「ほっ」と。キャンペーン
2012年 09月 30日

特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その2>

初めてお読みの方は、まず<瓦のキッチンストーブの作り方> と <ノブヒェン窯の作り方>をお読みください。
構造や作り方を、漫画で詳しく説明してあります。

a0119520_13522336.jpg


a0119520_13524037.jpg


a0119520_1353364.jpg


a0119520_13423239.jpg


a0119520_13533349.jpg




a0119520_13534759.jpg


a0119520_13431555.jpg







a0119520_1513760.jpg

ピザ?パン?スペアリブ?ケーキ?
災害の被災地で、そういうものを作るの??????


と驚かれた方、あるいは不自然に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、
最初の大混乱期を過ぎれば、被災地には食材はあるものです。

実際、
昨年の東日本大震の時も、震災後数ヶ月で道路事情がかなり回復し、
全国各地から支援の物資がたくさん届くようになり、さまざまな食料が避難所にあったと聞きます。
しかし、ライフラインの復旧がまだでしたからドラム缶のストーブしか調理器具が無く、
毎日、大鍋で汁物・・・・・
という避難所も多かったそうです。

また、自宅はなんとか無事で、避難所に行かず自宅で生活を続けられていた方も
農家など、ものすごい量と種類の食材を備蓄してあるのですが、同じく、ガス、電気が復旧しなかったため
一斗缶やドラム缶のストーブで、毎日同じようなメニューが続いていたとか。

食べ物や飲み物があるのは、大変にありがたいことだけれども
何ヶ月も同じようなメニューが続くとなると・・・・・・・・・・・・。



食材があるのなら、みんなが「わぁ!♪」と笑顔になる食事を作りたい

と思いませんか?




市販のフライパンとボウルで作れる<ノブヒェン窯>があれば、さまざまなオーブン料理が作れます。
それも、瓦のロケットストーブと組み合わせることで
少ない焚き木で、短時間での調理が可能です。

漫画に描いたように、ピザなら予熱無しで13分で焼き上がります。
が、
これはピザ生地の厚みや、トッピングの材料でも焼き上がり時間は変わります。
この漫画のために、実際に焼きあがり時間を実験してくださったveronica-tさんは、野菜をたくさんトッピングされて
かなり厚みのあるピザを焼かれました。これは、焼く前の姿。野菜タップリ、チーズもうんと乗せて。
a0119520_13554345.jpg

それでも13分。
a0119520_1356218.jpg

ですから、
具材を少なくし、シンプルなピザにすればもっともっと短時間で1枚目が焼けるでしょう。
大人数の避難所でどんどん焼く場合には、シンプルなピザにすればうんとスピードアップできるはずです。

そして、veronica-tさんの実験では、
同じく、たくさんの野菜をトッピングした2枚目は8分。
3枚目は5分。
4枚目は、3分で焼きあがったそうです。早い!



また、昨年、TVニュースで、震災後半年以上経っているのに、お弁当や菓子パンを配っている避難所をいくつも見かけました。
想像ですが、
水道が復旧しないため、洗い物を減らすためにお弁当や菓子パンを常食にせざるをえなかったのではないでしょうか?
ご飯を炊いたり、大なべで汁物を作るのにも大量の水が必要になりますし・・・・・・。

ですが、こういう時、
パンやピザなら、少量の水で作ることができます。
出来上がったものも、大皿に盛って各自が手で取って食べればいいので、食器の数も減らせます。
そういう点でも、瓦のロケットストーブ&ノブヒェン窯は重宝なのではないでしょうか。
もちろん、
漫画にも描きましたように、調理口の狭い瓦のロケットストーブならフライパンも使えますから
水をあまり使わなくてすむ炒め物もできますしね。



