2011年 07月 19日

その34 <untitled>

a0119520_15315623.jpg


a0119520_15321095.jpg


a0119520_14183773.jpg


a0119520_1532521.jpg




a0119520_1533490.jpg

                                       つづく





a0119520_19294056.jpg

20年ほど前、
ほんの一時期でしたが、原発反対の署名を集めていたことがありました。
友人の知り合いに頼まれたのだったか
どういういきさつで協力することになったのか、今となっては思い出せないのですが
郵便で署名用紙が送られてくるたびに、
自分の知人に協力してもらって、反対署名を集めていました。

・・・・・・・しかし、それは、ごく短期間で終わります。

署名用紙が、2週間に1度くらいと、たいへんにひんぱんに送られてきて
知人に署名の協力を頼むのに疲れてしまったからです。
活動をされていた方達は、
色んな所へ署名を送るべく、熱心に郵送していたわけですが、
情けないことに私がついて行けませんでした・・・・・。

それともうひとつ。

これは、いくら署名を集めても原発を推し進めたい政府や権力者は、まったく動かないのではないか
と、うっすらと感じたこと。
色んな原発反対団体から持ち込まれる、大量の反対署名の束を前にしても
形だけは慇懃無礼に受け取りながら
彼らは、それをまったく無視し続けるのではないか
と感じてしまったこと。
国は、もう原発推進で行くと決まっており、それによって恩恵を受ける権力者が多々おり、
権力を持たない市民がどう動いたところで、何ひとつ変えることは出来ないのではないか
と。

これが、反対署名を集められなくなったもうひとつの原因でした。





署名を集めるのを止めてしまって以降は、原発について考えたくないのが本音で
原発に関することからは目をそらし続けてきた私です。

大手全国新聞に、「原発は安全でクリーンなエネルギー」という大々的な広告が載るようになっても
「・・・・・もういいや・・・・・」
とただただ投げやりでした。
思考を停止してしまっていました。





・・・・・そうしていると、人間、どんどんどんどん鈍感になって行くものですね。

政府が進めるオール電化の生活が、次第に安全なものに思えて来る。

結果、
私の両親や夫の両親が、台所の調理器具をガスからIHクッキングヒーターに変えた時
私は、ホッとしていたのです。
「これで安心」
なんて。

それどころか、
昨年(2010年)、
ものすごい酷暑に苦しめられた夏、
ガス調理器の火で蒸し風呂のようになる台所のあまりの暑さに、
夫ともども
「いっそ、IH調理器に変えようか」
などと話し合ってしまった。
エアコンを使わない以上、調理の際の熱が少しでも少ない方が楽。
ガスより電気の方がマシなんじゃないか?
と考えたわけですが
今となっては、自分達のどこかが狂っていたとしか思えません。
「いったい我々は何を考えていたんだろうか・・・・・?」
と、夫と顔を見合わせるばかりの最近です・・・・・。





私が原発の問題から目をそらし続けて来た結果が、今のこの国です。

今や54基の原発を抱え
それらの維持管理だけでも膨大なお金がかかり、
また、廃炉にするにも、巨額な費用と長い長い時間を必要とする。
そして、いったん事故が起これば、その被害の大きさは・・・・・。

こんなものを、次の世代に残してしまった。

国の借金を次世代に押し付けるのは、ひどいことですが
原発はそれの比ではありません。





大きな権力が、市民の声を無視し続けると、市民の方で声をあげる気力を無くす。

今回、私が骨身にしみたことです。

気力を無くしてはいけない。
細々とでも、声をあげ続けなければ
と今は思います。





     このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
     無断での転載、転用は、ご遠慮願います。
     リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-07-19 15:46 | Comments(8)
Commented by kids-the-me at 2011-07-19 23:29 x
こんにちわ
家を建てる時にキッチンは迷わずガスにしました。
オール電化にするとローンの金利が安くなり、
月々の費用も安くなることはわかっていましたが
せっかく一生懸命に育った命をいただくのなら
絶対美味しく頂くために火で料理したいと思って。

ためることのできない電気を夜に使うというのは良いと思いますが
1つの方向にだけ突き進むのは何かあった時に恐いですね。
ただいくら井戸とは言え、太陽でお湯を沸かすとは言え、
電気がなくなってしまったらないのと同じになってしまいます。
もう少しゆっくりどう次に進むか考えてみようと思います。

原発反対署名は私も昔からお願いがあればしていました。
ただ良くないとわかっていても、なくしてどうするのか考えないと
なくすことはできないと今でも思っています。
学生の時は微生物を使ってメタンガスを作る研究をしたりと
エネルギーについて考えるのはもともと好きなのですが
今も何が一番いい方法なのかわかりません。
まずは自分の暮らしから考えようと思います。

Commented by tanntannko1 at 2011-07-20 14:54
私は、昨年家を建てたのですが、ガスにしました。
今時ガスにする人なんていないですよ。
そういって営業さんや色々な方にいわれ、義父母にも責められましたが、それだけは、絶対に譲れなかった。

オール電化便利に聞こえますが、すべて電気にしていいのか?
(電気がとまったときに料理できない)電磁波は?
など疑問におもうことが多くて。 
一番はパンをガスオーブンで焼きたいというのが本音だったり
するのですがね。

