2012年 05月 25日

その42 <イタドリだって食べなくっちゃ!>

a0119520_20154477.jpg


a0119520_20152098.jpg




a0119520_2016631.jpg







a0119520_20162381.jpg


a0119520_20164613.jpg







a0119520_2017477.jpg


a0119520_1547530.jpg


a0119520_20174121.jpg




a0119520_2017554.jpg


a0119520_15473978.jpg




a0119520_20182421.jpg

                            つづく






      <イタドリと生シイタケと生ハムのソテー>
a0119520_2026362.jpg


      材料 : イタドリ 好きなだけ
           生シイタケ 好きなだけ
           生ハム 好きなだけ
           ニンニク、唐辛子、
           出汁(切干し大根の戻し汁でもスープストックでも)、塩

      イタドリの皮をむき、鍋に入る大きさに切り分ける。
 
      鍋にタップリのお湯をわかし、イタドリを入れる。

      イタドリの色が変わって来たな・・・・・と思った瞬間、イタドリをザルにあげる。

      イタドリ、生シイタケを食べやすい大きさに切る。

      フライパンにオリーブオイルを入れ、
      スライスしたニンニクと、唐辛子を弱火でジックリ炒める。

      フライパンに生シイタケを加え、
      シイタケが少し浸かるくらいの出汁も加えて、ゆっくり煮る。

      水気が半分くらいに減ったところで、イタドリを加え、
      水気が飛ぶまで炒める。(イタドリの歯ごたえを残すため、手早く炒める)

      生ハムをちぎったものと塩を加えて味を整える。
      生ハムの色が変わったら出来上がり。

      これをパスタの具にしても美味しい。

       ※我が家では、切り干し大根の戻し汁を製氷皿でアイスキューブにして保存し
        なにかにつけ「出汁」として使っているのですが、
        もちろん、↑でシイタケを煮るのは
        切干し大根の戻し汁でなくても良いのです。
        白ワインでも良いし、野菜スープストックでも良いし、和風の出汁でも。
        お好みで、おうちにあるもので煮てください。




      <イタドリのジャム>

      材料 : 皮をむいたイタドリ500g
           てんさい糖170g(イタドリの重量の3分の1を目安に)
           レモン果汁レモン半個分

      イタドリの皮をむき、水を入れたボウルの中でよく洗いザルにあける。

      イタドリを2センチくらいに切る。

      切ったイタドリを鍋にいれ、てんさい糖をふりかけて1~2時間置く。

      イタドリから水分が出てきたら、鍋を中火にかける。

      沸騰したら弱火にし、アクを取りながら煮詰めていく。

      全体につやが出て来たらレモン果汁を加え、さらに煮詰め、とろみが出て来たら火を止める。

            ※甘めのジャムが好きな方は、てんさい糖の量をイタドリの半分にしてください。







イタドリはルバーブと同じタデ科の植物で、ルバーブと同じようにちょっと酸味のある、美味しい食材です。
昨今、家庭菜園でルバーブを育ててジャムにする方は、結構いらっしゃるのでは?と思います。
ならば
イタドリのジャム作りも、もっと広まって良いのでは?と思うのですが、
自然食料品店でも産直市場でも、私はあまりお目にかかったことがありません。

何故でしょうね?

イタドリとかスカンポとかスイカンボとかいう名前が、もうひとつオシャレじゃないからでしょうか。
それとも、色?
ルバーブのジャムは、美しい赤色になりますが
イタドリのジャムは・・・・・・・・・・・・これですからね。↓
a0119520_2027576.jpg

確かに、女子心をくすぐる色ではないかもしれません。でも、
美味しいんですよ!ホント。
a0119520_20291930.jpg




もちろん、炒めたり煮たりしても美味しいイタドリです。

漫画に描いたように、下ゆで中、たまに「ポン!」と破裂してドキドキさせられることはありますが
破裂がイヤなら、茎を半分に切ってゆでれば良いのです。
半分にすると、火の通りがちょっと早くなるので、
イタドリの歯ごたえを重視する我が家では、怖くても丸のままゆでていますが、そこはもう各自の好き好き。
煮物にするならば、もとより柔らかくてもいいのですしね。
歯ごたえだけがイタドリの魅力じゃありませんもの。



そんなイタドリをもっともっと食べて欲しい。もっともっとポピュラーになれ~~~~~~
と思っている「山の子」です。

イタドリは、ヤブカンゾウやワラビのように、
手入れされて日当たりの良くなった山の斜面に出てくる山菜です。
イタドリが「売れる」食材になれば、山里に住み続けて山の手入れを続ける人も出てくるでしょう。

