山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 28日

その30 <シイタケへの道 2>

a0119520_1638375.jpg


a0119520_16382291.jpg


a0119520_16384270.jpg




a0119520_16392021.jpg




a0119520_16393556.jpg




a0119520_1639505.jpg




a0119520_1640382.jpg




a0119520_16401573.jpg






a0119520_16402938.jpg




a0119520_164045100.jpg




a0119520_16405961.jpg

                                       つづく





漫画の中で、明雄はコナラを1メートルくらいの玉に切っていますが
これは、
青子がこれを、シイタケのほだ木にしたり割って薪にしたり、ということを想定しているので短めに切っています。
プロの林業の世界だと
杉やヒノキを2メートル~4メートルくらいに玉切りするそうです。
2~4メートルといったら相当な長さですし、
建材にするような太い杉なら、その長さならかなりの重さにもなるでしょう。
ですから
明雄は「杉やヒノキの造材はややこしくない」と言いましたが
杉やヒノキを扱うのもややこしいです。
妙なバランスで地面に倒れているという点では、広葉樹と同じですし、造材はやはり危険な作業です。
ただ、
幹がまっすぐに伸びているため、造材の技に慣れていくのは、広葉樹より早いことでしょう。





これは、以前、大型台風で倒れた、我が里山の私達の区画の大クヌギです。高さ約30メートル。
a0119520_16484963.jpg

線で囲んだのが人間で、そこから樹の巨大さと、複雑に伸びた幹や枝の様子がわかっていただけると思うのですが
この倒木を前にして、私と夫に出来ることはありませんでした。
「えらいこっちゃ~~~~~」
とつぶやくこと以外に。

マスターTさんや、樹の解体に慣れた里山オーナーの仲間が、この片付けを助けてくれましたが
この時のマスターTさんの技は、さすがにすごかった。
ほとんど位置取りに迷うこと無く、大クヌギの周囲をあっちに行ったりこっちに移動したりしつつ
スパスパとチェーンソーを入れていかれました。
結局、2時間ほどで、大クヌギは原型を無くす。
a0119520_16491417.jpg

この時の大量のクヌギ材から、私はシイタケ栽培を始めることになるのですが
この台風→倒木が無ければ、栽培を始めるのは、もっと何年も後になっていたことでしょう。
何十メートルもある樹を伐って、シイタケ栽培をするというのは、
かなり決心のいることですから。

でも、一度始めてみるとキノコの原木栽培というのは本当に面白く
また、
栽培のために樹を伐ると、そこから山の中に光が差し込み、新しい木が芽吹いたり若い木が成長したり
という様子が見られるのも、嬉しくやりがいを感じます。
a0119520_16493714.jpg






青子には、これから、この膨大なコナラ材の片付けという作業が待っていますが
シイタケの植菌は、この漫画の舞台だと「ソメイヨシノが咲くまで」。
急げ。急げ。





     このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
     無断での転載、転用はご遠慮願います。
     リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-01-28 16:52 | Comments(13)
Commented by いちしんふたば at 2011-01-28 17:35 x
こんばんわ、でましたね、山の子。

今回の明雄さんはかっこいいな、
「ちゃうちゃう」という大阪弁久しぶりに聴き(読み)まして
好感℃が上がり、
目つきもすがすがしいし・・・と思っていたら
栗の苗があちゃーです。
やはりこういう人なんですね。
というか、男ってそんなもんかもしれません。

写真のクヌギは巨大で、
ものすごい枝の張りようです。
確かに台風がなければこれを倒すのだけでも
大変で危険だったろうなと思います。

広葉樹林施業のテキストとして、
今後も参考にさせていただきますので、
がんばってください。
Commented by kids-the-me at 2011-01-29 01:03 x
こんばんわ。

明雄さんの怒鳴る気持ちよくわかります。
木を伐る時ってとっても怖いですよね。
本当にビビりながら私は伐っています。
こども達の秘密基地周辺を伐ってるのですが
何度も良いというまでは絶対に近づかないように
言ってから必ず作業するようにしています。
自分の身も周りの人たちの身も守る為には
ダメなものは絶対にダメとしからないといけません。

けど青子さんも一人じゃないから良かったです。
一人って本当に寂しいし怖いですもんね。
私も家族がいるから頑張れるし楽しめます。

里山の家の周辺にいくつか木を植えたのですが
いよいよ家が完成したらクヌギの森を作ろうと思います。
クヌギの苗を50~100本準備しようと思います。
使えるのは10年、20年先なんですけどね。
そういえば私もしいたけの準備しないといけなかった。
Commented by sakko at 2011-01-29 06:13 x
木を伐るって大変に難しいのですね。
我が家の果樹園の柿や桃は高くても3mはありません。
30mの木って大きいですね。
それに知らない言葉が・・・玉切り、ほだ木・・・
切り倒した大きな木の枝を落とすのも難しいのですね
清子ちゃんに怪我がなくてよかったです。
今回の明雄さん、男らしい
でも後で落ち込んでいる姿・・・・
今後の清子さんと明雄さん、どうなっていくのかな
清子さんはいよいよシイタケ栽培ですね。

