼あきた。
・・・その赤く熟すまでが、最後の難関なのですけれどね。もう11月になるし。
明日、台風が来るかもしれないし・・・。

それでも、最後にこれほど実をつけてくれたなら
「来年、もっと上手に育ててみよう!!!」
と希望もわくというものです。
正直、次は、もうごく普通の鷹の爪を育てようって思っていたところですから。

というわけで、まだ今年の収穫も終わっていないというのに、来年の栽培を考えてワクワクし始めている。

実りというのは、不思議な力を与えてくれるものだなぁ
とつくづく思う毎日です。






        このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
[PR]

by t-haruno-2 | 2010-10-29 15:59 | Comments(20)
Commented by nature21-plus at 2010-10-29 21:23
はるのさん こんばんは。
直球。ストレート。ど真ん中。。言葉がありません。

この十数年…。
「どうしたら良いのだろう」
「もう、どうだって良いや…うんざりだ。。」
「一切合切投げ出して、明日は、東京に帰ろう…」
しかし…
「子どもらどうなるんだろう」
「しまね自然の学校で関わった大勢の島根の子どもたち。そして、ともに動いてくれた若い連中…」
「本当に、手を尽くして、出きることは全部したろうか…」

毎日毎日、こればかりでした。

続きます。
Commented by nature21-plus at 2010-10-29 21:24
しかし、そうしてもだえてきたからでしょうか。数年前に中山間Cなどとの関係が生まれ、有田君やveronicaさんたちと思いつく限りのなんでもありをさせてもらうことが出来ました。

焚き火小屋も「田園に豊かに暮らす」というコンセプトもその先に生まれたものです。つまり、田園環境や里山との当たり前の関係を大切に田舎に暮らすに都市をターゲットにして「どうしたら収益があげられるか」と考えることを考え直すべきなのかなと…。するべきことは、農山村風景の現状理解と維持復旧と、そこに次世代が心豊かに生きるにはどうしたら良いのかを考えることではないのかと…。

具体的には、「積極的な理解を促せるようなポジションや環境からの啓蒙活動」と、田舎に生きようと懸命な若い世代の現実的な支援のためのネットワークや新しいライフスタイルのための情報環境を作るべきなのかなと…。

続きます。
Commented by nature21-plus at 2010-10-29 21:24
そして、これらのすべてに「目に見えるかたち」が大切なのだろうと思います。

焚き火小屋、石積み、鉄のパン焼き窯、様々な竹細工、ツイッグファニチャーの類。そして、veronicaさんたちの言うなれば「ベロニカスタイルの提言」などなど。

すこしづつですが、理解してくれる人たちが増えてきました。昨日も、滋賀県から、veronicaさんのワークショップにお客さまがありました。お話を伺えば、わざわざ焚き火小屋を見るために…。そして、veronicaさんのワークショップを体験するためにお出かけいただいたそうです。

とりわけ、彼女たちのワークショップは都市に暮らし、幼い子どもの育ちに懸命な若いお母さんたちの大きな共感を呼びはじめているようです。嬉しいことです。

続きます。
Commented by nature21-plus at 2010-10-29 21:25
じつは、その先のステップアップを考えて今夜は「山の子」さんにお邪魔しました。つまり、鍵コメントではるのさんにお願いごとをしようかなと…。

しかし、今日のはるのさんの記事を拝見して、鍵コメントやめにしました。

お願いです。清子さんに焚き火小屋にお出かけいただきたいのです。

いまだ詳細は詰めていませんが、「焚き火小屋で豊かな田舎の暮らしを考える」などといった小さなフォーラムを開催しようと思っています。女性を中心に、veronicaさんたちに用意していただいた昼食の後、二十人程度の小さな会議が出来たらと考えています。

続きます。
Commented by nature21-plus at 2010-10-29 21:25
つまり、今日のはるのさんの記事中の清子さんの思い。。これを、veronicaさんたちを中心に皆で共有できたらと考えているのです。これは、かつて自分がそうであったように、清子さんが一人森の中でもんもんとするレベルの課題ではないだろうと思えるのです。ささやかなフォーラムの結果にどれほどのものが生まれるかは定かではありません。しかし、田舎暮らしや新しい時代に農業を指向する若い人たちが、その思いを共有することが出来れば、少なくとも同じことを皆が考えていると実感することが出来れば、それだけで十分な意味があるのではないかと考えます。