今の世の中は便利になりすぎて、電気を使いすぎてるんですよね。

いつかは、原発がなくなって、暮らしの不安がない日がくることを願っています。将来を担う子供達の為にも・・・。
Commented by kuroo at 2011-07-21 07:18 x
harunoさん こんにちは

すっかりご無沙汰してしまいました。

一ヶ月半のテント生活をして、暮らしのエネルギーについて考え直しています。
必要最低限の生活なので、電気を使うのは40Wの蛍光灯一つ、ラジオ、パソコン充電、携帯充電、デジカメ充電だけです。
エアコンも、冷蔵庫も、テレビも、洗濯機もありません。暮らすには充分です。
食事はカセットコンロで全て作ります。

けっこう暮らせるもんです。慣れれば、多くの家電は必要ないと分かります。

あと一ヶ月半、8月末まで暮らしてから、いろいろ考えをまとめたいと思います。
Commented by t-haruno-2 at 2011-07-21 19:23
>kids-the-meさん
こんばんは。
うわぁ、そうなんですか。
オール電化にすると、ローンの金利が安くなる?
それは知りませんでした。ううん、本当に「国策」を感じますねぇ。

代替エネルギーは、おっしゃるとおり、
原発が無くても絶対に大丈夫
と思えるものが出てこないと、今の「脱原発」ムードはフェイドアウトしてしまうかもしれませんね。
強力な代替エネルギーが無かったせいで、「いやだなぁ」と多くの人が思いつつも
ここまで原発は推進されてしまったし、
代替エネルギーの開発も、優遇されなかったり・・・・・。
でも、今こそ、世間にアピールして予算を確保して
実用化にむけての研究が、大きく進むチャンスと信じたいです。

kids-the-meさんのご家庭での実践と実験。
これからブログで拝見していくのが楽しみです。
Commented by t-haruno-2 at 2011-07-21 19:31
>tanntannko1さん
今どきガスにする人なんていない
・・・・・って
ひえ~~~~~!そこまで言われるんですか?????
そこまで強気だったんだ、電力会社と家電メーカー。
いやでも、九州電力のやさせメール事件を見てれば、わかりますね・・・・・。
国がバックについてると、なんだってOKなんだと。

自分の家は、極力家電製品を増やさないようにしているので
実家や親戚の家に行くと
電気ポットとか食器洗い機とか、やたらと家電製品が多くあるように見えて
「ホンマに、それいるの?」
とイライラすることが多いのですが
灯台もと暗し、で、自分の家の中にも、自分では「当たり前だ」と思っている
余計な家電があるのかもしれません。
便利すぎてないか
ホント、もっともっと良く自分をふりかえって考えてみないと
と思っています。
Commented by t-haruno-2 at 2011-07-21 19:42
>kurooさん
こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰してしまいました。
時々、ブログをのぞかせていただいているのですが、
コメントが出来ません。
「それらしいこと」を、安易に書きたくないし、とてもじゃないけれど書けないし・・・・・
で、ただただ読んでいるばかりです。ごめんなさい。

本当に生活に必要なものって何?
と、震災以降、原発事故以降
たくさんの人が考えていると思うのですが
kurooさんは、すごくリアルにそれを感じてらっしゃるでしょうね。
パソコンやってていいのか?CD聴いてていいのか?ただのぜいたくなんじゃないのか?
とか最近、考えます。
自分では電気代をかなり抑えているつもりでも
客観的に見たら、ぬるいのかもな、とか。
これだけのことが起こってしまった今、考え、悩まないわけにはいきませんね。
Commented by いちしんふたば at 2011-07-24 05:25 x
おはようございます。
震災直後の報道規制的な
メディアのおかしな雰囲気、
気持ちが悪いとしか言いようがありませんでした。
楽しいはずの野山や茶畑にセシウムなど放射性物質を
撒き散らしてくれたおかげで幸福感がかなり下がってしまった。
そんな電気はクリーンなエネルギーから程遠いと思うのですが
原発でなきゃ製造業は国外に出てゆくという。

広告費を出した人がメディアを自由に操れる。
情報は欲しいけど見る価値があるのか?
と思う今日この頃です。
もっとも、
テレビの地デジ化、エコカー、エコポイントと
国民に3Cを買い換えさせて当時の景気を
半強制的に取り戻させる思惑か知りませんが
私にはおいそれと3Cを買い換える余裕もなく
自宅にTVはありません。

Commented by t-haruno-2 at 2011-07-24 16:25
>いちしんふたばさん
こんにちは。
戦時中の報道って、こういう感じだったのだろうか・・・・・
と想像せずにはおれないほど
不自然な空気が漂っていた震災の直後でしたね。
戦時中と違って
マスではない所から情報を得られる分、私たちは救われているのでしょうか。
しかし、マスメディアも、さすがに原発擁護がしにくくなっているらしくて
これまでなら握りつぶされていたような記事が、全国新聞誌や雑誌に載りはじめていますね。
それもコントロールされているのかもしれませんが
書けるうちに書いて、多くの情報を残しておいてもらいたいものです。
おろかだったこの時代を
せめて後から、学べるように。

3C。
この国の政府が、どの業種を一番守りたいか、
よ~~~~~くわかった、エコカー、エコポイント、地デジでしたね。


<< その35 <橙のピール>      特別編 <一斗缶でロケットスト... >>