2012年 09月 07日

特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その1>

初めてお読みの方は、まずこちらのページをご覧ください。
瓦のロケットストーブの作り方と構造を、漫画で詳しく説明してあります。

a0119520_13511734.jpg


a0119520_13513323.jpg


a0119520_13515043.jpg


a0119520_1352764.jpg



a0119520_13522774.jpg

                            つづく






昨年の3月、東日本大震災が起こった直後に「山の子」で紹介した
瓦のロケットストーブ。
<焚き火小屋の備忘録>のnature21-plusさんが、被災地でも特別な工具無しに、子供から年配の方まで
誰でもすぐに作れる調理器具&暖房器具を
ということで考案されたストーブです。

昨年、紹介した時点では、とにかくネットを通じてこの役に立つ道具が広まって欲しい!
という願いから
調理器具だとわかりやすいように「瓦のキッチンストーブ」とこれを呼んでいましたが
1年半経った今、
「瓦のロケットストーブ」と呼び直したいと思います。

細長い空間で火を焚くことにより、少しの薪でも強い火力が素早く得られる。
それがロケットストーブ。

それを瓦で作ったのが、漫画で紹介しているものですが、
瓦で作ったメリットは、なんと言っても工具がいらない。瓦を積むだけで出来る。
また、曲線を持つ瓦が重なり合うことで、積み重ねてもグラグラしない。安定している。
そして
その曲線が描き出す全体の姿形の優雅さ!
a0119520_14122976.jpg

災害の現場の炊き出しに優雅さが必要??????
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが
避難生活や、ライフラインの寸断が長引いた時、何日も何日も調理を続けるのには楽しさも絶対に必要です。
日々、料理をしてらっしゃる方なら、きっと共感していただけるはず。
瓦のロケットストーブは、その使い勝手の良さと姿の美しさから、料理のをする人の気持ちを明るくし、意欲をわき立たせてくれる
と思っています。
a0119520_14124434.jpg







東日本大震災から1年半。
この大変に役に立つツールの魅力に気づき、災害時の備えとして用意される方、
また、
災害うんぬんに関係なく、日常の調理器具として活用されている方が、徐々に増えてきています。

「山の子」でも、今一度、この瓦のロケットストーブの良さを
数回シリーズお伝えしていきたいと思います。

次回は<調理編 : ええ!?こんなものも作れちゃうの?>の予定です。






漫画の中で取り上げた、お湯を沸かす実験のデータは
瓦のロケットストーブを常設して日々の暮らしに役立てていらっしゃる、信州のひびきさんに
ご協力いただきました。
ありがとうございました。






      この<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ>上の漫画、写真、文章について、
      営利目的以外であれば、2次使用に制限はありません。
      ご自由に使い、役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-09-07 13:56 | 瓦のロケットストーブ | Comments(12)
Commented by ひびき at 2012-09-07 22:42 x
はるのさんの漫画を見ながら瓦を積み上げた日から一年半余りが経ちました。その間、ロケットストーブの安定性に不安を感じた事は一度もありませんでした。岡野さんが愛車をぶつける実験で実証された通りびくともしません。又、火力が強いのにその熱が瓦の外に及ぶ事は無く子供達が近づいても火傷の心配がなく、安心感があります。火を操る技も必要なく、誰もが心地好い完全燃焼を体験出来ます。今までの燃料を変える道具であり、暮らしを変える新しい燃焼の為の道具だと実感しています。 ノブヒェン窯との併用で特上のスチームオーブン料理やオーブン料理が可能なのもとても魅力的ですね
Commented by けい@野迫川 at 2012-09-08 09:42 x
サバイバル生活には自信がありますけどそれはあくまでも小人数のことで、
いざ災害が起こればこういうストーブがすご~くお役立ちでしょうね。
連れ合いが興味津々で拝見しています。
瓦が手に入りにくいですけど、知識としてインプットしておきたいと。。。
ブロックは使ったことがありますけど火には弱いですし、その点、瓦は強いですものね。
構造にもなるほどと大きく頷いてます。
瓦が手に入ることがあったら、ベースキャンプに作ろうかな、なんて呟いてます。。。