どんな時でも、美味しいものを食べれば、人は少しずつでも気力を回復できると信じています。
また、
美味しいものを作る人にも、張り合いと、目標と、手ごたえを与えてくれる。
だから、
こんな時にケーキ!?
ではなくて
こんな時だからこそケーキやピザを焼いて欲しいと思うのです。
みんなで、ロケットストーブの直火を囲んで、
ケーキを切り分けて、笑顔になって欲しい。

a0119520_1522069.jpg







もちろん、ノブヒェン窯も瓦のロケットストーブも、災害時だけが活躍の時ではありません。
ガスや電気を使わなくても料理できるロケットストーブを、veronica-tさんは日常生活に取り入れて、
ごくごく当たり前に使ってらっしゃいます。
a0119520_13571996.jpg

瓦のロケットストーブとノブヒェン窯を使ったパンやピザ、ケーキ、野菜や肉のオーブン料理のレシピが
veronica-tさんのブログ「田園に豊かに暮らす」にたくさんアップされていますので
ぜひご覧になってくださいね。

それから、電気やガスのオーブンの代わりにノブヒェン窯をガスコンロで使ってらっしゃるのは
イギリス在住のmihohakamataさん。
パンを焼き、ケーキを焼き、
メーカー物の高価なオーブンを使わなくても、こんなに色んなものが作れるんだ!
と目からウロコを落としてくださいます。
mihoさんのブログ「自給自足を夢見ながらの英国音楽生活」もぜひご覧になってください。



と言うわけで、オーブン料理の得意なみなさん、一家に一台、常備されませんか?ノブヒェン窯。
a0119520_1412197.jpg

ペットボトルと並べてあるのでよくわかると思うのですが、こんなに細い薪(たきぎ)でピザやパンが焼けるのです。↓
a0119520_13581632.jpg

a0119520_13584423.jpg

その薪については、次回の<燃料編 : ひゃー!!こんな所に燃料が!>に詳しく描く予定です。






瓦のロケットストーブの作り方はこちらに。
ノブヒェン窯の作り方は、こちらに描いてあります。






      この<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ その2>上の漫画、写真、文章について
      営利目的以外であれば、2次使用の制限はいっさいありません。
      ご自由に使い、役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-09-30 14:07 | 瓦のロケットストーブ | Comments(10)
Commented by veronica-t at 2012-09-30 22:48
遅くなりました!
瓦のロケストでピザが焼けるまでの、時間と薪の記事を
ブログにあげました。
Commented by チャミ at 2012-09-30 23:57 x
すごいです!
わかりやすいし 読んでいてわくわくします!!
これを使いこなせていれば 災害のときにも心強いですよね。
パンやピザは作ったことがないので レシピを探しながら挑戦してみます。
本当に こんなにわかりやすく描いていただいてありがとうございます
Commented by t-haruno-2 at 2012-10-01 20:06
>veronica-tさん
時間を計りながら、かつ写真を撮りながら、ピザとパンを焼くのは手間だったでしょう?
本当にありがとうございました。
データのアップもありがとうございます。
veronica-tさんが撮ってくださった、とても美味しそうなピザの写真のおかげで
↑のチャミさんのように、チャレンジしてみようとコメントを寄せてくださる方もいらっしゃいます。
とても嬉しいことですね!
Commented by t-haruno-2 at 2012-10-01 20:13
>チャミさん
ありがとうございます。
実際にやってみよう
とおっしゃる方には、本当に励まされます。嬉しいです。
色々な料理に挑戦してみてください。
美味しいものを作るって、本当に楽しくて素晴らしいことですよね。
Commented by hee3hee3 at 2012-10-02 06:56
はるのさん、taeさん
すごい。データの裏付けも揃って、完璧ですね。
ほんと、災害時だからこそ、簡単に美味しく、そして楽しく!というのは大切な事です。
実際、避難所や被災宅や仮設住宅でやって、それを実感しました。
かといって、被災時だけじゃもったいない、この性能!
これを読んで瓦のロケットストーブを作る人がいっぱい現れるといいなぁ。
わたしも早く南三陸に土地を。。
Commented by t-haruno-2 at 2012-10-02 20:11
>hee3hee3さん
平時に家で料理してても、毎日毎日だと「しんどいなー」って思うこともあるくらいですから
それが災害でライフラインが止まって
となると・・・・・・
食事を担当する人のストレスって相当なものになるのでしょうね?
毎日、ドラム缶のストーブで大なべに湯をわかして味噌汁とか・・・・・・考えただけでもしんどいです。
避難所や仮設住宅で、みなさん、ホントに頑張ってらしたんですね。
でも、食事は、「作る人にこそ喜びを!」
作ってて楽しく、かつ食べた人が「美味しいー」って感動してくれたら、平時の調理でもどれだけやる気がわくことか。
そう、だからホント、平時でもどしどしこれを活用しないともったいないですよね。
どうか、ひーさんにピッタリの土地と出会えますように。
Commented by くえ at 2012-10-11 18:25 x
はるのさん
はじめましてくえと申します。
田舎暮らしに漠とした憧れがありまして
田舎暮らし。。。で検索してこちらにたどり着いて以来
山の子毎月楽しみにしています。