これに清子さんにゲストとしてご参加いただけたらと願っています。ご参加いただいて、今日のこの記事や、ふだんお考えになっていることをお聞かせいただけたらと考えます。

続きます。
Commented by nature21-plus at 2010-10-29 21:26
しかし、大変失礼なのですが、交通費以外に謝金などを用意することは出来ません。ご宿泊も「倶楽部はうす」にお願いすることになるかと思います。

また、期日などは、はるのさんに連絡をとってからと考えていましたので、まだ決めておりません。出来れば、年度内に開催出来れば良いのですが、焚き火小屋のベストを考えるとできるだけ早い方が嬉しいのですが…。

いかがでしょうか。無礼で無理なお願いで大変申し訳なく思いますが、ご理解いただいてご参加いただけたら嬉しいのですが…。

Commented by kids-the-me at 2010-10-30 00:24 x
はるのさん こんばんわ。
ヤマブドウ。とってもきれいで、しばらく見とれてました。
昔は違ったのですが、大人になって秋が一番好きになり、
そのひとつに植物が見せてくれる命のドラマがあります。

そして季節が変わるたびに来年のことを考える私がいて、
確かにその自然の実りを楽しみにしている自分が不思議です。
春になったら日本みつばちが来てくれるかなとか
ずっと伐ってる真竹の林の竹の子は来年どうかなとか
来年はくりをどうやって食べようかなとか、先のことばかり。
とっても心の勉強になりました。ありがとうございます。
Commented by t-haruno-2 at 2010-10-30 16:29
>nature21-plusさん
コメントを鍵コメにせず、オープンに書いてくださったことに感謝しています。
だって、みんな悩んで苦しんでいると思いますから。
地域をどうしていけばいいのか。どうすれば心豊かに暮らせるのか。
でも、しんどい。
nature21-plusさんは、みんなを引っ張っていく立場だから、そのしんどさは相当なものだったでしょう。
輪が広がっていくまでの時間って・・・長いですよね。長くかかりますよね。

お誘いは、ものすごく嬉しいです。ありがとうございます。
何かお役に立てるのであれば、喜んでお伺いしたいと思います。

続きます
Commented by t-haruno-2 at 2010-10-30 16:34
>nature21-plusさん
青子には、これから協力者と何かを始めさせようと考えていました。
「何か」が何かは、まだ具体的ではないのですが、描き続けているうちに見えてくるかな?と思っていたのです。
そんな中、色んな人の話をうかがえる機会に誘っていただけて
助けの手を差し伸べていただいた気持ちです。

詳しいことは、これからですね。
青子の代理人としてうかがいますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。
Commented by t-haruno-2 at 2010-10-30 16:41
>kids-the-meさん
子供の頃は、私も秋や冬はちょっと・・・って感じでした。
やっぱり長~~~い夏休みと輝く太陽の夏が一番!
夏が終わっちゃう秋は、寂しいだけでした。
でも、
里山を知ると、秋って良いですよねぇ。冬に向かう里山には、確かにドラマがありますよね。
枯れてゆくだけなのに、なんであんなに美しく紅葉するのでしょう。植物は。

