「ほっ」と。キャンペーン
2011年 04月 09日

特別編 <ノブヒェン窯でピザやパンを焼こう!>

初めてお読みの方は、まず<被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方>を読んでから、
こちらをお読みください。



a0119520_16123425.jpg


a0119520_17183214.jpg


a0119520_1613112.jpg


a0119520_17185875.jpg


a0119520_16133788.jpg


a0119520_16135287.jpg


a0119520_2063034.jpg


a0119520_16142740.jpg




加筆訂正! ボウルを切る作業は、必要ありません!
a0119520_1157385.jpg

漫画を描いた時点と現在では、フライパンのパン焼き窯<ノブヒェン窯>の作り方が変わっております。

小さいボウルをキッチンバサミでザクザク切る作業は、もう必要ありません。

この漫画のアップ後、たくさんの方がノブヒェン窯を作り、料理をしてみてくださった結果
切って下側に置く「スカート」のような形のパーツは、無くても調理に支障無し、とわかりました。


ですので、現段階でノブヒェン窯作りに必要なのは、フライパン、小さいボウル1個、大きいボウル1個、以上です。↓
a0119520_12102931.jpg

フライパンで作った底の部分に割れ瓦か平たい石を敷き、その上に調理したいものを乗せ、
小さいボウルをかぶせ、その上から大きいボウルをかぶせ、調理します。



さて、ここで、もうふたつ加筆訂正を!!!!!!

① ボウル小とボウル大を重ねる時、間に2~3センチの隙間ができるよう、小石とか割れた瓦とか
スペーサー(スペースを作るもの)になるものを入れてください。↓
a0119520_12105077.jpg

これで出来るボウルとボウルの隙間が、ノブヒェン窯のポイントです。

ですが、瓦のロケットストーブでノブヒェン窯を使う際には、スペーサーは特に必要ありませんでした。
瓦の微妙な曲線のおかげで、上にかぶせた大きなボウルが自然に浮き上がって、
小さいボウルとの間にスペースを作っていたからです。

でも、
瓦のロケットストーブでノブヒェン窯を使う際も、↓このように平らな台に乗せて使う場合もありますし、
a0119520_1214832.jpg

また、ガスコンロでノブヒェン窯を使うこともあるでしょう。

ですので、平らな調理器具の上でノブヒェン窯を使う方は
必ずボウルとボウルの間にスペーサーを置いて使ってくださいね!



② 窯の底部分に使うフライパンは、テフロン加工で無いものを使ってください!
テフロン加工は、260℃以上の高温になると溶け出す可能性があるそうですので
テフロン無しのものを探してください。

テフロン加工無しの、鉄のフライパンで、さらに柄が取り外せるタイプのもので作るノブヒェン窯は
こちらのページで紹介されています。
このフライパンを使えば柄を切る作業がいらず、2012年10月の段階では、一番誰にでもとっつきやすい作り方なのでは
と思います。

漫画で紹介したノブヒェン窯は、いわば「初期型」「原型」とも言うべきもので
今現在も、たくさんの方が試行錯誤しながら作りやすく、かつ使い勝手が良いように改良が重ねられています。
これをお読みになったみなさんも、身近にある物を工夫して代用しながら、自分のスペシャルノブヒェン窯を作ってくださいね。






瓦のロケットストーブがあれば、本当に少ない焚き木の量で短時間に調理ができます。
ご覧ください。この勢いの良い炎。炊きつけ口も見てください。こんなに細くて少量の薪で、頼もしい炎が得られるのです。
a0119520_12496.jpg

そして、そこにこのノブヒェン窯が加われば、オーブン料理が手軽に出来るようになり、「災害時の炊き出し = 汁物」
の固定観念から開放されて、料理の幅がグンと広がることでしょう。
a0119520_1265258.jpg


瓦のロケットストーブ & ノブヒェン窯での調理については、<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ その2>
詳しく説明してありますので、どうぞごらんになってください。






