2011年 11月 15日

特別編<ペール缶のロケットストーブで東北を応援しよう!>

a0119520_1643840.jpg


a0119520_14352211.jpg


a0119520_141776.jpg


a0119520_15415796.jpg


a0119520_15171565.jpg


a0119520_1528353.jpg


     皆さまのあたたかいご協力のおかげで、たくさんのペール缶が集まりました。
    本当に、ありがとうございます。
    2012年2月17日現在、ペール缶の募集は休止しております。
    関心を持ち、一緒に東北を思ってくださった皆さま、
    本当にありがとうございました。

    なお、ストーブの製作資金や、送料へのご協力をお願いする
    「ノブヒェン募金プロジェクト」は、現在も継続中です。
    詳しくは、このページの後半をご覧ください。






a0119520_14484558.jpg

ペール缶が無いのなら、手作りのロケットストーブなのだし別の素材で代用すればいいのでは?
と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
でも、
このペール缶のロケットストーブは、岡野さんや、被災地でこれを被災された方々に届けてくださっている方が
徐々に改良を重ね
これが安全で、かつ使い勝手の良い、今現在のベストの形だ
というところまで作り上げていったものなのです。
たまにキャンプへ行って直火料理を楽しむ・・・・・というのではなく
被災された方々は、日常的にこのロケットストーブで、3食、調理をされるわけですから
安全に手早く調理ができる
ということは、とても大切なこと。
そして、
その大切なことを守るために、今、ペール缶が必要なのです。
a0119520_14494181.jpg

これを読まれた方にお願いいたします。

空のペール缶集めに、どうかご協力ください。

ペール缶を見つけて前述の送り先に送ってくだされば、本当にありがたいですし
また、
ペール缶集めのことを誰かに伝え、広めてくだされば、とてもとても助かります。

この<ペール缶のロケットストーブで東北を応援しよう!>ページ上の漫画、写真、文章については
このままの形で転載、転用いただけるのであれば、
そして、ペール缶集めのためにお使いいただけるのであれば、
ご自由に使っていただいて、かまいません。
リンクもフリーです。





a0119520_14501640.jpg

ペール缶のロケットストーブの製作状況については
発案者であり製作者である岡野さんのブログ<焚き火小屋の備忘録>に詳しく書かれています。

ペール缶のロケットストーブを、南三陸町を中心に、被災された方々に直接届けてくださっているのは
ひーさん。
届けられ、役立っている様子は、ひーさんのブログ<今日は今日の風に吹かれて>に、こちらも詳しく報告されています。

このロケットストーブを送る「ノブヒェン募金プロジェクト」の実務を担当して下さっているのはhanaさん。
プロジェクトでは、空ペール缶だけではなく
煙突など材料の購入費用や、ロケットストーブの輸送費用の寄付も募っています。
寄付の送金先は、こちらです。↓
     
     <郵便局>

     記号 15350  番号 6652291

     口座名 ノブヒェンボキンプロジェクト

     
     <ゆうちょ銀行>

     店名 五三八  店番 538

     普通 0665229

     口座名 ノブヒェンボキンプロジェクト


     <山陰合同銀行>

     出雲支店  普通 4082923

     ノブヒェン募金プロジェクト  岡野正美


会計報告は、hanaさんのブログ<花一輪のシアワセ>に詳しく書かれていますので、ぜひご覧ください。

また、ロケットストーブがどういうものであるかについては、
この「山の子」の中の
<瓦のキッチンストーブ> <一斗缶のロケットストーブ>のページを、お読みください。

a0119520_14505858.jpg






     <ペール缶のロケットストーブで東北を応援しよう!>ページ上の漫画、写真、文章について、
     無断での転載、転用はご遠慮願います。
     なお、リンクはフリーです。






     
[PR]

by t-haruno-2 | 2011-11-15 15:03 | ペール缶のロケットストーブ | Comments(47)
Commented by honeyfire at 2011-11-16 00:30
こういう風に漫画にまとめるのって色々手間が大層かかって、
難しいだろうと察しますが、いつもとっても分かり易くて
最善のインフォメーションを得ることができます。
どうもありがとうございます。

