2011年 06月 17日

特別編 <一斗缶でロケットストーブを作ろう!>

a0119520_1631562.jpg


a0119520_11181396.jpg


a0119520_15474329.jpg


a0119520_1634320.jpg


a0119520_1548128.jpg


a0119520_15482490.jpg


a0119520_15483661.jpg


a0119520_15484831.jpg


a0119520_1550568.jpg




a0119520_16122859.jpg






3月11日の大震災以降、ホームセンターでカセットコンロが良く売れている
とTVニュースで言っていました。
災害でライフラインが止まってしまった時のことを考えると、準備しておきたくなる気持ちはよくわかります。
ただ、
カセットコンロのガスボンベで、何回くらい料理が出来るのでしょうか。
1~2日でライフラインが復旧すれば、あまり問題は無いでしょうが
大きな災害で、1週間、1ヶ月とガスや電気が止まってしまったら、とてもカセットコンロでは間に合いません。
そして、
それくらい大きな災害になれば、ボンベが切れたからといって、新しいボンベを買いに行ける状況ではないはず。
残念ながらカセットコンロは、
災害対策用品としては、あまりおすすめできるものではないようです。

同じ理由でキャンプ用の燃料コンロや、昔ながらの七輪も、大災害時には燃料の補充がむつかしく
数日で役に立たなくなる可能性が強い。

一斗缶のロケットストーブの強みは、その燃料の補充の容易さにあります。

災害時、
足場の悪い中、大きな焚き木を大量に拾い集めるのは大変だと思いますが
小枝や木切れなら、
比較的楽に、周囲で手に入れることができるのではないでしょうか。
効率よく燃えるロケットストーブなら、少量の木切れや小枝で1回分の調理が可能です。

3度3度の食事を
燃料を気にせず作ることができる。

暖かく美味しい食べ物は、平時でも人の心の大きな支えですが、災害時ならなおのこと。

漫画では、ストーブにお鍋をのせてカレーを作りましたが
このストーブなら、ガスコンロと同じように炒め物、焼き物も作れます。
バリエーション豊富な料理は、きっと人を笑顔にし、元気にしてくれることと思います。

今なおガスや電気が普及しない東日本大震災の被災地で、この一斗缶のロケットストーブを活用していただきたいのが
まず一番の願いですが、
被災地以外のみなさんも
災害時の対策用品として、一家に一台、この一斗缶のロケットストーブを用意されてはいかがでしょうか?

暖かい食事、
美味しい食事は、本当に人の心を支えるものだと思うから。





ただ、一斗缶のロケットストーブに弱点が無いわけではありません。
漫画にも描いたとおり、人がぶつかったり蹴飛ばしたりすれば、倒れてしまう。

このストーブを作る際、パーライトが手に入らない場合は砂や土で代用していただいて構わないのですが
軽量のパーライトを砂や土に変えたとしても、
安定性が大きく増すわけではありません。
周囲で走り回るのは、やはり禁物。

小さなお子さんがいる家庭では、
パーライトでストーブを作るにしろ、砂や土で作るにしろ、
調理の間は、
充分にお子さん達を見守っていてあげてくださいね。





さて、
「ロケットストーブに魅力は感じたけれども、安定性が無いのでは困る・・・・・」
と感じた方へ。

一斗缶のロケットストーブと同じ原理で、大変に効率よく燃え
なおかつ、
蹴っ飛ばしても倒れない安定性を持つ「瓦のキッチンストーブ」というものもあるのです。
これは持ち運びは出来ず、
設置するのにある程度のスペースが必要ですが
本当に安定しており、うっかり体が触れても火傷の心配がありません。
興味がわいた方は、是非こちらの「瓦のキッチンストーブ」のページをご覧ください。

また、
一斗缶のロケットストーブや瓦のキッチンストーブと組み合わせて、パンやピザを焼く
「フライパンのパン焼き窯」というものもあります。
「フライパンのパン焼き窯」のページをご覧になってください。