瓦のロケットストーブ、ノブヒェン窯考案     nature21-plusさん<焚き火小屋の備忘録>

写真提供     veronica-t さん<田園で豊かに暮らす>






      この<ノブヒェン窯でピザやパンを焼こう!>ページ上の漫画、写真、文章について
      営利目的でなければ、転載、転用、2次使用の制限はありません。
      ご自由に使い、どうか役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-04-09 16:20 | ノブヒェン窯 | Comments(31)
Commented by eithbed at 2011-04-10 07:01
うわー!!すごくわかりやすいです。そうなのです。じいのじゃちょっと、理解ができていなかったのが、これではっきりわかりました。手取り足取りで、、、大感謝です。これは、もっと広めなくちゃね。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-10 18:21
>eithbedさん
ありがとうございます。
非常時の炊き出しとなると、おにぎり、味噌汁・・・・・
と、まず考えてしまいますが、
パンやピザというのも、有りですね。
水をあまり使わなくてすむというのは、とてもとてもありがたいことだと思いました。
子供達は喜びそうだし。
Commented by kids-the-me at 2011-04-11 23:59 x
はるのさん こんばんわ。
ピザやパンとっても美味しそうですね。
我家でも薪ストーブでピザを良く焼くのですが、
こども達も大人もとっても楽しくて美味しいです。

今回も本文そのままで紹介させていただきました。
前回もそうだったのですが今回もよく考えると
nature21-plusさんやveronica-tさんの
画像やサイトを勝手に紹介してしまってました。

たくさんの方の笑顔に役立つことを願ってます。
Commented by sakko at 2011-04-12 01:52 x
先ず、美味しそうなピザとパンの写真が目に飛び込んできました。
へ~~、こんなことも出来るのですね。
瓦があったら家の裏で作ってみたいです。
被災地におにぎりと決めているような・・・
ピザやパン、子供たち大喜びでしょうね。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-12 19:57
>kids-the-meさん
こんばんは。
ありがとうございます。
正直、ライフラインは、震災から2週間後くらいには、ある程度復旧しているのじゃないか・・・・・
と当初思っていたので
1ヶ月経った今も、菓子パンを食事にしている現状に、ショックを受けています。
皆で火のまわりに集まってパンやピザを焼いたら・・・・・
どんなに元気がわくことかと思うのですが。
ホント、楽しくて美味しいでしょうからね。