↑のレシピに書いたように
イタリアン・フードにもとっても合うイタドリ。
下ゆでしたものを水に漬けて冷蔵庫に入れ、毎日水を取り替えれば4~5日持ちます(タケノコの水煮の保存と同じです)。
また、下ゆでしたものを冷凍しておけば、1年中美味しく使えますよ。






      このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用はご遠慮願います。
      リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-05-25 20:38 | Comments(21)
Commented by buribushi at 2012-05-25 21:43
妹が高知の安芸に住んでいて、向こうではイタドリを塩漬け保存しておいて煮て食べる、とのことでした。
ジャムしかしたことはありませんが、今年は煮てみましょうか。
魚沼は春が遅いからまだ沢山あるはずです、ちょっと遠いけど。
Commented by mikeblog at 2012-05-26 08:05
イタドリといったら採って皮を剥いてそのまますぐに食べる(食べて遊ぶ)という子供時代の思い出がありますが、塩漬けにして置いたこともありました。が、これはあまりパッとしなかったので太いのが出ていてもあまり利用しようとかおもいませんでした。
この写真を見るととてもおいしそうですね。ハムなんかと一緒になるとこれはまた食べてみたくなりました。茎も、ですが葉っぱのほうはどんな味なんでしょうか。おしたしとか酸っぱいのを利用してヌタなんかはどうなんでしょうかね。もっと成長したイタドリは杖にもなるようですが、今から作っておくとか(>_<)
Commented by いちしんふたば at 2012-05-26 09:31 x
おはようございます。
うちの周りにもイタドリが繁茂していて野菜も高いし、
でもイタドリの酸味には毒があり多食は避けるべき
と聞かされたことがあり、しかも山菜は飽きやすい。
素人でも確実に食べ易く方法はないかと思っていました。

検索してみると毒性のある蓚酸の成分を
熱湯に溶かして取り除くのだとか。
はるのさんの調理法は理にかなっていますね。
私にとっては茹でるというひと手間がネックですが。

漫画では結構太いのを大量に煮ておられるので
まだこれからでもいけるのかな。できればやってみたいです。

Commented by tanntannko1 at 2012-05-26 10:36
イタドリってルバーブの仲間だったのですね。
なるほどー。
いまだに食べことのない食材で、大きくなったいたどりは
わかるのですが、あっという間ですよね。

