2011年 04月 23日

その32 <野の花>

a0119520_15572067.jpg


a0119520_16243195.jpg


a0119520_15575267.jpg





a0119520_16251149.jpg

a0119520_15584793.jpg




a0119520_1559344.jpg


a0119520_15591627.jpg




a0119520_1559317.jpg




a0119520_15594682.jpg




a0119520_160046.jpg


a0119520_1602311.jpg

                                       つづく





山の子の中で何度も描いてきたことですが、
この世界は、人間を含めた生き物達のせめぎあいの場所です。
人間は、自分達が豊かに幸せに生きるために努力をするし、
他の生き物達は、我が子孫繁栄という本能に忠実に生きている。
動物も、昆虫も、植物も、菌類も、
<自分達が良ければ>
というエゴ丸出しで、ぶつかり合っているのが、この世界だと思います。

ですから、
TVや雑誌で見かける「自然と共存した里山」というのは、
人間にとっては都合の良い共存状態であっても、動物や植物にしてみたら迷惑千万なことも多いはず。
漫画に描いたように、我が里山では、
淡竹の竹林を皆伐して地面の日当たりが良くなると、数年後にシュンランが顔を出して私と夫を喜ばせましたが
さて、淡竹にしてみれば、どうだったのか。

と言うわけで、
里山賛美のTV番組や雑誌の記事を目にするたびに、
奇麗ごと過ぎる
とストレスのたまる私です。
逆に、
人間ばかりが自然を破壊し、迷惑をかけている
という考え方も、ナイーブ過ぎると感じます。

エゴとエゴがぶつかり合い、傷つけあうのがこの世界。
完全な悪人はいませんし、100パーセントの善人もいない。
生きるためには、他の生き物の命を奪わねばならないように、
誰もが誰かを傷つけ、誰かに傷つけられているのが、共存ということなのでしょう。

国土の69パーセントもの山林を持つこの日本。
他の先進国に比べて、山は圧倒的に身近にあります。
その山を利用しないで、
他の国から山菜やらキノコやら、木材やら、農作物やらを輸入し続けるのは空しい話です。

かといって、利用すれば自然を確実に傷つける。

自然の利用と自然破壊の間に、どう折り合いをつけるのか。

農家や林家は、常にこの痛みと向き合っていると思います。
通いで里山の手入れをしている私ごときでも、この痛みをビシビシと感じます。
それでも、
そこにある山を、ただ「綺麗だな」「自然は良いな」と眺めているのではなく
利用しなくては。
この痛みを引き受けて、食べ物や生活の材料を得なくては、と思う。
国土の69パーセントもの山が、あるのだから。





・・・・・ただ、こういうことに痛みを感じるのは、「自然と人間が対等だ」という考えから来る
とてもとてもアジア的な発想なんだろうな
と思います。
自然とは人間が管理するもの、守ってやるもので、
「対等では無い」
という考え方の国や地域も多いでしょうから。





さて、これから我が里山は草刈りの季節。
私のエゴで、
食べ頃を過ぎて葉っぱになってしまったワラビや、しつこく出て来る竹をバンバンと刈っていくことにしましょうか。
私は善人であるし、悪人でもある。
里山の動植物達も、悪人であり、善人であるのです。





     このブログ上の漫画、文章の著作権は、高橋はるのにあります。
     無断での転用、転載はご遠慮願います。
     リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-04-23 16:29 | Comments(10)
Commented by kuroo at 2011-04-24 07:22 x
harunoさん こんにちは
いやあ、素晴らしいです。ずっと、ずっと同じ事を考えていました。
エコという言葉を聞くたびに、「それは、エゴの間違いだろ!」だろ、とか。 地球にやさしいという言葉を聞くたびに、「それは、人間にやさしいの間違いだろ!」とか。

意識の中で、何かが抜け落ちているんですよね。根本的な何かが。
いつの間にかこの国は、子供がそのまま大人になってしまう国になってしまいました。深く考える事がなくなってしまったという事かもしれません。

畑を荒らされる立場から言えば、イノシシは害獣以外のなにものでもありません。見つけ次第駆除したいと思いますが、その話をすると眉をひそめる人もいます。中には「イノシシ可愛いい」などと言う人もいますし、そのギャップに言葉を失います。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-25 16:09
>kurooさん
こんにちは。
ああー。本当にそうですね。
地球に優しいは、人間に優しい。そういう部分、たくさんありますね。
野生動物に関して言えば、
どうしてこう、野生動物も、家畜も、動物園の動物も、
なにもかもをペット扱いして「可愛い」などと言う国になってしまったのでしょう?????
身近にいる動物がペットだけという社会になってしまって
ただただ可愛い、可愛いと、
それが動物愛護なんだ、環境に優しいんだという感覚になってしまっているのが
なんともやりきれないです。
私も、自分の山を荒らしているイノシシに、もし出会ったら、駆除したいと思うでしょう。
殺して肉を食べたいと思う。
相手を自分と対等だと思うから、畏敬の念を感じるから、そうしたいと思います。
「可愛い」と言ったり野生動物に食べ物を与えたりするのは、相手を自分より下の存在だと
見下しているから出来ること、と思えて仕方ありません。
小鳥ならともかく、イノシシや熊までペット扱いするなんて・・・・・。
Commented by sakko at 2011-04-26 06:51 x
ちょっと、びっくりしたのは竹林が雨に弱いと言うことです。地下に30cmくらいしか根が伸びていないのですか。
竹は根がいっぱい張っているので、地割れがしない、
地震の時は竹林に逃げよと言われていましたので・・・。
え~~そうだったのですか。
所々に竹やぶがあるのは、建築資材にするためもあったのですね。
竹やぶを伐採する、これも地中にやさしいのですか。
「植物同士仲良くやってや」ではだめなんですね。
人間が手を加えることによって自然が守られている。
何だか難しいですが
しゅんらん育つ里山はいいですね。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-26 15:26
>sakkoさん
地震には強いかもしれませんが
大雨が降って、地下の深いところまで地盤がゆるむ・・・・・というような時には
竹林は脆弱だと思います。
昔のように、農家が管理して周囲に広がらないようにしていれば
問題は無いのでしょうけれど
今は、放置された竹林がどんどん広がって来ているので、心配ですね。

