2010年 12月 30日

その29 <シイタケへの道 1>

a0119520_20184786.jpg


a0119520_20194337.jpg




a0119520_2020346.jpg


a0119520_20201850.jpg




a0119520_20203532.jpg




a0119520_20205283.jpg


a0119520_202195.jpg






a0119520_20212467.jpg




a0119520_20213935.jpg






a0119520_20215884.jpg


a0119520_2022114.jpg

                             つづく



里山にあるのは原生林ではありません。
木々は天然のものではなく、人間が利用するためにかつて植え、管理を続けてきたもの。
そのあたりのことは、
<その15 宝の山>にも描きました。
そして、植えた落葉広葉樹の管理については、<その17 もやかき>に詳しく描いてあります。
人が管理をしなくなり山を自然に任せたままにしますと、
この漫画の舞台である西日本では、常緑樹がどうしても勢いを増して落葉広葉樹を押しのけてしまいます。
二酸化炭素の吸収ということを考えればそれでも良いような気はするのですが、水産資源のことを考えると
やはり落葉樹の里山は必要。
このことは<その16 海からの贈り物>に描いてありますので
まだお読みになっていない方は、どうぞそちらをご覧ください。



と言うわけで、青子は落葉広葉樹林の管理をかねてシイタケの原木栽培を始めることになりました。

本年のお話は、ここまでです。

本年も<山の子>を読んでくださった方、
コメントをいただいた皆さん、本当にありがとうございました。どんなに励まされたかわかりません。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2011年が、充実した楽しい年となりますように。

どうぞ良いお正月を。






        このブログ上の漫画、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
        無断での転載、転用はご遠慮願います。
        リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2010-12-30 20:30 | Comments(14)
Commented by veronica-t at 2010-12-30 23:50
木が倒れるときに、青子さんが感じた「命を奪われるものがたてる音」を、私も聞いたことがあります。
何ともいえないあの音と地響きに、ただ言葉を失って呆然として、しばらく動けなかったほどです。
そのとき、木を倒すにはいろいろな知識と経験が必要だと、改めて知りました。
青子さんは、身近にこんな方がいらっしゃって良いですね。
シイタケの原木栽培の様子も、楽しみです。

今年も、はるのさんの「山の子」で、いろいろなことを教わりました。
言葉や文字の説明と違って、はるのさんの漫画と後書きは、素人の私にも興味を持つことができました。
ありがとうございます。
来年も、楽しみにしています。。
Commented by t-haruno-2 at 2010-12-31 15:44
>veronica-t さん
以前、子供達の体験プログラムで木を倒したとおっしゃってましたよね。
子供達も、きっとあの音には圧倒されたことでしょうね。
人間も、他の生き物達も、お互いの命を奪い合って生きているということ、
自分で魚を釣ってさばいて食べる、という体験でもしないと、なかなか実感としてつかみにくいのですが
大木を倒すと、すごくリアルにこれがわかる気がします。
家もお箸も、こういう木から出来ているんですもんね。

「山の子」にあたたかいコメントを、ありがとうございました。とても励まされました。
来年は、お会いできそうですね。
その際は、どうぞよろしくお願いいたします。楽しみにしています。
Commented by kids-the-me at 2010-12-31 18:50 x
最近、青子さんと同じく『シイタケへの道』を目指して、
雑木伐採をしてるので、青子さんの気持ちがとてもわかります。
何年、何十年とかけて大きくなった命を伐り倒す時に
なぜだかその木に話しかけてしまう私がいたりします。

ただ伐ることが命を奪うということではなくて、
そこからひこばえが生えてまた再会できたり、
光が入ることで他の新しい植物の命と出会えたり、
そういったことも『山の子』で学ばせてもらったので、
里山での生活を楽しく頑張れるのかもしれません。

本当はクヌギの木を伐ってしいたけ作りたいのですが
この冬はまずは常緑樹と思って伐採に励んでいます。
ただ、かかり木にさせないようにとか、斜面での伐採とか
勉強しながらなので、安全に気をつけて少しずつです。

それでは良いお年をお迎えください。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-02 10:08
>kids-the-meさん
新年あけましておめでとうございます。
昨年は、「山の子」を通じてkids-the-meさんとお話できるようになり
とても嬉しかったです。
コメントをありがとうございました。