一斗缶のロケットストーブ発案・写真提供     nature21-plusさん

                              こちらのページでは、
                              一斗缶のロケットストーブの作り方を
                              写真入りで説明されています。





     この<一斗缶でロケットストーブを作ろう!>のページ上の漫画、文章、写真について
     転載、転用、2次使用の制限はいっさいありません。
     ご自由に使い、どうか役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-06-17 15:54 | 一斗缶のロケットストーブ | Comments(32)
Commented at 2011-06-18 00:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hee3hee3 at 2011-06-18 00:40
まってました!
あいかわらず、わかりやすくていいですね〜。
手袋とか、暴れないとか、大切なことがしっかりと書かれていますし。
わたしも気をつけよう。
一斗缶で入門したら、ぜひともペール缶にも挑戦してほしいです。
Commented by まこりん at 2011-06-18 10:11 x
あーーー!素晴らしい!
さすがですねーー!
大事なことがきちんと書かれていて、わかりやすくて。。。
ありがたいです!

いつでもどこでもだれでも使えるように、安全に使うことの基本をマスターしてもらうのに、ぴったり!ありがとーー!


Commented by t-haruno-2 at 2011-06-18 15:48
>鍵コメさま
ありがとうございます。
そうですね。
ストーブを真ん中で叩き割って、断面図を説明する
というのは、確かに絵でしかできないこと。あはは。
ここで理解を深めてくださる方が、たくさん出てくると嬉しいです。
それにしても、皆さん、すごくハードな生活をされてませんか?
蒸し暑くなってきましたから
どうぞ体調に気をつけてくださいね。
美味しいもの、
それも添加物なんて入ってない、体が素直に喜ぶような食べ物を
毎日食べてらっしゃると思うので
大丈夫だと思ってはおりますが。

私は、ちょっとだけ一休みさせていただいて
また何かお役に立てること、探して行こうと思います。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-06-18 15:54
>hee3hee3さん
ありがとうございます。
瓦のキッチンストーブと違って、手順が複雑になる分
どうしても説明が長くなってしまい
さて、最後までみなさんが読んでくださるのか・・・・・
すごく不安なのですが
読み切って「災害時にこれを役立てよう」って思ってくださる方が出てくれば
とてもとても嬉しいです。

ひーさんのペール缶バージョン、素晴らしいですよね。
あのように、色んな人が知恵を出してロケットストーブは、今後、どんどん進化して行く予感がします。
その入門編、構造理解編として
この漫画が役立ってくれるといいなぁ。
Commented by t-haruno-2 at 2011-06-18 16:02
>まこりんさん
ありがとうございます。
最後まで読み切って、「これ作ってみよう」と思ってくださる方が
一人でも多く出現することを願っています。
ホントに、一家に一台、準備されてても良い!
と思うんですよ。これは。この国では。
コンパクトだから、マンション暮らしでもクローゼットにでも置いておけますもんね。
で、時々、アウトドアで使って、使い慣れておく、と。
そう、おっしゃるとおり
安全に使いこなす基本をマスターしておかないと、ですよね。

そして、ここから、ひーさんのペール缶バージョンのように
発展型がどんどん出てきたら、すごい展開になりそうです。
Commented by mikeblog at 2011-06-19 07:32
震災の時もアウトドア派の人たちはあまり困らなかったのではないかと思いました。
あまり文明に慣れ過ぎてしまわないように、
原始人の生活を思い出して工夫すればいいですね。
バケツに焚口とサナを置いただけのものがありますが、このロケットストーブの方がずっと優れものです。
キャンプ(行かないけど)に持って行ったらみんなビックリするでしょうね。