このページにリンクをはらせていただきました。
Commented by NAGUMO at 2011-11-16 13:22 x
ペール缶、奄美のガソリンスタンドにあたってみます!
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-16 14:25
>honeyfireさん
ありがとうございます。とてもとても助かります。
暖かなメッセージ入りのペール缶が、たくさん集まることを、一緒に祈りましょう。
私の手間なんて・・・・・
ただ、いつも実物を見たことが無いまま写真を頼りに描いているので、
「ホントにこの絵であってるの?人に伝わるのかしら・・・・・?」
と、とっても心配です。
分かり易いと言っていただき、励まされました。ありがとうございました。
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-16 14:28
>NAGUMOさん
わぁ!
奄美からメッセージ入りの缶が届いたら
どんなに素敵でしょう。
被災地の方にも、きっときっと喜んでいただけます。
お気持ち、本当に嬉しい。ありがとうございます。
Commented by himawari at 2011-11-17 01:51 x
ブログ廻りでこちらにたどり着き、バックナンバーを読みました。
いくつかの車検場、ガソリンスタンドにメールにて缶の依頼をしましたので
もしかしたら問い合わせがそちらにあるかもしれません。
よろしくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-17 14:31
>himawariさん
はじめまして。
ありがとうございます。
ガスコンロや石油ストーブに頼らないでも3食、暖かい手料理が作れるこのペール缶ロケットストーブ。
そして、ストーブによって出来る人の輪。
これらへの理解が、少しずつでも広がっていくことを
願っています。
ありがとうございました。
Commented by K田 at 2011-11-19 16:42 x
いつも楽しみに読ませていただいています。
瓦のロケットストーブは私も作ってみました!高知県も南海大震災を控えて防災意識が高まっています。
ペール缶は私も絶賛声掛け中ですが、その中のひとりが素晴らしい対応をしてくれました。なんとペール缶140缶を自ら島根へ届けてくれるそうです!オリジナルステッカーを作って募金活動もしている柴田さんです。「山瀬山小屋2号奮闘記と野良生物記」というブログで支援活動などの報告をされてます。先日イベントで、一緒にチャリティしました。
あまりにうれしかったので、ご紹介したくて。
私もがんばりますね!!
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-20 15:08
>K田さん
はじめまして。
あなたでしたか。柴田さんという方に、この話をお伝えくださったのは!
柴田さんのことは、早速、岡野さんから電話で連絡がありました。
このプロジェクトを深く理解してくださる
素晴らしく話の通じる方から、ペール缶の提供のお申し出があった
と。
その柴田さんに、どういう方が「山の子」のことを伝えてくださったのか
とても気になっていました。
コメントをくださり、こうしてお話でき、
とても嬉しく思います。
そして、本当にありがとうございました!
御礼も、申し上げたかったのです。

「山瀬山小屋2号奮闘記と野良生物記」、拝見しました。
素晴らしい活動をされていますね。
あのちびっ子達が、東北へ暖かいメッセージを送ってくれるのかな?
と思うと、胸が熱くなります。
本当に嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ホントに、ホントに、ありがとうございます。
Commented by k田 at 2011-11-21 12:24 x
いえ、私は伝えただけなので、お礼を言っていただくと逆に恐縮します。
お気遣いありがとうございます。
でもこうやって輪が拡がっていく、心が温かくなりますね。

コメント書いたら・・って伝えたんだけど照れ屋さんなので書くかな、と思い経過をご説明しますと
この記事を読んで声掛けしたら、それから速攻で、怒濤の勢いで140缶集めたと写真付きのメールが。1日くらいでしたよ、かかった時間。
陸送頼んだらどえらい金額になったので、レンタトラックで島根へ運ぶと。電話で話した岡野さんはとても心根の熱い人だった、ということでした。
今頃、ペール缶洗ってるんじゃないかな(笑)

丸亀には叔母が、高松には尊敬する人がおり、私の生まれは坂出です。
讃岐弁、とても懐かしく、心に染みいるように、読ませていただいています。地域振興については、私もいくつか手がけていることがあります。
いつかそんなお話ができるといいですね(*^_^*)
これからもよろしくお願い申し上げます。
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-21 19:48
>K田さん
いいえ。とんでもない。
伝えてくださることから、すべてがはじまります。
私も、岡野さんのやっていることを漫画で伝えているだけですが
誰かにむけて伝える役割も大事かな、と思い、やっています。
結果、こうして少しずつ輪が広がり
本当に、おっしゃるとおり暖かいものが心に満ちますね。