一寸の虫にも五分の魂
命の重さに大小は無い
とは思うものの、やっぱり小さな木を伐る時より、大きな樹を伐る時のほうが
かなり神妙な気持ちになってしまいます。
そうそう、心の中で、私も樹に話しかけたりしてしまいます。
でも、使ってこその里山ですものね。
ブログの写真を通して、kids-the-meさんの森が、風通し良くなっていく様子がよくわかります。
お子さん達が森を走り回る日も近いですね。
ホント、安全第一で、ご家族の森を作って行ってください。
新しい生活も始まる2011年ですね。
素敵な一年を!
Commented by sakko at 2011-01-02 23:54 x
明けましておめでとうございます。
暮れに読ませていただきましたが、コメント無しで帰りました。
今日はゆっくり、清子ちゃんの始めての経験を見せていただきました
木を伐るって、難しいのですね。
以前「かかり木」という言葉をここで知りましたが、
受け口と追い口、こうして倒すのですね。
お正月に宮さんで「とんど」をするのですが
当番の時その木を用意します。
立ち枯れた木を切るのですが、それでも難しく
ちょっと経験のある人がいて、皆で指導通りに伐りましたが
(私は離れて見ていたのですが)
倒れる時怖かったです。
それが生木で枝がいっぱい
大木ですし、もっと怖かったでしょうね。

山の木のこと、何も知らなかった私です。
陽が差し込む、それが大切なのですね

いよいよ
清子さんのシイタケ栽培ですね

今年も清子さんの活躍を楽しみにしています

今年もよろしくお願いします


Commented by t-haruno-2 at 2011-01-03 16:21
>sakkoさん
あけましておめでとうございます。
昨年も、「山の子」を読んでくださり、コメントをいただいたこと、本当にありがとうございます。
いつもどんなに励まされていることか。
本年も、ゆっくりペースですが続けていこうと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

木を伐るって、人の倍くらいの高さになると、もう怖いですよね。
お宮さんの境内の木なら、倍どころじゃないでしょうし
倒れる時、相当な音がしたでしょうね。
大きな動物を狩るのに匹敵するくらい、怖くて、経験の必要なことだと思います。木を伐るのって。
我が家は、せいぜい年に1本か2本くらい。
それも、直径が15センチに満たない木しか伐れません。それ以上になると、経験豊富な方に手伝ってもらわないと・・・。
青子が一人で木を伐れるようになるには、何年もかかることでしょう。
でも、まずは初めの一歩。
「シイタケへの道」も、まず一歩です。
Commented by mikeblog at 2011-01-05 17:06
一応「山育ち」で山の子出身であるはずの私ですが知らないことばかりでいつも教わっています。大きい木はプロの方しか切れないというのは危ないからなんですね。シイタケのホダ木になるまでにもまだまだ時間がかかることでしょう。続きを楽しみに待っています。今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-05 20:27
>mikeblogさん
私も、里山を走り回って遊びまわっていた小猿なんですが、
子供の間は、山の仕事って遠いものですよね。
農業なら、手伝いも頼まれるでしょうけど、山の仕事は、子供には危ないことが多いですものね。
木を解体して、ほだ木にし、植菌・・・
と作業はまだまだ長く続きます。
一度、きちんと描いておかねば、と描いてみようと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by いちしんふたば at 2011-01-06 20:48 x
あけましておめでとうございます。
さすがですね、伐木の講義がさりげなく漫画のなかで語られている。
この人はマスターTさんがモデルでしょうか?
いまはまだ、昔から山仕事をしてこられた方と接する機会があります。
そういうひととのつながりをこれからも大切にしたいとおもいます。

去年私が教わった77歳の現役の方は、
倒す木の事を「つきはこの野郎か、」と
野郎呼ばわりしていました。
親しみもあり、立ち向かう敵でもあるといった
木への呼びかけがとても印象的でした。

また一年、どんな雑木林が出来てくるのか
楽しみに読ませていただきます。
今年もよろしくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-07 21:11
>いちしんふたばさん
あけましておめでとうございます。

本当です。今は、まだ年配でも現役で山の仕事を続けておられる方が
いらっしゃいますものね。
今、色んなことを教えていただかないと、山の仕事を出来る人がいなくなってしまう・・・。
大変なことですよね。
いちしんふたばさんは、もっともっと難しい、ややこしい立ち方の木の伐り方を学んでこられたでしょう。
ものすごく大切な体験ですよね。
それにしても
「この野郎」ですか?あははははー。
年季を感じる、その呼び方。
良いですよねぇ。

いちしんふたばさんの山も、これからどんどん変わって行くのでしょうね。
楽しみです。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2011-01-10 22:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-11 19:39
>鍵コメさま
こんばんは。
こちらこそ、忙しいのにお手数をおかけしてしまって。
メールをお送りしました。
よろしくお願いします。
Commented by honeyfire at 2011-01-12 22:33
はじめまして。

じいのところからやってきました。
この漫画、思わず引き込まれて読んでしまいました。
本の字をたどってるだけでは分かり難いことでも
こういう風に漫画で状況を描写してくださると
なるほどと興味深く、色々学ばせていただきました。
つづきも楽しみにしていますが、過去の分もさかのぼって
読ませていただきますね。

どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-13 19:54
>honeyfireさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます!
こうして言葉をかけていただく方に、どんなに励まされているかわかりません。

楽しく読んでいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


<< その30 <シイタケへの道 2>      その28 <収穫祭> >>