Commented by t-haruno-2 at 2011-06-19 13:32
>mikeblogさん
そうですねよ。
直火で料理することや、限られた道具で生活することに慣れているのといないのでは、
被災した時のしんどさが違ってくるでしょうね。きっと。
特に、直火での料理に普段から慣れておくのって
すごく大切かも。
オートキャンプが流行るようになって、テントサイトに発電機を持ち込む人が出てきたり
テントサイト自体に、電源が設置されてたりするようになりましたが
電気に頼るキャンプって・・・・・
そんなものには慣れない方が良いですよね。絶対に。
ロケットストーブは、キャンプ場で注目の的となることでしょう。
Commented by sakko at 2011-06-19 16:01 x
これはいいですね。
キッチンストーブも良かったけれど、ちょっと大掛かりでしたね。
これはかんたんに作れそうで
場所をとらないし、いいですね。
一家に一台あれば心配無しですね。
出来上がりの写真、カッコイイですね。
昭和の感じ。
ホームセンターで直ぐ組み立てられるようにして
売ってほしいです。
我が家に有れば、裏の花畑でバーベキューが出来そうです。
もん父さんは不器用で・・・・
スマートフォンで山の子が読めます。
今夜教えてあげようと思います
Commented by t-haruno-2 at 2011-06-20 19:20
>sakkoさん
一戸建てで庭にスペースがあれば、是非作っていただきたいのは、やはり瓦のキッチンストーブ。
やっぱり安全ですから。
でも、一斗缶ロケットストーブにも、こちらの良さがありますね。
そう、おっしゃるとおり、場所を取りません。
雨が降ったら軒先に移動して煮炊きができるって、助かりますよね。

Cちゃんやaki君なら、もう自分たちでチャッチャッ!とロケットストーブを作ってしまえるかもしれません。
aki君、料理も上手だし器用そう。
加えて、直火が扱えて直火で料理ができたら、ますますカッコイイですよ~~~~~。
Commented by いちしんふたば at 2011-06-21 23:39 x
こんばんわ。
少量の薪でも火力のある
キッチンストーブは魅力があります。
手頃な瓦がなく、ぼちぼち河原の石を
選び始めたところでした。
一斗缶も煙突もあります。
今回キッチンストーブの構造がよくわかりました。
計画通り石選びは続けます。
Commented by t-haruno-2 at 2011-06-22 19:23
>いちしんふたばさん
こんばんは。
いちしんふたばさんのように、これまで直火を使い慣れている方なら
このキッチンロケットストーブの魅力、
本当によくわかっていただけることでしょうね。
冬場は薪ストーブで暖を取りつつ調理・・・・・という方も
夏場は、このストーブで短時間に、少ない燃料で調理できれば
絶対にらくちんなはず。
短時間で調理できるメリットを、もっと多くの方に知って欲しいです。

川原からの石運び、お疲れ様です!
どんなストーブが出来上がるのか、
とても楽しみですよ。
Commented by kids-the-me at 2011-06-22 22:50 x
こんばんわ。

いつもすみません。
断る前にブログで紹介させていただきました。

我家で木を伐った際に枝がたくさんでるのですが
場所をとるので集めて豪快に燃やしています。
ロケットストーブは庭にあれば活躍しそうですね。
ただこどもが多いので安全がやっぱり課題ですかね。
段差とかに埋め込んでできないか考えてみます。

これから梅雨があけたら屋外の時間がながくなりそうです。
Commented by t-haruno-2 at 2011-06-23 19:42
>kids-the-meさん
こんばんは。
紹介していただいて、本当にありがとうございます。

kids-the-meさんの今のおうちなら、
ロケとストーブ、大活躍しそうですよね。
夏場、薪ストーブがお休みの間、調理に使われてみてはいかがでしょう。
間伐材がスッキリと片付きますよ~~~~~。きっと。
でも、そう、
お子さん達に気をつけてあげないと、心配ですよね。
薪ストーブで直火を扱うことになじんでいるkids-the-meさんのお子さん達のことです。
火の熱さもよくわかっているでしょうから、安全について、よく理解してくれることと思いますが。