恥ずかしながら、ノブヒェン窯簡単といっても作るまでに
なかなかいかないのが実情です。
これフライパンにボールを裏返しただけだとうまくいかないんでしょうか。何かあの上げ底的ボールを切った帯が大きな機能をもっているんですしょうか。

教えてください。
Commented by t-haruno-2 at 2012-10-11 20:09
>くえさん
はじめまして。コメントをありがとうございます。
ふたつ目のコメントは削除させていただきました。
ノブヒェン窯の加筆部分、さぞや気づきにくいと思います。ごめんなさいね。
ノブヒェン窯は、色んな方がアイディアを出して使い勝手が良いよう、また作りやすいよう現在も改良が進んでいる状況です。
ですので
「これが決定版だ!」みたいな窯が完成したら
「山の子」のノブヒェン窯の作り方も、描き直したいなと思っているのですが
今の段階では、皆さんにわかりづらいことになってしまっています。申し訳ないです。

今のところ、ノブヒェン窯を作る最大のネックは、フライパンの取っ手を切り取る
というところだと思うのですが、これは取っ手の取り外せるフライパンを使うことで解消できます。そこに気づかれたすごい方がいらっしゃったのです。
キャンプ用などで、取っ手のはずせるフライパンってありますよね。
ちょっと値段が高くなるのが難点なのですが。
そういうわけで、加工をいっさいしなくてもノブヒェン窯が作れる
というところまで来ています。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。
Commented by mihohakamata at 2012-10-13 05:13
先日ノブヒェン窯の作り方のページを紹介させていただきました。
ちゃんと「加筆訂正もお見逃しなく!」と書いておきましたよ。
いろんな方が工夫して作ってらっしゃるんですね。

ガスコンロ専門ですが、気軽にパンやケーキを焼くようになり
ノブヒェン窯はいつの間にか生活の一部となっています。
ところで、ノブヒェン窯の漢字を時々間違えていたのでできるだけ修正しておきました。
Commented by t-haruno-2 at 2012-10-13 20:17
>mihohakamataさん
紹介していただいて、ありがとうございました。
「漢字を間違えて」に一瞬ギクッ!!!!!!
え?私?
あ・・・・・・mihoさんのブログのことね・・・・・・と。
でも、私も気がついていない所で誤字脱字が多発していると思うので
冷や汗ものです。
加筆訂正についても書いてくださって、ありがとうございます。
色んな方のアイディアで、もっと作りやすく、使い勝手良くなっている
今のノブヒェン窯。
作り方の漫画が、最初のままなので、どうにも気持ちが悪いです。

ノブヒェン窯で、美味しそうなものがどんどん出来ているmihoさん毎日。素敵です♪
ノブヒェン窯をマリラさんに見せてあげたら、ビックリされるかな?


<< 特別編<使ってみようよ 瓦のロ...      特別編<使ってみようよ 瓦のロ... >>