いつかイタドリをこの漫画を見ながら調理してみます。
破裂するのが怖いけど(^_^;)
Commented by ひびき at 2012-05-26 23:01 x
こんばんは! イタドリは酸っぱい味が大好きな私にはとても重宝な野草です。 春の山道散歩で太くて柔らかそうな虎杖を見つけるとポキッと折って持ち帰り、皮を剥いて適当に切り、塩でサッと揉んで出たアクを洗い流し生姜と一緒に甘酢漬けします。生姜の薄紅が地味な虎杖に花を添えてくれます。山菜の天ぷらはとても美味しいのですが緑一色になりがちですね。虎杖を天麩羅にすると芽先が赤くなり、山仲間では山の海老天と称して愉しんでいます。味は…海老にははるかに及ばず、ええ~?の声がひびきます(笑)ジャムもとても美味しいですよね!ルバーブと同じでお通じにもいいですし! イタドリ見直しましょう!
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-27 14:55
>buribushiさん
そうそう、高知県ではとても人気がある山菜だそうですね。イタドリは。
香川県に比べて山地の面積が多い高知では
きっと山菜文化がうんと発達しているのでは
と思います。
buribushiさんもイタドリのジャムを作ったことがおありでしたか。
酸っぱくて美味しいですよねぇ。
こちらでは、もうそろそろ大きくなってしまって食べごろが過ぎつつあるイタドリです。
北の国では、これからが旬なのでしょうね。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-27 15:03
>mikeblogさん
遊びました。遊びました。私も。
子供にとっては、酸っぱいし、そんなに美味しいものじゃないのに
イタドリが出てると、ちょっとかじりたくなるのですよね。今から思えば不思議です。グミとかツツジの花の蜜とか、そういう甘いものなら食べたくなるのもわかるんですが。
ところで、
葉。うううむ。葉っぱのことは考えてみたことがありませんでした。
茎の料理方法にばかり頭が行っていて。
今、山菜の本を見ましたら葉っぱも食べられると書いてありました。料理方法は載ってなかったのですが、やっぱり酸味のある葉なのかな?
地面から出たばっかの小さい新芽は、丸ごと天ぷらにすると良いそうです。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-27 15:27
>いちしんふたばさん
こんにちは。
ホウレンソウにはシュウ酸が含まれるから食べ過ぎると身体に悪い
と聞いた時は
「だって、ポパイは毎日食べてるじゃん!」と驚いたものですが
あれ、ゆでホウレンソウの缶詰ですよね。あはは。
小さいイタドリは、先の葉っぱの部分を取っちゃうと食べるところが無くなるし、皮もむきにくいので
40~50cmくらいになったのが、食べ応えがあって私は好きです。
下ゆでしたものを水に漬けて冷蔵庫に入れ、毎日水を取り替えれば4~5日は持ちます(タケノコの水煮と同じ)。
大きくなれば邪魔なばっかりですしね。どんどん食べてください。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-27 15:34
>tanntannko1さん
ホント、タケノコやワラビと一緒ですよね。
採り頃は一瞬。
タイミングが合えばウンザリするくらい採れるのにね。
漫画に描いたように、そうそう破裂はしないのですが
たまに「パン!!!!!!」
とか音がしてビビらされます。
でも、はまる人は、はまる味だと思いますよー。
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-27 15:43
>ひびきさん
虎杖?
ああ、良い呼び名ですねー。古典落語に出てきそう。風流だわ。
で、
生のものを甘酢漬けにする料理方法もあったんですね!
良いですね。美味しそう。
歯ごたえもシャッキリ!残るでしょうし、イタドリは歯ごたえ!と思っている私には、実に魅力的です。
これは是非、やってみなくては。
山の海老天は、あはは、落語の「長屋の花見」みたいで笑えます(タクアンを卵焼きと言い張るとか、番茶を酒ということにして「酒柱が立った!」とか)。
でも、ホント、見直してドシドシ食べて欲しいイタドリですよね!
Commented by sakko at 2012-05-29 01:25 x
以前は一寸山に入ればイタドリが取れたのですが
最近はあまりない様に思います
子供の頃はよく取りに行ったものです
節を中心に5cmくらいに切り、両端から数箇所切り目を入れて水にさらすとくるっと反り返って・・・・・
風車のようになったな~、あれは食べたのかな~
遠い思い出です。
ブログのお友達から、塩漬けにしたイタドリを頂いたことがあります
芋茎のような食感だったと思います
生を茹でる時は爆発に気をつけないといけないのですね
Commented by t-haruno-2 at 2012-05-29 20:03
>sakkoさん
ああ、そういえば・・・・・・
私もかすかに記憶があります。
今、よみがえってきましたよ。
切込みを入れるとクルクルッと巻き上がる茎。
そうやって遊びました。
何の植物だったか・・・・・・、それは覚えていませんでしたが、
あれ、イタドリだったんですね。
昔は、そこらに生えている植物で、色々遊びましたね。誰かがちゃんと教えてくれて。
そのイタドリを、最近見かけませんか。
山の手入れが追いつかなくなって、日当たりが悪くなったからでしょうか。
それとも、別の植物がワーッと広がってきたのかな?
帰化植物などで、繁殖力の強いのも多いですしね。
Commented by hee3hee3 at 2012-06-06 20:36
青森には、近縁種のオオイタドリというのがありました。
生えまくっていますが、食べるとも聞かないし、採ってるのも見たことなく、完全に「雑草」です。
わたしもようやく手を出したのですが、あら意外、酸っぱくっておいしいじゃありませんか!
天ぷらで次から次へと食べてしまいました。
パスタやジャムもやってみたいと思います。。
ありがとうございました!


Commented by t-haruno-2 at 2012-06-07 20:39
>hee3hee3さん
あれ!?
意外です。山菜文化の発達した青森で、イタドリを食べない?
ううむ。他に美味しい山菜がいっぱいありますもんね。
イタドリの時期には、他の山菜を採るのに忙しいのでしょうね。きっと。
でも、美味しいですよね!イタドリ。
香川県でも、イタドリを食べる人は少なくて雑草扱いですが、つまりはイタドリ採りのライバルが少ないということでもあります。
ひーさんも、バシバシ採ってドシドシ食べてください。旬はつかの間だもん。
で、イタドリ料理にも、ロケットストーブが大活躍しているのですね!
Commented by Kei at 2013-11-29 19:56 x
イタドリ、子供の頃よく食べてました(一応アラフォー、そんな昔のことではありませぬ)。おやつに生でかじって…ってこともよくしたけど、家は塩漬けにしてから料理していましたよ。なので、ゆでるのが大変とか、全く経験なし。塩漬けにした方が歯ごたえは確実に残るし、もしかしたら楽チンなのでは?と思いながら漫画を読ませていただきました。軽く塩抜きしたものを鰹節とかと一緒に炒め煮、とか、大好き!でした。今は海外在住なのでかないませんが、イタリア風もいつかやってみたいな~。
Commented by t-haruno-2 at 2013-11-29 20:51
>keiさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。