nature21-plusさんやveronica-tさんは、
このページのものを自由に使っていい
という趣旨を理解してくださっているので、大丈夫ですよ。
本当に、ありがとうございます。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-12 20:03
>sakkoさん
これだけ長くおにぎりや菓子パンの生活が続くとは・・・・・
震災が起きた当初は、想像もできませんでした。
最初の「瓦のキッチンストーブの作り方」を描き上げる頃には
ライフラインはある程度復旧して、この漫画は用済みになっているのでは・・・・・
なんて思っていたのです。
それが・・・・・。
皆で、火を囲んで何かを作って食べる
ということは、とても人を励ますことだと思うのです。
もちろん、おにぎりでも良いのです。皆で火を囲んでご飯を炊いて、皆で握って食べるのなら、
どんなに楽しいか。
でも、配られたおにぎりや菓子パンには、それが無いので、そういう食事が1ヶ月も続くと
しんどいだろうなぁ・・・・・と不安になってきます。
Commented by nonisaku-hana at 2011-04-13 09:25
はるのさま、おはようございます。
とても、行き届いた特別編、はるのさんの「現地に届いて欲しい!」が
ひしひしと伝わってきます。
前作に続き、随分と神経を使われ根も詰められたことでしょう。
ようやく気づいたのですが、漫画の部分、画像で取り込んで縮小できますね。
文章はコピペさせていただいて、コンパクトな小冊子が作れそうです。
こうなったら・・早速作って、送れる先を調べて送りたいです。
届けたいところに届きにくいのが現状でしょうが、
とにかく誰かの目にとまってくれれば。。。です。
Commented by けん at 2011-04-13 11:17 x
前回の記事に続き、またまた可愛らしい漫画で説明楽しいです♪
漫画だと、無理なく読めて、そこから良さに気づき、その次の行動(実際に作る)に繋がりやすそうで凄く有用ですね!!
実際、今の私は作りたくて、本当に作りたくてしょうがないですよ(^^;
アパート暮らしじゃなければ…
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-13 13:21
>nonisaku-hanaさん
ありがとうございます。
そこまで考えてくださっているなんて。
本当に、被災地でも使い勝手良く調理が出来る、優れたツールの瓦のキッチンストーブとフライパンのパン焼き窯。
日頃、調理をしている人なら、きっと「使いやすい!」と気づいてくれると思うのですが
なかなか「その人」に届かないのがもどかしいですよね・・・・・。
本当にありがとうございます。
漫画を綺麗に縮小するなら、生原稿をレーザーコピーで縮小するのが
一番クリアーだと思いますので、
もし必要なら生原稿を宅急便でお送りしますので
遠慮なくおっしゃってくださいね。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-13 13:26
>けんさん
ありがとうございます。
ドラム缶のストーブだと、ドラム缶に合う大鍋を用意しなきゃならないし、
そういう大鍋を持ち運ぶのも、結構危ないですし、
使い勝手の良いキッチンストーブやフライパンのパン焼き窯が、広がってくれれば、と思います。
これらなら、子供達も一緒に煮炊きできるというのも、すごく良いと思うのです。
Commented by nonisaku-hana at 2011-04-13 22:00
はるのさま、こんばんは。 
>そこまで考えてくださっているなんて。
そんな、そんな、はるのさまの熱き心に、少しでも。。。です。
>もし必要なら生原稿を
あわわ。。。プロのクリエイターさんの生原稿!なんと恐れ多い。
本当にありがとうございます。
素人の手作り冊子で、クオリティーを落としてしまうのは、忍びないのですが、
はるのさまの画力・お気持ちを大切に、心を込めて作ります。
表紙用、その他一部、加工させていただくことも、ご容赦くださいませ。
明日印刷に取り掛かりますので、出来次第はるのさんにもお送りしますので、
楽しみにしていてくださいね。

Commented by t-haruno-2 at 2011-04-14 19:49
>nonisaku-hanaさん
わ~~~~~。
ありがとうございます。
私の分は、後回しで、いつでも良いですから
被災地への発送が一段落したら、是非、お願いします。
ホントに、ありがとうございます!
Commented by けん at 2011-04-21 19:34 x
また、ブログで漫画でキッチンストーブの記事を紹介していただきました。
この2本目の漫画だと、改めてキッチンストーブの良さも理解できていいですよね!
フライパンとかって本当に案外簡単に切れるんですかね~これはぜひ実験してみないといけませんね♪
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-21 19:55
>けんさん
本当にありがとうございます。
最初の「瓦のキッチンストーブの作り方」に書き込んでいただいた
皆さんのコメントを読むと、
「瓦で出来る」
という部分に、興味や驚きが集中してしまっているように感じました。
熱効率が良くて短時間で調理できること、焚き木が少なくてすむこと、
ドラム缶に比べてとても調理がしやすいことなども
わかっていただきたいと思いました。

古くなったフライパンを処分しよう
というお友達がいたら、是非、お古をいただいてパン焼き窯を作ってみてください。
きっと楽しいですよ!
Commented by けん at 2011-04-22 13:14 x
確かに瓦でできる…に注目しがちですよね。僕も2本目のこの漫画を読んで、煙でないんだ!料理はや!凄い!って気づきましたよ(^^;
なんとか実践してみますね♪