今年の夏は、いつにも増して野外活動が多くなりそうですね。
ヤギ達もいるし♪
Commented by mihohakamata at 2011-07-28 23:22
ロケットストーブの作り方いろいろあるんですね。ユーチューブで見たことありますが、これは漫画になっていてとてもわかりやすいです。ブログで紹介させていただきます!
先日25リットルの缶を手に入れたのですが、問題は煙突の部品です。住んでいるイギリスで何軒かあたってみましたが、やっと見つかったと思ったら、曲がった部分の価格が5千円くらい、パイプのほうも3メートルも買わなければならず2万円以上ということで、一気に引いてしまいました。ネットでも調べています。廃材が手に入ればいいんですけどね。
まだ考え中ですが、レンガのキッチンロケットストーブはどうかなと思っています。
素敵な漫画での丁寧な説明、ありがとうございました。
Commented by t-haruno-2 at 2011-07-29 19:43
>mihohakamataさん
ありがとうございます。
そうなんですよね。
この一斗缶のロケットストーブ。煙突代がちょっとかかってしまうのですよね。
廃材が手に入れば、ホント、一番良いのですが。
スペースがあるなら、やっぱり煉瓦で作るのをおすすめしますよ。
なんといっても安定していて、普通のシステムキッチンのように使い勝手が良い、
と、作って使ってらっしゃるみなさん、おっしゃってます。
煉瓦は、そちらなら、使わなくなったものとかたくさん分けていただけそうですよね。
是非是非、挑戦してみてください。
Commented by のっぱら研究所 at 2012-01-31 00:11 x
初めまして!
ロケットストーブを調べていたらたどり着きました。今までなんで見つけられなかったんでしょう!とても素敵なサイトだと思います。それに、詳しく書いてるのにわかりやすい! 漫画も含めてファンになってしまいました。
思わず自分の記事で紹介してしまったのですが、可能ならリンク集に載せたいと思ってコメントしました。いかがでしょうか?
Commented by t-haruno-2 at 2012-01-31 16:25
>のっぱら研究所さん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。
とても嬉しいです。
このブログはリンクフリーですので、どうぞリンクをしてください。
ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 山人の里住民 at 2012-03-06 11:27 x
自宅に一斗缶缶が有り、活用方法を考えていたところ、このページを見てロケットストーブに決めました。
作成方法も漫画で解りやすく、簡単に作成する事が出来ました。
今月、「ロケットストーブを作ろう」と言うイベントを、徳島県の廃校になった小学校で開催するのですが、教材としてこのページを活用させて頂きたいと思います。
Commented by t-haruno-2 at 2012-03-06 19:31
>山人の里住民さん
はじめまして。
作り方がきちんと伝わっているとわかり、安心いたしました。
教材として、お役にたてれば幸いです。
Commented by にゃ at 2012-03-24 21:51 x
↑ 3/6 山人の里住人さんのイベント(今日開催)に参加して、作ってきました~!
とっても分かりやすい教材でした(^^)ありがとうございます
今日は使うまでには至らなかったのですが、早くお料理したくてたまりません
あまりに嬉しくてブログにカキカキ
リンクフリーという事でしたので、紹介させていただきます

興味持って、作ってしまう人 もっと増えれば良いなぁ
Commented by t-haruno-2 at 2012-03-25 15:00
>にゃ さん
はじめまして。
お役に立てて、本当に良かったです。
何でも買えばすむ時代、自分で作ってしまおうという方が
本当に、もっと増えれば良いですよね。
里山の広葉樹や、竹を伐って燃料にする人が増えれば
山の活用にもなりますし。
広がって欲しいですね。
Commented by toto at 2012-03-29 23:53 x
はじめまして!
かなり参考にして作らせてもらいました。
出来栄えはかなり低いのですが、作ってる間すっごく楽しかったです。
勢いでペール缶も用立てたのですが、まだいじる自信がなく待機中ですが、いつか作ります。