kids-the-meさんの来春は、楽しみですよねぇ。
おうちも出来上がるのでしょう?
住めば、もっと山菜を楽しめるし、ミツバチ!これは、なんとか巣箱を気に入ってもらいたいものですよね。
そちらの里山の蜜は、どんな味、どんな香りになるのでしょうか。
ワクワクしますね。
Commented at 2010-10-31 01:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakko at 2010-10-31 07:36 x
また来年・・・・これがあるから続けられるのですね。
オニアキタ頑張りましたね。
赤くなるまで霜が降りないように祈っています。
我が家のピーマン、伏見とうがらしがいま
harunoさんのオニアキタと同じに実をつけています。
これは真夏に元気がなくなったとき上に寒冷紗をかけたのが
良かったのかと思います。
我が家の白菜は見るも無残なすがたですが、
来年は綺麗な白菜を作ろうと
「来年」に気体をかけています。
清子さんも来年はやまぶどうで美味しいケーキを
作れるでしょうね。
今後の清子さんの頑張りに期待しています。
また来年、また来年、それを繰り返しています。
Commented by けい@野迫川 at 2010-10-31 11:38 x
開拓を始めてからもうすぐ14年、二人でずっと這いずり回って頑張って
きたけれど、先が見えないもどかしさに何度投げ出したくなったかわかりません。
でも、此処がどんなことにも負けない強さを培ってくれたのだと思います。
開拓の中で連れ合いとの関係はいつの間にか同志になっていました。
考え悩み、そこから知恵を生み出し、一歩一歩前進です。

山ブドウ、我が家の数株はなかなか思うようには結実しないのですが、
それでも年々実の生りを見ることができるようになってきました。
いつかはパンにも使えるかな。
Commented by t-haruno-2 at 2010-10-31 17:06
>鍵コメさん
いえいえいえ。とんでもない。
私はうかがうだけなのだから、気楽なものです。
企画を練られて準備をされる皆さんの大変さを思えば
ちっとも無礼でも、無理難題でもありません。
ホントにお役に立てるのかしら・・・?
と不安に感じつつ、とにかくお世話になります。よろしくお願いいたします。
Commented by t-haruno-2 at 2010-10-31 17:14
>sakkoさん
あ~~~。ピーマンも伏見唐辛子も、今、元気なのですか。
やっぱり盛夏が暑すぎたのでしょうかね。
いくら夏の野菜とはいえ、連日35℃ではねぇ・・・。
しかも、直射日光の下だもの、40℃くらいはあったでしょうね。
今くらいの気温が、ちょうど合っているのかな。
それにしても、トマトに比べてピーマン、唐辛子のたぐいは、株が長持ちするものですね。
今は、鬼あきたに、「早く赤くなってくれろ~~~」と願うばかりです。

また来年。
植物相手だと、こんな風にサッと気持ちを切り替えられて
立ち直れるのが良いですよね。
他の問題だと、なかなかこうは・・・。
菜園や、山仕事をやっていて良かった
と思うのは、こういう時です。
Commented by t-haruno-2 at 2010-10-31 17:24
>けいさん
14年。長い年月ですよねぇ。
うちの里山の手入れが、今、8年目ですから・・・ホント、けいさんとkiiさんの努力は・・・。
今はログハウスも、どんどん形になってきてて
達成感も大きいでしょうけど、
最初は杉林の伐採からでしたよね。確か。
本当に、先が見えなかったでしょうね・・・。
継続は力なりと言いますが、実感なさっていることでしょうね。
同志というのは、わかりますね~~~~~~~~。
山の手入れというのは「なんでそんなことやってんの?」という反応の人が多いですから、なおさらです。