あ、「山の子」シリーズ面白いですよね~山での暮らし方や知識、レシピもあった非常に面白いです。個人的に春の味覚を語るミー子が好きです☆
この漫画も色んな方に見てもらえたら自然の大切さが分かって貰えそうですね!
もし、よければ私のブログと相互リンクしていただけませんか?
まだ小さなブログなので、情報の拡散力はさほどないですが…良かったら宜しくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-22 20:12
>けんさん
そうなんです。
「瓦のキッチンストーブの作り方」をアップしてから、
作り方をまずわかっていただきたい!
という気持ちのあまり、他の価値を置き去りしてしまったな・・・・・って
後悔しました。
料理が早くできるって、避難生活でなくても素晴らしいことですよね。
ドラム缶では時間もかかるし、料理しにくいでしょうし、
瓦のキッチンストーブの良さが、広まってくれるといいなと思います。

リンクしてただけるのですか?
こちらこそよろしくお願いいたします。
ありがとうございます!
Commented by けん at 2011-04-23 10:05 x
後悔した後でもすぐに、漫画でまた伝え直すところは凄いですね~この漫画が色んな所に伝わっていけば本当に良いですよね!
本にもなりはじめましたし…今後が楽しみです。

リンクもしておきましたよ♪
トップページから記事に入って、右側の「お気に入り」の所に「山の子」のリンクがしてあります。
できれば、はるのさんでもリンク貼っていただけたら嬉しいです。
こうやって情報の輪が広がっていけば、被災地の方に広がっていく…と思っています。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-23 15:06
>けんさん
いえいえ。
追加で2本目を描いたのは、フライパンのパン焼き窯の威力がすごいんだ!
と、焚き火小屋の管理人さんから連絡があったからなんですよ。
それで、2本目を描くついで・・・・・と言ってはなんですが、
1本目の説明の足りなかった部分を補おうかと思ったんです。

もちろん、こちらからもリンクさせていただきます。
昨日、作業ができず、リンクをするのが遅くなってしまいました。
被災地で、笑顔の輪が広がってくれると良いですね。
Commented by hee3hee3 at 2011-05-01 11:38
すっかりお礼が遅くなってしまい、すみません。
南三陸町にharunoさんの「作り方」の冊子を届けてきました。
ピザ窯のほうも一枚紙にして配りました。
ありがとうございました。
現地では、お父さんたちはロケットストーブに興味をもち、お母さんはピザ窯に興味をもたれました。
子供たちは、もちろんバナナのピザに。
「本当に美味しいの〜?」と最初は逃げ腰でしたが、窯をあけると「わ〜っ」って。
また第2弾を計画中。
乞うご期待。
Commented by nonisaku-hana at 2011-05-01 15:09
はるのさま、こんにちは。
あらら、ちょうどheeさんがお越しでしたね。
>ピザ窯のほうも一枚紙にして配りました。
そうでしたか!ありがとうございます。
こちらも気になっていたんですよ。
あらかた原稿はできていますので。。馬力かけますね!

ということで・・・はるのさま、第2弾、嬉しいですね。
また、確実に届けていただけますよ~~。
Commented by t-haruno-2 at 2011-05-01 16:22
>hee3hee3さん
パン焼き窯もプリントアウトして配られたのですね。
うわ~~~~~。
作ってみようって、みなさん、思ってくれるといいな。
hee3hee3さんの実演で、きっと「やろう!」って思う方が出てきますね。
人から人の手へ、手渡される行動力には、本当に頭が下がります。
こちらこそ、本当にありがとうございました。
もう第2弾へと向かってらっしゃるのですねー。
すごい。
はい、すっごく期待していますよ。
Commented by t-haruno-2 at 2011-05-01 16:25
>nonisaku-hanaさん
こんにちは。
わーーーーー。
パン焼き窯も冊子にしてくださっているのですか?????
また、すごい数を作ってらっしゃる?
みなさん、ホントにすごいです。
ええ、本当に、第2弾が楽しみですよね。
実際に使っているのを見て、そこからとっても美味しいものが出来るのを見たら
「自分も作ろう」って、きっと思う人が出てきますね!
Commented by チャミ at 2012-09-28 13:08 x
はじめまして。
たまたま ここにきてすごく興味を持ちました。
ロケットストーブも パン焼き窯も試してみたい!
ただ ボウルは同じサイズを2個と書いてあるのですが これを見ると下のボウルと重なっていないように見えるのですが。
同じサイズだと重なってしまい このようにするには下になる(切るボウル)が少し大きくないと無理なような気が…
すいません あまり理解力がなくて…
出来れば サイズとかを書いてもらえると嬉しいのですが。
あと 瓦がない場合は煉瓦とかでも代用がきくのでしょうか?
ホームセンターなどを見てまわったのですが瓦を置いてあるところがありませんでした