ここのところ寒い日が続いていますね。
harunoさんは風邪大丈夫ですか。
私は引きそうになっていましたが、どうやら風邪に勝ったようです。


Commented by veronica-t at 2011-01-29 10:21
青子さん、私を見てるみたいです。
青子さんがしたこと、私みんなやってます・・
と、いうか、してました。
人ごとじゃないです・・(苦笑)
普段の暮らしでは、何気なくしていることでも、
山での危険な作業は一歩間違えれば命取り。
自分だけではなくて、
そうそう作業してる明雄さんも危険な目にあわせてしまうんですよね・・。
うん、これ見てまた反省してます。(苦笑)
はるのさんの「山の子」、今回だけでも木の切り方、どこを何に使うか
山での作業(する人・助手)、読む人でどこを参考にするかまでさまざま・・、
勉強になります。ほんと、助かります!!
家に「かまど」や「窯」を作るのに、今いちばんの問題は「薪」の確保です。
今まで廃材をもらっていたけど、それもいつまでも続くわけでもない。
ならば、自分で山の木を・・と思っても、なかなか素人では危険です。
でも、いつかは自分で何とかしなくちゃいけないでしょうから、「山の子」と
今まで代表に山に連れて行ってもらい、身近で作業を見せてもらったことを
少しずつカラダで覚えていくしかないでしょうね。
ありがとうございます。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-29 14:56
>いちしんふたばさん
ホント。
台風で倒れない限り、自分でこの大クヌギを倒そうとは思いませんでした。
枝の張り具合からして、絶対にどこかに引っかかるか、周りの樹を折ってしまうか、
それよりなにより、でか過ぎて、自分に伐れる樹じゃなかったです。
誰もいない時に倒れてくれて
おかげで、シイタケ栽培へ踏み出すきっかけが出来ました。

いちしんふたばさんの杉林。
どんどん間伐が進んでいますね。
重機を使ってバリバリと間伐を進めてらっしゃるの、かっこいいですよ。
この夏は、杉林の地面に光が届いて、シダがワッサワッサ生えてくるかもしれませんね。
下草の生えた、明るい気持ちの良い杉林にもうすぐ出会えそう。頑張ってくださいね。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-29 15:06
>kids-the-meさん
ああー。
お子さん達は、心配ですよね。
樹を伐る時は、自分の安全を守るだけでも必死。プラス、お子さんの安全もとなると、気を使いますね。
秘密基地のまわりだと、余計に気を使うでしょうね。

それにしても、クヌギの苗木、
100本ですか!
うわ~~~~~。それはすごい。苗木のポットがズラリと並んだところは、壮観でしょうね。
植えるのも、一大イベントになりそう。
20年後のクヌギ林。
お子さん達には、まだその貴重さはわからないでしょうけど
秋になれば美しく黄葉する姿を見ながら、大人になっていくんですよねぇ。
いいなぁ。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-29 15:17
>sakkoさん
ホント、巨大な樹になると、倒した後が、また難しいというか、作業が怖いです。
去年の3月でしたか、
鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏が、強風で倒れたってニュースがありましたよね。
新聞に、倒れた大銀杏の樹が載ってましたが
高さ30メートル、幹の直径6.8メートルだったとか。
6.8メートル!!!!!
倒れたのを、当然、小さく切って運び出したと思うのですが
6.8メートルの幹を、どうやって切るのか想像もつきません。
プロだって、滅多に切らない太さでしょうしねぇ・・・・・。

それにしても、なかなか寒さがゆるまないこの冬ですよね。
sakkoさんの風邪が悪化しなくてなによりでした。
ショウガやカリンなどなど、手作りの風邪対策食品が、sakkoさんちにはたくさんありますものね。
私も、先週、ちょっと背中がスースー寒くてたまらない日があり、
あわててショウガ入りの紅茶と、葛根湯を飲み、風邪を追い返しました。
まだまだ続きそうな寒さにそなえて、今は、大根のハチミツ漬けでも作っておこうかな?なんて考えています。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-29 15:33
>veronica-t さん
いや~~~~~、やっぱり。
やってしまいますよねぇ。
家事や仕事の延長で、何か「気をきかす」というクセがついてますもんね。社会人になると。
それが、大あだになってしまう・・・・・。

