2011年 12月 06日

特別編<手作りのクッキーを東北に届けよう!>

初めてお読みの方は、まず<ペール缶のロケットストーブで東北を応援しよう!>をお読みください。

a0119520_16361746.jpg


a0119520_16363542.jpg


a0119520_16364914.jpg


a0119520_1049158.jpg


a0119520_16371475.jpg

      皆さまのあたたかいご協力のおかげで、たくさんのお菓子が東北に届きました。
     本当に、ありがとうございました。
     2012年2月17日現在、お菓子の募集は休止しております。
     一緒に東北を思ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。

     なお、ストーブの製作資金や、送料へのご協力をお願いする
     「ノブヒェン募金プロジェクト」は、現在も継続中です。
     詳しくは<ペール缶のロケットストーブで東北を応援しよう!>のページをご覧ください。






九州のnjs2005さんが、可愛らしいデザインのペール缶を大量に焚き火小屋に届けてくださいました。
おかげで、こんなにポップでキュートなロケットストーブが、たくさん出来上がっています!

a0119520_16412969.jpg


おりしもシーズンにぴったりのクリスマスカラーだなぁ
と言うことで
このストーブの中にお菓子を入れて送ったら、楽しいクリスマスプレゼントになるのではないかな?
と、
ストーブを製作しているnature21-plusさんが思いつかれました。

とは言え、ロケットストーブは何十台もあるのです。
全部に入れるお菓子を、一人や二人で焼いていたのでは、大変な時間がかかってしまいます。いつ焼きあがることか・・・・・。

そこで、
お菓子作りが得意な方に、一袋ずつでもいいから協力していただけたら・・・・・
と考えました。
たくさんの方に、少しずつ力を貸していただければ
何十台ものお菓子入りロケットストーブが被災地に届けられます。

クリスマスが終わっても、お菓子をプレゼントしたいシーズンは続きます。
お正月、バレンタインデー、卒業式に入学式。

どうか、皆さんの力を貸してください。

恥ずかしながらわたくし高橋はるのは、お菓子が焼けません。
生まれてこのかた、お菓子を焼いたことが無いのです。ホンマですよ。
小学生の頃、ホットケーキミックスでホットケーキを焼いた
あれを
「お菓子を焼いた」
とカウントしても許されるのなら、焼いたことがあるんですが。

そういうわけで、私には、このプロジェクトに協力する力がありません。
お菓子作りが得意な皆さん、
ぜひ、ぜひ、
どうか力をお貸しください。
お菓子作りが得意なお友達をお持ちの皆さん、ぜひ、お友達にお声をかけてください。
みんなで、色んな形で、長く長ーーーーーく被災地を応援して行きましょう。



  <クッキーやビスケットの送り先>

     〒693-0101
  
     島根県出雲市上島町1959

     しまね自然の学校 内
     「ノブヒェン募金プロジェクト」 宛

     ℡ 090-4570-3856






     この<手作りのクッキーを東北に届けよう!>のページ上の漫画、写真、文章について
     無断での転載、転用はご遠慮願います。
     なお、リンクは、フリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-12-06 17:07 | 手作りのクッキーで東北を応援 | Comments(20)
Commented by k田 at 2011-12-06 17:53 x

こんにちは。
えーと、質問なのですが
私も手作りクッキーとか日持ちする焼き菓子とか(柔らかいものがいいですかねやっぱり?)作るつもりで考えていたのですが

例えば私の地域は高知県四万十市で、ここでは日本で最高品質の「あおさのり」が有名です。
他にも四万十川の川エビとか・・・
これらは当然お菓子の材料にもなっていて、「あおさ煎餅」「かわえび煎餅」とかあるんですよ。(堅くないです)

そういう地域の特色あるお菓子を少しずつ詰め合わせて
「四万十市からご無事を祈っています」とかのメッセージを入れたら、
もらった人は知らない土地のことを知れて、そしてそこからの応援メッセージももらえて、うれしくないかなあ−?とか、ふと思いました。

これならお菓子作れない人も参加できると思うのだけど、主旨から大きくはずれてるでしょうか?