色々質問してすいませんが 宜しくお願いします
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-28 16:28
>チャミさん
はじめまして。
興味を持ってくださったことに、大感謝です。
ボウルに関しては、実は、切って使う下のボウルは、今は必要ありません。
これについては、近日中に加筆訂正するつもりだったのですが
ボウル小、ボウル大のふたつのボウルを重ねて間にスペースを作る石などを置いてくだされば、窯は完成です。
ボウルを切る作業のことは、忘れてください。
フライパンと、フライパンに乗るサイズのボウル小と、フライパンとボウル小がスッポリおおえるサイズのボウル大と、ボウルの間にスペースを作る小石
これが窯の材料のすべてです。
この説明でわかりにくければ
来週の前半には、加筆修正したページをアップする予定ですので
修正したものを見ていただければ
と思います。
修正が遅くなってしまい、ややこしい思いをさせてしまってすみません。

↓へ続きます。
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-28 16:38
>チャミさん
はい。煉瓦でもかまわないのですが、ちょっと厚みがありすぎるかもしれませんね。
平べったい敷石など、ホームセンターで手ごろな大きさのを売っていないでしょうか。もちろん、川原で平たい石を探していただいても。
焼き物の植木鉢の受け皿とか(薄いので2枚重ねがいいかな?)、
代用できそうなものは、色々あると思います。試してみてくださいね。
Commented by チャミ at 2012-09-28 20:03 x
ありがとうございます!
さっそく 試してみます!!
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-29 16:41
>チャミさん
フライパンとボウルのノブヒェン窯は、色んな人が作ってみたり
改良を加えたりして
現在も進化中です。
ご自分なりのアイディアで、作りやすく、使い良いノブヒェン窯を考え、どしどし試してみてください。
頑張ってね!
Commented by eithbed at 2014-05-19 18:23 x
お元気ですか?もう一度、パンを焼くためにどうやったら、ロケットストーブがうまく作れるか?を毎日、考え中です。久々に、わたしの昔の記事をみていたら、でてきた。。。でてきた。それにしても、素晴らしい漫画です。これを読んで再び挑戦してみます。

パンがうまく作れるようになったので、是非、少ない薪でパンを焼きたいなっと。これが今の夢です。

Commented by t-haruno-2 at 2014-05-22 20:22
>eithbedさん
ご無沙汰いたしております。お元気でいらっしゃいますか?
コメントのお返事が遅くなってしまったこと、お詫びいたします!

しょっちゅう薪でパンを焼いていると、目に見えて薪が減っていくでしょうね。
省力化したくなるの、わかります。
是非、ロケットストーブで美味しいパンを焼いてくださいね。
庭の無い我が家は、もっぱらガスコンロでノブヒェン窯を使い、ピザを焼いています。
ロケットストーブのある庭。憧れますね。
Commented at 2014-08-18 10:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by t-haruno-2 at 2014-08-19 20:25
>鍵コメさま
はじまめして。
コメントをありがとうございます。
手元にあるものを生かして作られるのは、素晴らしいですね!
使いこなして、美味しいものをどしどし作ってらっしゃるのも、素敵です。
そして、「山の子」が、もしかして何かのお役に立ったのでしたら
こんなに嬉しいことはありません。


<< その32 <野の花>      特別編 <被災地に届いて。瓦の... >>