それにしても、機動力のある方。柴田さん。
急に寒くなって来たので、大量のペール缶を洗うのもきっと大変では
と思います。
とてもとてもありがたいです。
手があかぎれにならないと良いのですが・・・・・。
きっと岡野さんと会えば、熱く熱く語り合える方でしょうね。
ペール缶が届く日が楽しみですね。

ところで、香川県出身の方でしたか。
本当ですね。
いつか、色々お話できたら素晴らしいです!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by mihohakamata at 2011-11-21 23:59
皆さんの行動力に感激です。
輪もすばらしいですね。
こういう精神が世界に広まるようお祈りしています。
Commented by njs2005 at 2011-11-22 14:16
はじめまして福岡の柴田です!
別にシャイボーイやないですよ(笑)
K田さんから、メール連絡もらってからの流れがたまたま色々なタイミングが合い今晩出雲に向けて出発出来るようになりました。
仕事終わったら残りの缶をピッカピカにして出発します。

被災者の方々の役立てるなら、なんち事はなかですよ!

なんの被害も無かった俺ら西日本組少しでも やれる事があればやらせてもらいます。
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-22 19:38
>mihohakamataさん
本当に、こんな風につながってペール缶が島根まで届くことになるなんて・・・・・。
お会いしたことが無くても
お互いに力を貸し合えることって
あるものなのですね。
キュートなペール缶が届くようです。
キュートなロケットストーブが、被災地の冬を暖めてくれますように!

Commented by t-haruno-2 at 2011-11-22 19:43
>njs2005さん
柴田さん。はじめまして!
素早い動きに、岡野さんも私も大感激しています。
しかも、
K田さんから写真を転送していただきましたが
なんてキュートなペール缶。
さらにさらに
スタンドのお兄さん達も、ペール缶洗いを手伝ってくださっているのですね?
もう胸がいっぱいですよ。
本当にありがとうございます。

深夜の運転になりますね。
どうぞ気をつけて。
そして、九州に戻られましたら、ガソリンスタンドのお兄さん達に
本当にありがとうございました
と、どうかお伝えください。本当に、嬉しいです。
Commented by hee3hee3 at 2011-11-22 19:59
柴田さん、K田さん、harunoさん
ありがとうございます!
そのペール缶で出来たロケットストーブを被災地に届けるのが、とっても楽しみです。
Commented by k田 at 2011-11-23 03:20 x

2:24に「出雲着いた〜」ってメールがありました。
添付の写真には、トラックに乗せられたキュートなペール缶いっぱい

制作大変でしょうが、どうぞよろしくお願いします
温かなかわいいストーブになって、みなさんに暖かい火が届きますように

>hee3hee3さん

ご苦労様です、寒くなりますので、どうぞお体には気をつけられて・・・


Commented by t-haruno-2 at 2011-11-23 15:29
>hee3hee3さん
ENEOSのペール缶もキュートですが
今度運んでくださったAPOLLOILの缶もラブリ~~~~~ですよぅ。
可愛らしいロケットストーブが、たくさん出来そうですね。
梱包を開けた時の、皆さんの笑顔が楽しみです。
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-23 15:32
>K田さん
深夜の運転、
そして、また帰らなきゃならないわけですから、本当に大変ですよね。
ただただ感謝です。
岡野さんがAPOLLOILの缶を見て
クリスマスケーキの箱みたいだ
と喜んでおられましたよ。
きっと、とっても可愛らしいロケットストーブが被災地にいっぱい届くことでしょう。
本当にありがとうございました。
感謝いたします。
Commented by njs2005 at 2011-11-23 22:11
t-haruno-2さん、 hee3hee3 さん、K田さん、柴田です。
我々、無事レンタカー制限時間内に福岡へ帰還できました(笑)
往復1000kmのバタバタの旅でしたが、このプロジェクトに少しでも関われて良かったです!
広がる繋がりにワクワクしとります。