また参考にさせてもらいますね。
Commented by t-haruno-2 at 2012-03-30 22:08
>totoさん
はじめまして。
お役に立てて、良かったです。
ペール缶のロケットストーブの作り方は、「山の子」では描いていいないのですが
ここからリンクをしている
「今日は今日の風に吹かれて」のhee3さんのブログに
丁寧な作り方のページがあります。
是非、チャレンジしてみてくださいね。
Commented by 近藤光則 at 2012-05-04 00:39 x
私は東京都北区の区議会議員の近藤光則と申します。一斗缶のロケットストーブの作り方を大変わかりやすい漫画で紹介されていて尚且つ2次使用もOKということでしたので、5月6日に北区赤羽公園行われる東日本震災チャリティー絆バザーで私が作成したロケットストーブとともに、コピーをして配布させて頂くことにしました。災害時にとても役に立つと考えています。また、この時に、有限会社協和合金さんが作製している熱を利用するスターリングエンジン発電機をロケットストーブに設置して発電もする事になりました。これは、協和合金の松本社長さんの全面協力で実現しました!行政からも、清掃事務所から燃料となる廃材の提供をしてもらい、防災課長も見学に来る事になっています。
現在北区が各地域の防災組織に配備しているストーブは灯油と電源が必要なため災害時に停電や灯油が無くなると使用出来ません。そこで、誰もが作れ廃材が使用出来るロケットストーブが役に立つと考えて今回のバザーでお披露目することになりました。
漫画を使わせて頂きますが宜しくお願いします。


Commented by t-haruno-2 at 2012-05-04 16:11
>近藤光則さま
コメントをありがとうございます。
もちろん、どんどんコピーしてお使いください。
東日本大震災のチャリティーに、私もお役に立てるのでしたら
こんなに嬉しいことはありません。
まだロケットストーブを知らない方々に、興味を持っていただけたら
素晴らしいことですよね。
6日が良いお天気となりますように。
Commented by 近藤光則 at 2012-05-09 16:46 x
お陰で様で、6日は大盛況で無事終わりました。多くの方が興味をもたれ約70名の方にharunoさんの漫画をお渡しする事が出来ました。これからも災害時に役に立つロケットストーブの普及に取り組んで行きます。ご協力ありがとうございました。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-09 19:42
>近藤光則さま
お天気は大丈夫だったかしら
と気がかりでした。
大盛況とのことで、ホッとしました。
災害時のためにカセットコンロを準備している家庭が多いですが
ガスボンベが切れたら、新しいのを買いに行くことも出来ないでしょうし
ロケットストーブこそ役に立つと、多くの方に気づいて欲しいですよね。
お疲れさまでした。
こちらこそ、ありがとうございました。
Commented by ken at 2012-05-23 19:06 x
はじめまして、kenと申します。
突然ですが、私PTAの役員をやっておりまして、夏のキャンプのしおりに一斗缶ロケットストーブの作り方の漫画を載せさせて頂いてもいいでしょうか?
子供たちと親御さんとが火を扱う貴重なイベントなので、是非この機会にロケットストーブの良さを知ってもらいたいと思っております。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-23 20:08
>kenさん
はじめまして。
もちろん!どうぞお使いください。
2次使用に、全く制限はありませんので、どうぞ役立ててください。
そうそう、ロケットストーブは、山の子の別ページにも描きました「フライパンのパン焼き窯」とセットにすると
料理の幅も、活躍度もグンと上がりますので
キャンプの際、もしこういうことに興味のありそうな方がいらっしゃいましたら、どうそ教えてあげてください。
楽しいキャンプ、楽しいロケットストーブ体験となりますように!
Commented by 南魚沼市社会福祉協議会 at 2016-01-26 09:52 x
t-haruno-2様 
はじめまして。私は新潟県南魚沼市社会福祉協議会で防災担当しています本多博樹と申します。
一斗缶のロケットストーブの作り方を大変わかりやすい漫画で紹介されていて尚且つ2次使用もOKということでしたので、来年度予定している災害ボランティアセンター設置訓練の席で資料を参加者に配布させて頂きたいと思っております。マンガでわかりやすく災害時にとても役に立つと考えています。
ぜひこれからも宜しくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2016-01-26 16:29
>南魚沼市社会福祉協議会さま
はじめまして。
どうぞ、どうぞ。
どんどんお使いください。
こういう工作を、難しそうと感じている人が、漫画を読んで、自分も作れそう♪
と思ってくれたらと願っています。
お役に立てたら、とても嬉しいです。


<< その34 <untitled>      その33 <シイタケへの道 4> >>