それにしても、山ブドウが採れるとはウラヤマシイ!
漫画にはあるように描きましたが、現実の我が里山では、今だ発見できないヤマブドウ。
エビヅルかサンカクヅルでも良いから、見つけたいのですが、そう上手くはいかないようです。
これから紅葉の季節になると、もっと探しやすいかな。
美味しいブドウのジャムを作ってみたいものです。
Commented by いちしんふたば at 2010-10-31 19:16 x
こんばんわ、山の子が更新されるのを楽しみにしていました。
同僚のひとりが、産業祭で掘った山芋を売ろう、まむしで人寄せをして、シュンランやしいたけのほだ木も並べて大もうけしてチェンソーを買おう、なんて熱く語るので、冷やかし半分、付き合い半分で仲間が話に乗りかけていましたが、だめでした。掘った山芋はみんな自分たちの胃袋の中、まむしは死なせちゃったし、シュンランも気前良く人にあげちゃったとか。でもなんだかほっとしています。
自然の恵みをお金に変えようとしたとたん、なんだかつまらなくなってしまいます。それでは生計は成り立たないかもしれません。
論点もずれているかもしれません。
買う側としては「自然」を売り文句にしている農産物でも、値段にはシビアですし、商品を手にしたときの幸せ感が相当でないと、お金を出す気にならない厳しい消費者が増えていると思います。
私は林ばあちゃんのようなひとが食堂やっていたら絶対行きますよ。
Commented by mikeblog at 2010-11-01 12:13
こんにちは。農業の未来・・・。今私は借りた畑で好きなものを作ってあーだこーだと言っているだけですが、これが収入に繋がっているものだとすると、危機感があります。田舎の実家はちゃんと真面目に農業に取り組んで同級生も弟も頑張っていますが、夏に聞くと、収穫の時ばかり出てきてその前の手入れとか草取りとかは出ないヤカラが増えて、いくら共同でやっていると言ってもあまり真面目にやると、これでは我が身が持たないとー。自分ちの畑や田圃の仕事もあるし、と怒っていたのです。秋に行ったらどうなっているでしょうか。難しいところです。私がもし田舎に居たら・・・「みんなでやりましょう!」と言っているかも。もう歳であちこち痛いけどー。

山葡萄、味が濃いからケーキになりそうですね。そうですね、ナツハゼという山のブルーベリーみたいな実をご存知でしょうか。これでジャムを作ったりワインにしたりして、私はもらうほうなのですが、ジャムなんか口が紫色に染まってしまうのです。秋はキノコ採りに行って、ナツハゼの実(コンマラという地方名です)もいっしょに採ってきたものです。なっつかしー。頑張っているご褒美だったのかな。
Commented by t-haruno-2 at 2010-11-01 14:59
>いちしんふたばさん
読んでくださってありがとうございます。
ああ。
チェーンソーを買おう!ね。わかります。ヨイショがいるお値段ですもん。
でも、同僚さん、とっても良い意味での「お人よしさん」だったのですね。
干しゼンマイのように、昔から山の人が天然物を採って加工して収入にしていたものなら
先人に習うという感じで、抵抗無く売ることが出来そうですが
ヤマイモとかシュンランなどは、自分が楽しむ分だけ・・・
って意識が働きますよね。やっぱり。
商売にしようとすると、なにか寂しくなるというか、後ろめたくなるというか・・・。
天然のものは、はやり「恵み」だからでしょうか。
本当に、そういう天然ものの価値をわかってくれて、
例えば、山の手入れをすれば山菜が良く採れるようになるのなら、
その山菜を買って、地元の人の収入源にして、地元の人が山の手入れを続けられるよう応援したいとか、
そんな理解のある消費者がいたら、安心して売りたいところですが。
甘いかな・・・。
そんな「山」と「都会」の関係が築けたら、理想なのですけれど・・・。
Commented by t-haruno-2 at 2010-11-01 15:17
>mikeblogさん
こんにちは。
弟さんのところも、そうなんですか。
真面目にやってる人が空しくなるような、今の農業・・・。
この国から農家と農地が全く無くなったら・・・と想像すると、背中が寒くなる思いです。
外国から農作物を買えばいいじゃん
という人もたくさんいることでしょうが、農業技術を受け継いだ人や農地が無くなった国って・・・
ものすごく危ういですもんね。
今騒いでいる貿易自由化にOKを出して、家電や車メーカーにバンバン外貨を稼いでいただき
その黒字で、第一次産業にドドーーーンと補助金を出して守る・・・
で良いんじゃないの???と思うのですが
世の中って、そんな簡単じゃないのでしょうね・・・。とほほ。
それにしても、収穫の時だけ出て来る農家・・・。とほほほ。

ところで、ナツハゼ。
図鑑で見たことがあるのですが、う~~~む聞いていると、ジャムにするととっても美味しそうな実ですね!
図鑑には「真っ赤に紅葉した姿は実に美しい」って書いてあります。
ううむ。これからの季節、探しやすそうな。
背の低い木ですよね。
よし、頑張って探してみます!


<< その28 <収穫祭>      その26 <コナラの花 クヌギの花> >>