Commented by t-haruno-2 at 2011-11-24 16:25
>njs2005さん
長距離の運転、大変でしたでしょうね。
本当にありがとうございました。
↑にも書きましたが、ご協力くださったガソリンスタンドのお兄さん達にも、
どうか「ありがとうございました」とお伝えください。
K田さんが、缶を洗っているお兄さん達の写真を
転送してくださったのです。
ロケットストーブ1個の後ろには、こうやってたくさんの人が色んな形で関わって、これを支えてるんだな
ということが、とてもよくわかる良い写真だと思いました。
それで思ったのですが、
あの写真、hee3hee3さんがロケットストーブを現地に届ける際
プリントアウトして一緒に持って行ってもらって、仮設住宅のみなさんに見ていただいたらどうでしょうか?
メッセージと同じくらい、応援になると思うのですが。
ホント、良いショットですから。
いかがでしょうか・・・・・?
Commented by njs2005 at 2011-11-25 10:24
全く問題無いっすよ。
今回のペール缶運びの旅にかかったレンタカーや高速代等を
我々の活動の「TSUNAMI募金2」より使用する為に 何をして何に使うを理解してもらう為、とりあえず山瀬山小屋奮闘記にて経緯を報告してます。
TSUNAMI募金2赤いステッカーの方にもアップします。写真色々載せてるんで、自由にダウンロードしてもらってもよかですし、転送先知らせてもらえれば、元jpg画像を添付送信しますバイ!
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-25 13:07
>njs2005さん
ありがとうございます。
さっそくhee3hee3さんに相談してみます。
柴田さんのブログにもうかがいますね。
Commented by nonisaku-hana at 2011-11-26 01:52
はるのさん、今回も丁寧にわかりやすく描いていただき、ありがとうございます。
何度もはるのさんと皆さまのやりとりを読み返し、胸が熱くなります。
はるのさんの必死の願いが込められた第1作から、今日までの展開を思えば・・夢のようです。
またまた素晴らしい出会いにつなげてくださって本当にありがとうございます!

K田さん、柴田さん、そしてお仲間の皆さま、
大量のペール缶を洗っていただき、遠路はるばる焚き火小屋までお届けいただき、
大変なご尽力に感謝!感激!です。心よりお礼を申し上げます。

焚き火小屋では早速作業が進められ、ペール缶の山がロケットストーブに姿を変えつつあります。
“ A Small Thing We Can Do For The Victim of TUNAMI”
わたしたちに出来るささやかこと・・まさに、同じ思いですね。
こちらからも「TSUNAMI募金2」を応援させてください。
素敵なご縁に感謝して。
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-27 16:18
>nonisaku-hanaさん
毎日焚き火小屋に通われて、作業されているのでしょう?
こちらこそ、ありがとうございます。
1個のロケットストーブの後ろには、
本当にたくさんの人が、色んな形で関わって支えてるのですよね。
オノ・ヨーコが
「私達は、水に小石を投げる人だ」
ってなことを言ってました。
小さな石を投げて、小さなさざなみしか立てられないけど
みんなで小石を投げ続けようって。
この言葉をクサいと感じる人もたくさんいるのだろうけど
やっぱり投げなきゃって思います。
時々力の無さに打ちのめされますが
でも、時々、こうして「良いなぁ。人間」と思えることもある。
キュートなペール缶。夢のようですよね。
Commented by nonisaku-hana at 2011-11-28 00:58
はるのさん、hanaが働き者だと誤解されてはいけませんのでお邪魔します。
>毎日焚き火小屋に通われて、作業されているのでしょう?
いえいえ、土日以外は出来るだけノブヒェンをもらいに通っていますが、
作業には向かないたちで・・。(笑)
良く言えば、管理人さんの神聖な領分に手出しをしない分別があるかも?
夕方、管理人さんとコミュニケーションを図るひとときは、
事務連絡に加えheeさんの動きやプロジェクトの状況を確実に把握できますし、
管理人さんの熱さにいつも触れていられることは、本当に幸いです。

>時々力の無さに打ちのめされますが
この間、「私達は微力であって無力ではない、だから力を合わせるんだ」って話を聞きましたよ。
はるのさんの漫画は、とても大きな力を持っているのですよ~!
伝わる人には、必ず伝わっているじゃないですか。
夢のような現実に、次なる希望もわいてきました。
さ、明日も小石を投げに・・いやいや、ノブヒェンをお届けに行きますね。
はるのさん、いつも本当にありがとうございます!
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-28 19:51
>nonisaku-hanaさん
毎日、仕事帰りに通われるのも
ノブヒェンを持ってプロジェクトの説明を続けてらっしゃるのも
やっぱりすごいことですよ。
ストーブを被災地に送るために
色んな人が色んな働きをして、それがジグソーパズルのように組み合わさって
ことが動いていくのが面白い・・・・・と言ったら語弊があるでしょうか、
でもやっぱり面白い、良いなと感じます。
そうですね。
力を合わせて、ゆっくりと、確実に、大きなものを動かして行きましょう。
Commented by k田 at 2011-11-29 09:59 x

