2013年 05月 24日

その47 <たとえ鬼に笑われたって>

a0119520_16162729.jpg


a0119520_16164287.jpg




a0119520_16165676.jpg




a0119520_1617199.jpg


a0119520_16173449.jpg


a0119520_16175156.jpg


a0119520_1618633.jpg


a0119520_16182249.jpg







a0119520_1618353.jpg




a0119520_16185960.jpg


a0119520_16191583.jpg

                                       つづく






      その意気だぜ。ばあちゃん!



a0119520_16244397.jpg

[PR]

by t-haruno-2 | 2013-05-24 16:31 | Comments(10)
Commented by いちしんふたば at 2013-05-24 22:47 x
こんばんわ。
林さんの思い、
うちの母も同じように語る時があります。
来年は母の友人がうちの山を見たいというので
ボロ屋ながら掃除を進めて山にももっと手を入れたい。
親子で互いに会える時間が少なくなってきたことに
気づいてしまったからすこしでも大事に過ごせる時間を
作りたいと思います。
山椒は食べた瞬間と云うよりあとからじわーっとくるカンジです。
来年は2倍でしょうか?
山菜の芽生えにおいたてられ、ご近所はお茶刈に追い立てられ
あっという間に春のチャンスは終わり反省と来年への抱負が残ります。

以前はうなぎや伏見稲荷の雀のやきとりにかける粉山椒が
とてもおいしかったと思います。
今年の土用の丑の日までにうなぎでない「う」のつく
食材を考えなくてはと思います。
話がそれてすみません、
Commented by t-haruno-2 at 2013-05-25 16:58
>いちしんふたばさん
こんにちは。
そうでしたか。お母さんのご友人が。
山を見たいと言ってくれるなんて、なんとも嬉しいことですね。
あれほど手間をかけて真剣にやっていることを
見てみたいと足を運んでくれる人がいるなんて、素晴らしい!
それに、お母様とも、良い時間を過ごすことが増えていきそうですね。
良い空気や良い時間が
山の中に増えていきそう。
林ばあちゃんの思いは、私の思いでもあります。
年金を受け取るまで、まだ先は長いですが
それでも、自分にあと何がどれくらい出来るんだろう
と考える年ごろになりました。

狩猟採集生活は、時間との戦いですよねー。
採れる時はウンザリするほど採れるのに。
保存食の知恵が発達するのもわかりますね。
うちの菜園の山椒も、ぼやぼやしているうちに若い食べごろの葉の季節が過ぎました。
結局、あの生の葉をかじった時の爽快感は、
山椒みそや木の芽和えで味わうのは無理なんだ、と、最近思うばかりです。
Commented by 山椒」ほどの優れものはない! at 2013-05-25 20:33 x
山椒ほどの素晴らしい山菜があるだろうか。。。と思う日々なのです。
山椒の木、30株までは増やしたいですものね。
あと10株です。
棘が痛いなんて言っている間は、山椒フェチにはなれません。(キッパリ!)

花山椒の鍋から始まって、今週は枝先の佃煮、この絶品さに気付かれない
人は真の山椒好きとは言えない!!
葉や実など論外の旨さです。
…・・私たち夫婦は山椒狂いですよね。
Commented by mikeblog at 2013-05-26 09:22
山椒味噌は作ったことが無いのですが佃煮は作ってあって充分いい香りです。それを味噌にしてもいいのかな?それから実が醤油漬けになっているのですがすり潰して山椒味噌にするのはどうなんでしょうか。
ウチの山椒はもう若葉の時期は過ぎてしまいましたー。
Commented by t-haruno-2 at 2013-05-26 14:19
>山椒ほどの優れものはない! さん
最高のジャパニーズハーブだ!
と、よく参考にしている保存食作りの本の筆者も、書いてらっしゃいました。
ちょっと他には無い風味と香り。
山菜の女王かもしれませんね。
おっしゃるように、花山椒の鍋や佃煮が、女王の風味、香りを生かす料理方法なのでしょうね。
どうも木の芽和えとか山椒味噌は、せっかくの葉の風味を活かしきれていない料理であり保存食じゃないかなぁ
と思うことしきりのこの初夏です。
ああ、でもそろそろ女王にアゲハの幼虫が取り付く季節がやって来ました・・・・・・・・・。
Commented by t-haruno-2 at 2013-05-26 14:30
>mikeblogさん
ネットで調べると「山椒味噌を作りました。美味しい♪美味しい♪」という記事をたくさん見かけるのですが
正直「・・・・・・・・・ホンマかい?」と思う私です。
木の芽和えもそうですが、どうもせっかくの山椒の葉の風味や味が、味噌煮負ける気がするのです。
ミケさんのように佃煮にするのが正解かもしれませんね。
来年は、林ばあちゃんも、山椒味噌のリベンジだけじゃなく佃煮にも挑戦してもらいましょう。
実の方は、ちりめん山椒にして良し、魚と炊いて良し、
いつまでも風味が残って使い勝手がいいのにね。
実のしょうゆ漬けを味噌に混ぜると、ちょっとしょっぱいかもしれませんが
アク抜きした実を味噌煮混ぜると、どうでしょうね?イケるかな?
Commented by sakko at 2013-05-27 01:25 x
山椒味噌は葉で作ると思っていました
我が家には山椒が無いので、近所で葉を、貰って
作りました。
でも、以前友人から貰った山椒味噌はもっと山椒の
香りと味がしたと思って
作り方を聞いてみると山椒の実を使うとのこと。
山椒の実を2分ほど茹でて3時間くらい水に浸して
あくを取り、すり鉢ですって、味噌、みりんをまぜました。昨年の6月18日に書いています
山椒は10gに対して味噌は100gでした
山椒のピリッとした美味しい味噌でしたよ。
Commented by t-haruno-2 at 2013-05-27 16:35
>sakkoさん
ああ、やっぱり風味のしっかり残った山椒味噌には、実を使うのですねー。
実なら、少量入れただけでも、キョウレツに個性を発揮しますよね。
実山椒の季節はこれから。
うんうん、私も是非やってみます。
葉っぱの方は、どうも木の芽和えを作っても美味しいと感じたことが無いし
味噌とは合わないのでは
と最近、思います。
吸い口にするか、佃煮がいいかな。
来年は、葉っぱで佃煮をしよう、と思っています。
Commented by RyugoH at 2013-06-01 01:44 x
庭に山椒の苗を植えました。ひびきさんから分けてもらったハーブや行者大蒜も。
蕗の季節、茎も葉っぱもひとまず塩漬けに。美味しいのか、???です。ですが、保存食として緊急時に役立つかなぁと思って。茎の塩漬けは今までにないアルコール臭がします。この酵母でホームメインドパンを焼いたらどんな味?なんてことを考えるこの頃です、笑。
Commented by t-haruno-2 at 2013-06-02 13:13
>RyugoHさん
山菜は、時間との勝負ですものね。
どんどん保存食にしてください。自己流の保存食も、どんどん開発してください。
今ある保存食の知恵の数々は、RyugoHさんのように「???」と思いつつトライしてくださった先人のおかげ。
葉っぱは、アクが抜けて美味しいお漬物になっていたりして?
蕗酵母のパン!
うちの里山のパンと呼ぶのにふさわしいパンが出来そうですね。
かむと、ほのかに口に広がる蕗の香り・・・・・・・・・。
う~~~ん、個性的です。


<< その48 <バトル オブ 野の花>      その46 <野の花の季節> >>