地元のじいちゃんばあちゃん見てると、おせんべいとかおかきとか好きみたいで、でもさすがにこれはよう作りません(゜∀゜;)

てなことを思ったんですけど、どうでしょうか??
手作りオンリーでないと、だめですか??
Commented by k田 at 2011-12-06 17:56 x

連続投稿ごめんなさい
うーん、やっぱり「手作りであることの意味」は大きいなあ・・・と書いてから思いました。

この質問はちょっと主旨が違いましたね。スミマセン
がんばって作ることにします。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-06 20:02
>K田さん
こんばんは!
被災地のみなさんが笑顔になれることって何だろう?と色々考えてくださって、すごく嬉しいです。ありがとうございます。

ただ
K田さんも書いてらっしゃるとおり今回は「手作り」がポイントかなと思います。
ペール缶は見つけられないし
ロケットストーブを東北に運ぶことも自分には出来ないけど
お菓子なら焼けるぞ!
と、
その力を発揮できる人に、ぞんぶんに発揮していただけたら
と。
東北のことは気になるけど、自分に何ができるのかな?????
と悩んでらっしゃる方には
このプロジェクトを通して
被災地の支援には色んな形、色んな関わり方があり、必ず自分の出来ることがあるものだと気づいていただければ
とも思います。

K田さん、お菓子が焼けるんですね!いいなぁ!
どしどし焼いてくださいね!お願いいたします。
今回、私は見てるだけです。とほほほほーーーーー。
Commented by njs2005 at 2011-12-07 16:37
わ~ん(涙)赤いステッカーまだ送ってないんです~ごめんなさ~い!明日こそ送ります!

先程、クッキー第一弾島根に発射しました!
Commented by tanntannko1 at 2011-12-08 14:46
今すごく忙しい日々で仕事に追われていますが、
お仕事休みの時にクッキーつくりたいと思います。
クッキーなら負担にならないし。
私でも協力ができることがあってうれしいです。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-08 19:50
>njs2005さん
いえいえいえ。
とんでもない。
ゆっくりでかまわないのですよ。
どうか気になさらないでくださいね。生ものじゃないもの!

お菓子のご協力、本当にありがとうございます。
きっと皆さん、ホワンとした笑顔になってくださると思う。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-08 19:54
>tanntannko1さん
うわ~~~~~!ありがとうございます。
お気持ち、すっごく嬉しいです。
どうかどうか無理の無い範囲で、出来る時にご協力くださいね。
クリスマスの後も、お菓子を送り続けたいと思っていますから。
なので、
特に何かのイベントに合わせてじゃなくても
息子さんのおやつにクッキーを焼くとき、
少しだけ多めに焼いて
被災地に分けてくださったら、きっと被災地の皆さんも喜んでくださると思うのです。
どうぞよろしくお願いいたします。ホント、嬉しいです。
Commented by tanntannko1 at 2011-12-09 12:35
さっそくですが、今日お休みだったのでクッキーを焼いて
島根に郵送しました。家にあるもので作ったので、ケーキ屋さんの
ようなクッキーとまではいきませんが、3種類7袋くらいできました。
また焼きたいと思います。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-09 16:54
>tanntannko1さん
うわぁ、ありがとうございます!
大切なお休みの日を使って焼いてくださったクッキー、
最終走者のhee3hee3さんが、頑張って被災地のみなさんに手渡してくださいますから
待っててくださいね!
きっと東北に、笑顔の輪が広がります。
ホントに、ありがとうございます!
Commented by nonisaku-hana at 2011-12-10 00:11
はるのさん、皆さまの真心、ありがたいことですよね。
njs2005さん、7人の美女&お仲間の皆さま、ありがとうございます!
焚き火小屋に届いたクッキー、とても素敵にラッピングされて輝いていましたよ。
もーーーぉ、はるのさんに見せてあげたい!
tanntannko1さん、貴重なお休みの日にクッキーを3種類も焼いてくださって、ありがとうございます!
今日の出雲は、冷たいみぞれが降りました。
ロケストに張り付くように暖を取りながら、中継地点のわたしたちも笑顔になりましたよ。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-10 16:46
>nonisaku-hanaさん
本当ですよね。
こんなに手間のかかること
いとわずに協力してくださるお気持ちが、ものすごく嬉しいです。
お菓子を焼く方って、ラッピングも可愛くセンス良くされるから
きっと素敵なのがいっぱい届いているんでしょうね。
梱包を開けた時の
被災地の皆さんや、ひーさんの歓声が聞きたいですねぇ。