ペール缶、30〜40缶ほど集まりそうです。
まだモノを見てないのですが、現在「オイル切り中」だとか
これもまた友人の奔走で・・・(笑)

またご紹介します。彼もまた男気のある人で・・・
いい人に恵まれてるなあ私・・・
こういう活動を通じて、改めて気づかされること多いです。
感謝です。

友)「これどうやって洗うの!?」
私)「・・・・・えーと、聞いとく」
状態ですが、なんとかなるだろうー!

友達いわく(ペール缶を見て)
「これええわー、これ送っちゃったら被災地の人にはええやろねー」

なんかうれしかった。

がんばりまーす
Commented by t-haruno-2 at 2011-11-29 19:24
>K田さん
もう、なんと感謝してよいやら。
素晴らしいお友達がいっぱいですね。
ホントです。恵まれてます。これ以上必要なものがあるでしょうか。なんて豊かな人生!

写真を拝見しましたが
カッコイイペール缶ですね。
超ク~~~~~ル♪
ありがとうございます。
お友達にも、感謝いたしております。
どうぞよろしくお伝えくださいね。
Commented by kids-the-me at 2011-12-01 22:56 x
はるのさん こんばんわ。
ブログに山の子のリンクと転載させていただきました。
これから近くのスタンドとかあたってペール缶を探します。
少しでも協力できたらと思います。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-02 20:23
>kids-the-meさん
ありがとうございます。
またまた新たに、「ロケットストーブが欲しい」との希望が
15台ほど寄せられているそうで
まだまだペール缶は必要です。
本当にありがとうございます。
感謝いたします!
Commented by kids-the-me at 2011-12-02 21:04 x
まだペール缶が手元にはないのですが、
車の修理工場をしている友達が
オイルのメーカーに聞いてくれてます。

ところでペール缶ってどうやって洗うのが
良いかご存じだったら教えてください。
よろしくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-02 21:46
>kids-the-meさん
ありがとうございます。

他の方がされていた洗い方を、ここに書き写しますね。

① まず、缶に残っている油を切る。
② 缶に洗剤水を溜めて油を浮かせる。
③ 洗剤水を流して、全体をごしごし洗う。
④ からぶき。

だそうです。
お手数をおかけしてしまいますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

それから、
ストーブを受け取る被災地の方のことを考え、
へこみやサビのある缶は、避けたいとのことです。
色々なお願いをして、本当に申し訳ありません。
どうか、どうか、よろしくお願いいたします。
Commented at 2012-02-13 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by t-haruno-2 at 2012-02-14 12:30
>23:04の鍵コメさま
はじめまして。
50缶!もしかしたら100缶ですか!?
すごい。
ご協力、ありがとうございます。
ロケットストーブの製作者の岡野さんに、製作状況、進行状況を問い合わせてみますね。
ただ、
50缶~100缶を綺麗に洗っていただき、島根に送っていただくとなると
かなりの負担を鍵コメさまにおかけしてしまうことになってしまうのですが
・・・・・・かまわないのでしょうか?
Commented by KOKO at 2012-02-14 21:46 x
50缶ぐらいくれそうなところを見つけました。まだ必用ならご連絡ください。倉敷からです。
Commented by t-haruno-2 at 2012-02-14 23:11
>KOKOさん
ありがとうございます。
岡野さんに確認します。
このコメント欄にて、ご連絡させていただきますね。
ご好意、本当に嬉しいです。
Commented by t-haruno-2 at 2012-02-17 10:48
>KOKOさん
お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。