人間が手を加えることによって守られる自然は
結局、人間にとって都合が良いだけの自然ですが
やっぱり、周囲の自然は利用してなんぼ、
と里山に関わるようになって、強く思うようになりました。
なんでもかんでも安く輸入する時代は、もう本当に終わるでしょう。
これから、日本の里山が、私達を豊かにしてくれると良いのですが・・・・・
って、これも、人間の勝手な思いなのですけど。
Commented by いちしんふたば at 2011-04-26 17:49 x
こんにちわ。
6年前伐採跡地だったうちの山では
竹やぶになるのを恐れ笹を伐るばかりでしたが
若い笹たちはとても無邪気に見えました。

笹の猛威は手が付けられないようにいわれ、
先入観で目の敵のように思っていました。
いまも笹はあります。でも、もう生き生きとはしていません。
イノシシは笹の根も好物のようです。

エゴですねえ。
人間の思う方向に進めるばかりで
自然がどう遷移するのか無知です。
でもなかなか思ったとおりにはならず
傷付け合いの結果が今の山の姿。

笹の視点で描かれたこのような作品があると
ほっとするようないい気分になります。

Commented by kids-the-me at 2011-04-26 23:01 x
はるのさん こんばんわ。
我家も冬の間に南側の斜面に茂っていた笹を
一掃したらたくさんの植物が競ってはえてます。
私の都合に合わせてくぬぎの木もそこに植えてます。
今はまだ勢いもかわいらしい程度で心に余裕があり、
その斜面にはえている植物を可愛く思っています。

同じく傘をさして歩ける程度に減らした真竹の竹林は
風にあおられるようになって根っこから倒れています。
やっぱり表面しか根がないので風に弱いようです。
最近はなんだか少し可哀そうに思っています。

私の里山は私が王様でもあり、お医者様でもあり、
仲の良い友達でもあり、にっくき敵でもあります。
けどそうやってお互いが向かい合いながら生きていける
ということは幸せなのかもしれませんよね。
どんな生き物も命はいつか終わるし、同じ生き物だけが
永遠に反映し続けることはまずあり得ないと思います。

その時その時を全ての命あるものが戦ったり、じっと待ったり、
一生懸命生きようともがいているから自分が自分でいられる
そんな風に思いながら最近は里山での日々を過ごしてます。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-27 14:36
>いちしんふたばさん
こんにちは。
うちの山の区画にも、笹が残っています。
竹は2~3年刈り続けると、出てこなくなりますが、笹はタフですよねぇ。
根っこが残っている限り、ターミネーターのように復活して来ますね。
その笹の根っこ。イノシシが好むんですか!?
我々の区画が、しつこくイノシシに掘り返されているのは、笹の根っこが目当てかもしれませんね。

本当に、傷つけあいの連続ですよね。
里山の手入れなんて、最初は「良いこと」をするボランティア気分で始めたのですが
善と悪の入り混じった、なんとも不条理な世界に足を踏み入れたのだなー
と、今は思うばかりです。
このたびの震災で被災された東北の漁師さんが、新聞記事の中で
自分達の仕事について
「感謝しながら命を取る」
と表現されていて、深く納得するものがありました。
Commented by t-haruno-2 at 2011-04-27 14:53
>kids-the-meさん
うんうん。そう思います。
木も草も生えない土地なら、そりゃ手入れの苦労は無いですが
発芽の喜びも実りの楽しみも無いですもんね。
良いことも悪いこともひっくるめての係わり合い。
人間同士の関係と一緒ですよね。

これまでと違って
これからは、里山との係わり合いが日常ですね。
色んな発見や感動や、「コノヤロー」があることでしょうね。
たくさん伐採した後なので、
この夏は、まずボーボーと伸びて来る草達と、どう付き合うかが
最大の山場・・・・・?

お子さん達は、毎日がホント楽しくって良いでしょうねぇ。
Commented by いなりさま at 2012-02-01 00:03 x
初めまして。
一斗缶のロケットストーブを見てからあっという間にファンになりました。
今は便利な世の中になりすぎて、先人の知恵や経験が忘れ去られていくのはとても寂しくてなりません。
私は現在農業の従事しておりますが、田畑はどこも耕作放棄地が目立ち、目も当てられない様な状態の所ばかりです。
便利な生活も良いが、昔ながらの生活・風景も守っていきたい。
そう考えています。
考えているだけですが…。
これからも楽しく見させて頂きたいと思います。
それと、誠に勝手ながらリンクさせて頂きます。
Commented by t-haruno-2 at 2012-02-01 16:16
>いなりさまさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。
人の手が入らなくなった田畑や山を見るのは、本当につらいものですね。
「手つかずの自然」も素晴らしいですが
人が利用しつつ暮らしてきた自然も、先人の知恵の宝庫、同じように素晴らしいもの。
守り、伝えて行きたいですよね。本当に。
このような漫画を描き続けて行く事に意味があるのか
正直、今、迷っているところですが
コメントをいただき、励まされました。
ありがとうございます。
こちらからもリンクをさせてくださいね。


<< その33 <シイタケへの道 4>      特別編 <ノブヒェン窯でピザや... >>