我が家の近隣県、高知県や愛媛県の山間部でも塩漬けのイタドリがポピュラーです。
なので、我が家でも塩漬けにしても良いのですが
ついつい、早く食べたいがために、茹でて料理してしまいます。
シャキシャキした食感が残るし、長く保存も出来るし
塩漬けは良いですよね。
イタドリって、繁殖力が半端じゃないので、世界中に生えている気がしていましたが
今お住まいの国に、似たような植物、無いでしょうか。
あったら面白いですよね!
Commented by Kei at 2013-11-29 21:57 x
早速のお返事、ありがとうございます。こちらこそはじめまして。

爆発?するなんて!!思ってもいなかったので、強烈でした^^
確かに早く食べるには茹でる方がよさそうですよね。
イタドリのジャムなんて、考えたこともなかったので、また機会があったらぜひ試してみたいと思っています!
FB経由で知ってまだ読み始めたばかりですが、興味深く読ませていただいています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

イタドリ、絶対見つけたら食べてやる、と思うのだけど、今のところまだ見つけていません。でも、ワラビとかマイタケは見つけたのですよ!!どこかにそれらしいものがあるかもしれませんね。もう少し南じゃないとダメなのかな…?
Commented by Kei at 2013-11-29 21:59 x
はるのさんの漫画、素敵ですね。
Commented by t-haruno-2 at 2013-11-30 16:55
>keiさん
マイタケ!?
ああ、keiさんは、天然キノコが採れるキノコハンターなんですね。
うやらましいですねぇ。
私は、天然キノコは、いまだ手が出せず、素人なのです。
キノコが採れる人は、素晴らしい。
山菜にもキノコにもお詳しそうですから、きっとこれからも色んな恵みを見つけられることでしょうね。
もちろん、今の土地ならではのものも、たくさん採ってらっしゃることでしょう。
「山の子」を読んでくださって、ありがとうございます。
共感していただける話が、少しでもあれば幸いです。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by さおりんご at 2014-04-15 14:02 x
はるのさん、はじめまして。
イタドリの検索をしてここに辿り着きました。
素敵な漫画ですね!全部読んでしまいました。
私は震災がきっかけで東京→徳島に引っ越して、
今は徳島の山奥で自給自足の生活を目指して試行錯誤中です。
海のこと、山のこと、食べ物のこと・・・
生きる上で必要不可欠なものに対して、今まで何て無頓着だったんだろうと思います。
全てを一気に変えることは難しいですが、できることからやっていきたいと思います。

イタドリ、徳島に来て初めて知りました。
おいしいですよね。
ジャム大好きです。
徳島出身の主人は全然興味ないのですが(汗)

あれだけの漫画を描くのは大変だと思いますが
続きを楽しみにしています。
ありがとうございました!
Commented by t-haruno-2 at 2014-04-15 21:03
>さおりんごさん
はじめまして!コメントをありがとうございます。
素晴らしいチャレンジをされているんですね。
自然が相手だとままならないことも多いでしょうけど
それをおぎなって余りあるほどの山の恵みを、きっとたくさんいただいているのでしょうね。うらやましい。
震災前の日本に、どんどん戻って行くような、今のこの国の状況に
気持ちが暗くなるばかりのここ1年ほどですが
さおりんごさんのように、少しずつでも生き方を変えていきたい
と頑張ってらっしゃる方を知ると、本当に励まされます。

イタドリのジャム、美味しいですよね!
ルバーブのジャムが、ちょっとオシャレな感じでもてはやされる昨今、
イタドリのジャムも売れるんじゃないか?と思うのですけどね。
イタ飯にしても美味しいし、ご主人~~~~もっと食べて~~~~。

さおりんごさんのブログにも、またお邪魔させていただきますね。
ありがとうございました。


<< その43 <山を育てる>      その41 <ヤブカンゾウを食べ... >>