確認しましたところ、
KOKOさんをはじめ、多くの方が善意を寄せてくださったおかげで
今、注文を受けている分のロケットストーブを作るペール缶は
ストックが出来ているそうなのです。
ただ、
この支援はとても長期戦になりそうですので
もし可能であれば、5月頃、お送りいただけたらとても助かりますとのことです。
まだ震災から、やっと一年足らず。
まだまだ長い支援が必要で、ロケットストーブは確実に現地の方の役に立っております。
ご協力、本当に感謝しております。
Commented by koko at 2012-02-18 17:39 x
了解しました。
必要になったら教えてください。
宜しくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2012-02-19 17:18
>KOKOさん
一緒に東北の被災地を思ってくださって、
本当に感謝いたしております。
ありがとうございます。
新たなペール缶が必要になりましたら
ぜひ、ご連絡させていただきます。

どのようにご連絡いたしましょうか。
4月か5月頃、このページのコメント欄にてご連絡させていただくか、
もしくは、鍵コメにてメールアドレスをお教えいただいて
ご連絡させていただくか。
KOKOさんのご都合の良い方にて、ご連絡させていただきます。
Commented at 2012-03-05 20:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by t-haruno-2 at 2012-03-07 08:37
>03-05 20:55の鍵コメさま
ありがとうございます。
アドレスもうけたまわりました。
今現在のところ、ペール缶に不足は無いそうなのですが、今後、必要となりましたら
是非ご連絡させていただきます。
ただ、来月より生活環境がお変わりになるとのこと。お忙しくお疲れになることも多いことと思います。
ですから、どうぞ、無理の無い範囲でご協力くださいね。
無理をせず、たくさんの人間が、出来ることに少しずつ力を貸しながらここまで続いて来た支援活動です。
鍵コメさまも、どうか決して無理はなさならいでくださいね。
それから
お友達のブログの件ですが、
こういう活動が続いているということを、多くの方に知っていただけるのは、とてもありがたいことです。
紹介していただいて、かまいません。
ただ、「山の子」のこのページにも書き加えましたが、
ペール缶の募集は、今現在は休止中ですので
そのことは、どうかお友達にもお伝えください。どうぞよろしくお願いいたします。
お心を寄せていただき、本当にありがとうございます。
Commented by t-haruno-2 at 2012-03-09 19:30
>kokoさん
3月7日付けでメールをお送りしたのですが、
届いておりますでしょうか??????
Commented at 2012-05-07 15:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-08 11:23
>2012-05-07 15:06 の鍵コメさま
はじめまして。
お申し出、本当にありがとうございます。
もしよろしければ、直接東北へ送るのではなく、いったん島根の焚き火小屋へお送りいただけないでしょうか?
と言いますのも
ペール缶ロケットストーブは、ストーブ単体で被災地に送っているのではなく
五徳と、フライパンのパン焼き窯との3点セットで東北の皆さんに届けております。
この3つが揃うことで、使い勝手良く生活に役立てていただけると考えているからです。
ですので、鍵コメさまのストーブもセットにして梱包し、お送りできたらと思うのです。

また、失礼を承知で正直にお話しますが
ストーブの出来上がりを実際に見せていただきたいという思いもあります。
どのようなストーブが現地で被災者の方々に手渡されるのか
実物を知らないまま、わたくし達の責任で配るわけにはいかないからです。

↓へ続きます。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-08 11:27
>2012-05-07 15:06 の鍵コメさま
続きです。

そういうわけで、
島根の焚き火小屋へストーブを送っていただけたら
と思うのです。
中身のパーライトは必要ありません。ストーブだけをお送りください。
送り先は、↑の漫画の中に書いてある住所のとおりです。
電話番号も書いてありますので、
もし、何か疑問点がありましたら、ペール缶のロケットストーブの製作者である岡野さんと
お話してみてください。

東北の皆さんを応援したいというお気持ち
本当にありがとうございます。
Commented by kids-the-me at 2012-08-18 21:19 x
こんにちわ。
今日、岡野さんに連絡して少しだけペール缶を送りました。
家族で不幸事が続いていて何だかバタバタしてました。

九州の豪雨だったり天災が多くなりましたね。
地球が怒っているのですかね。頑張ろうっと。
Commented by t-haruno-2 at 2012-08-19 15:15
>kids-the-meさん
こんにちは。
ご自身が大変な中、被災地を応援することをずっと心に持っていてくださったことに
感謝しています。
本当にありがとうございました。
ロケットストーブは、南三陸町に、きっと根付いていくと思います。

極端な豪雨に、酷暑。
まだまだ暑さは続きそうですね。どうぞご自愛くださいね。


<< 特別編<手作りのクッキーを東北...      その37 <パイを分けあう?> >>