調理編、楽しみです!!
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-08 15:28
>ひびきさん
手間のかかる実験を本当にありがとうございました。
「鍋にいっぱいの水」という文を読んで、それを頭の中にイメージできる人なら、それがガスコンロと変わらない時間で沸騰する
ということの便利さ、すごさをわかってくださるのでは・・・・・・と思い、実験をお願いしました。本当に助かりました。

それにおっしゃるとおり、瓦だと、ストーブの周りが「じんわり」暖かいので、小さな子供がそばに寄っても不安が無いですよね。
日常の道具として使っていらっしゃる方からの実感を、こうして書き込んでくださると
他の方に情報として伝わることとなり
大変にありがたいです!
何か他にも、使っていて感じたことがありましたら
どんどんこのコメント欄に書き込んでください。
瓦のロケットストーブの掲示板だと思って。
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-08 15:42
>けいさん
30人、50人といった単位での炊き出しを、日に2度3度、何日も続ける・・・・・・となると、薪の量が半端じゃなくなりますし、つきっきりで火を焚き続ける人も大変になりますよねぇ。
ドラム缶のストーブって、子ども会の行事とかで一回煮炊きするだけなら良いでしょうけど
それで毎日豚汁でも作るとなると・・・・・・。
小さい子がそばに寄ると危ないですしね!
瓦が手に入りにくければ、耐火煉瓦でもかまわないのですが
安定性は、やはり瓦の方がバツグンに大きいようです。

野迫川の広い敷地なら、もう作りたい放題ですね!ウラヤマシイ!
是非是非是非~~~~~~♪
お孫さんたちが遊びに来た時、きっと目を輝かして炊き付けをしてくれますよ。
Commented by mikeblog at 2012-09-08 23:16
陶器を焼く登り窯みたいだと思いました。火力も強そうですね。胴体の長いストーブもあったようなー。効率がいいんでしょうね。
Commented by kids-the-me at 2012-09-08 23:34 x
先日、だいぶ遅くなったのですがペール缶を送りました。
岡野さんが自分で作ってみたら良いとおっしゃられてました。

今年は身近な方の事故等が多くてあまり元気がでません。
大震災で被災された方々はもっともっと苦しんでしょうが、
あまりにも多すぎると感覚がマヒしてしまいます。
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-10 19:37
>mikeblogさん
ドラム缶に炊きつけ口を開けたストーブだと
大きな火を作るまでに、とにかく時間がかかりますよね。
てっぺんからどんどん熱は外に逃げちゃうし。

胴体の長いストーブってどんなのかな?想像が出来ないのですが
きっと、上昇気流を上手く利用して、効率の良いストーブなのでしょうね。
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-10 19:49
>kids-the-meさん
ペール缶を集めてくださったこと、洗って送ってくださったこと、
本当にありがとうございました。

今はご自分の心と身体を一番に、大切になさってください。
またいつか、ロケットストーブを作ってお子さん達と料理をしようかな
という気持ちになれた時
美味しい物をたくさん作って、みんなで食べてください。
Commented by sakko at 2012-09-11 06:38 x
あの日から今日で丁度一年半
また冬がめぐってきますね。
元の生活に戻れていない方々がたくさんおられます
瓦のロケットストーブがまだまだ役に役に立ちますね
実験大好きなsakkoですがこれはまだ実験できていません
瓦がたくさん必要ですね
小型でもいい、作って裏の畑に「おいでよ」と
言えればいいな。
Commented by veronica-t at 2012-09-11 09:25
はるのさん、こんにちは。。
今回もコナラとクヌギ、頑張っていますね。。
ブログでご紹介をさせていただきました。
一枚目の漫画もお借りしました。
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-11 19:37
>sakkoさん
本当ですね。
瓦のロケットストーブは、皆で調理をして食べると、本当に楽しいツールですから
「おいでよ」
と、いつかお友達やCちゃん、aki君を誘って
便利さを体験してください。
ドラム缶のストーブなどとは違って、本当に料理がしやすいし
火の扱いも楽チンです。
Commented by t-haruno-2 at 2012-09-11 19:41
>veronica-tさん
ありがとうございました。
標準語を話すコナラとクヌギは、描いててちょっと気持ち悪いんですが(ひゃははは)
もうしばらく頑張ってもらいますね!


<< 特別編<使ってみようよ 瓦のロ...      その44 <干しシイタケでイタ... >>