こちらも、昨日、山脈が初冠雪となりました。
出雲は、もっと寒いでしょうね。
風邪をひかないよう、気をつけてね。
Commented by sakko at 2011-12-10 23:12 x
一寸落ち込んでコメントを書けないでいたsakkoです
ペール缶は見つけられないし・・・
送れるようなクッキーは焼けないし・・・・

地域の団体、JA婦人部等を通して募金させてもらうのが関の山です。
私に何か出来ることが無いかな・・・・
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-11 16:09
>sakkoさん
私も、綺麗なペール缶を見つけられませんでした。
「ノブヒェン募金」への寄付と言っても、ほんの少しの金額しか送れないし、
クッキーはまるで焼けないし。
なので、はがゆいお気持ち、よくわかります。
ただ、
誰かに声をかけて伝えることも、このプロジェクトを支える縁の下の柱の1本かなと思い
こうして漫画にして、人の目に触れるようにしています。
sakkoさん、
だからsakkoさんにご協力していただけること、ありますよ!
お友達にこの話を、どうか伝えていただけませんか?
お菓子作りが得意な方はもちろん、得意ではない方だって
その方からまた別のお友達に伝えてもらって、そのまたお友達・・・・・
と、信頼できる人から人へと伝わって「お菓子、得意よ!」という方にヒットしたら、大成功なのですから。
どうか、このブログのアドレスを、お友達にお伝えください。

↓へ続きます。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-11 16:11
>sakkoさん
それから、毎年バレンタインデーに作られている橙のピールのチョコレート。
来年のバレンタインデーに、被災地の皆さんに、少し分けてあげていただけませんか?
お友達に大好評のチョコがけピールですもの。
被災地の皆さんも、きっとすごく喜んでくださると思うのです。
どうかお願いいたします。
Commented by sakko at 2011-12-11 19:36 x
橙のピールをと思ったのですが、まだ橙も甘夏も青いので
正月が過ぎてからではと思っていました。
バレンタインデーなら間に合いますね。
大量には作れませんが少しでもお送りしたいと思います
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-12 14:38
>sakkoさん
ひと袋でもふた袋でも、被災地のみなさんに分けていただければ
本当に嬉しいです。
一人の人が70袋のお菓子を作るより
たくさんの人が作ったのが集まって70袋できるほうが
絶対に良いと思っていました。
それだけたくさんの人が、被災地を気にする、心配するということの表われですから。
美味しいピールとsakkoさんの優しいメッセージ、
どうかよろしくお願いいたします。
Commented by runninggirl_USA at 2011-12-16 15:09
Sakkoさんのところからお邪魔します♪
いいですね!愛の助け愛運動。
しかし、私はアメリカ在住ですが、一体
どんな形でご協力させていただいたら
よろしいのでしょうか?
当地にて、大使館を通じて募金を送った
ことはあります。
Commented by t-haruno-2 at 2011-12-16 18:32
>runninggirl_USAさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。
何か出来ないかな?と考えてくださることが、とても嬉しいです。
よろしかったら
日本に住むお友達に、このプロジェクトのことを伝えていただけないでしょうか?
お友達からお友達に伝わって
お菓子を作るのが得意な方まで届く
という、顔の見える、信頼できる口コミが一番の理想です。
私もミュンヘン在住の友人に、「日本の友達に伝えて」と連絡しました。
そこからお菓子の焼ける方に伝わり、協力してくださることになりました。
誰か一人に、正しく伝えることも、大きな協力だと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
Commented by yunkao at 2012-02-06 18:22
はじめまして。
私もお菓子が焼けないので、ツイッターやFBでお知らせをしました。
ブログ、リンクさせていただきました。
今後もブログの記事を楽しみにしています。
Commented by t-haruno-2 at 2012-02-06 19:47
>yunkaoさん
はじめまして。
ご協力、ありがとうございます!とても嬉しいです。
バレンタインデーが近いですから、可愛いお菓子を作ってくださる方にこの情報が届くことを願っています。
また、引き続き募金も募ってますので、多くの方に見ていただけると
本当に助かります。
ありがとうございました。


<< その38 <GO!GO!女たち>      特別編<ペール缶のロケットスト... >>