ところで、
やっぱり。そうでしょうね。taeさんの構想だと、これから大量の薪が必要になりますもんね。
近くなら、我が里山から軽トラで運んで差し上げたいところです。
でも、薪の確保には、焚き火小屋に集まる多くの人が、これからきっと力を貸してくださることでしょうね。
パンを焼くということが、まわりを刺激して、山の手入れが進んでいく・・・・・
そんな循環が形になる日を、期待しています。
Commented by nature21-plus at 2011-01-30 02:46
青子さん、明雄さんが怒鳴ってくれる人で良かったですねと言いたいです。
山仕事に限らず、危険が伴う作業に初心者が入れば、必ずこういうシーンがあります。青子さんの真面目な人柄と懸命は良く解りますが、彼女のようなポジションにいる人がこういう環境にじつはもっとも危険な人なのです。。本人のトラブルだけではなくて、ここでの明雄さんのようにその環境でもっとも大きなリスクに向き合う人を大惨事に巻き込みかねません。

そして、ここでは明雄さんの一喝でことなきを得て、ことが一段落をしているように見えますよね。しかし、ここでの明雄さんのポジションにいる者が、明雄のように繊細な神経をしていると、もしくは怒鳴ってしまったことを悔やむような性格をしているなら、リスクの最大の山場は次回にあります。

続きます。
Commented by nature21-plus at 2011-01-30 02:49
明雄さんは、青子さんの存在が気になって、自分が向き合うべきリスクに集中出来なくなるからです。はるのさんが書いた明雄さんのポカ、栗の苗木で良かったです。おいらは石積みの最中に左手の薬指の爪を潰しました。まあ、運良く骨折までしませんでしたけど…。

しかし、その怪我をしたとき、おいらは一人で作業していたのですよ。解りますか。まったく、明雄さんのポカと同じ状況です。怒鳴ってしまったことを悔やんでいたときに青子さんがいなかったに過ぎません。

結局、誰にも怪我などしてほしくないし、自分もですし。と言うことで、「傲慢な」と受け止められるだろうことを覚悟して、その後の石積みを一人でする気になったのです。

ともあれ、明雄さんのメンタリティーが今後、どう展開するのか楽しみです。

なぜなら、こういうシーンが文章になった文学を知らないからです。。はるのさんがどう書いてくれるのか。。真面目にワクワクです。。(笑)
Commented by kuroo at 2011-01-31 10:02 x
harunoさん こんにちは

あの太さのコナラが転がったら、そりゃあ大変なことになりますね。
一人では動かせない重さですもんね。
秋田のボランティア作業で、炭焼きの材料を伐りだしていた時の話です。
十センチくらいの丸太を斜面の上から下ろしていたら、その内の一本があらぬ方向に跳ね、横で作業してした仲間の頭を直撃したことありました。
ヘルメットの上からだったのですが、すぐに病院に運び、検査しました。
幸い大きな怪我ではなく、翌日退院出来たのですが、山仕事の怖さを実感しました。
木は見た目以上に重いので本当に怖いです。
明雄さんの怒りと落ち込みはごもっともです。よく分かります。
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-31 15:33
>nature21-plusさん
うわぁ・・・・・。爪を・・・・・・・!
そうなんですよね。
本当の危険をわかっていない人間がいると、そうやって、まわりまわって他の人に怪我をさせてしまう・・・・・。
社会人になると、「指示を待つのではなく、指示される前に動け」なんて教えられ
気を利かしてなんぼ
と刷り込まれるのが、この国ですから、ついついつい言われもしないのに
なにかしようと頑張ってしまうのですが
本当に、それは危険なことですよね。
何もしないのが一番役に立つ
と肝に銘じて、こういう場所では過ごさねば。
それにしても、怒鳴ったことを悔やんだ・・・・・ことを、さらに悔やむことになって、さぞや悔しかったことでしょう。
石積みを黙々と一人でされていたのは、そういうわけでしたか。
確かに、あの石の壁造りは、私などウロチョロできる現場ではありません!
Commented by t-haruno-2 at 2011-01-31 15:44
>kurooさん
こんにちは。

頭!ですか。
それは・・・・・・・、みなさん真っ青になったことでしょうね。
本当に、木は見た目以上の重量で怖いです。
昨日、里山で直径5~6cmの木を何本か伐ったのですが、
「こんな細い木でも、頭の上に倒れてきたらえらいこっちゃ」と、かなり気を張った作業となりました。
たいした高さじゃないと思っていても、いざ倒してみると、思っていたよりずっと長い木だったりしてね。甘く見ちゃいかんと、あらためて思いました。

その方、大怪我にならずになによりでした。


<< その31 <シイタケへの道 3>      その29 <シイタケへの道 1> >>