山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 06日

その50 <世界遺産なんかにゃ負けねぇぞ>

a0119520_19191983.jpg


a0119520_14363791.jpg


a0119520_19195875.jpg




a0119520_19201971.jpg




a0119520_1920478.jpg




a0119520_19211120.jpg




a0119520_19213940.jpg


a0119520_19215718.jpg




a0119520_19221377.jpg




a0119520_19223114.jpg




a0119520_19225087.jpg

                                       つづく






新年あけましておめでとうございます。






もし、
「あなたの地域の、よそには無い宝ってなに?」
と聞かれて一発で答えられたら
その町は、すでに世界遺産に登録されているのでしょう。
普通は、人間が「あなたの良いところってなに?」と聞かれて「うっ・・・・・・・・・」と答えにつまるように
返答しかねるはず。
それくらい、地元の魅力を発見してアピールするのって難しい。

だから私は、心から尊敬しているのです。
町おこしのネタとして「ご当地アイドル」とか、「ご当地ヒーロー」とか、「ご当地B級グルメ」とかを
一番最初に考え出した人たちを。

「ご当地ヒーロー」や「B級グルメ」など
きっと
「なんやそれー」と、言い出した時には、非難ごうごうだったと思います。
「そんなん成功するわけが無い!!!」と、ボロカスに言われまくっていたんじゃないかと、
その様子が目に浮かぶようです。
ご当地ヒーローなんて、ホントに突拍子もないアイディアですものね。

それでも、あきらめずに実行して話題になった。

今も、日本各地で、
突拍子もない町おこしを考えては、ボコボコに言われている人たちがたくさんいることでしょう。
でも
負けないで。
あきらめないで。
「これ絶対におもろいで」は、きっと本当に面白い。

荒れるいっぽうの山や田畑をよみがえらせるのは、「脱・東京みたい」「脱・横並び」の個性的でおもろい人たちだ
と確信しています。
[PR]

by t-haruno-2 | 2014-01-06 20:23 | Comments(17)
Commented by RyugoH at 2014-01-06 22:44 x
ここにきて4年が経ちましたが、これといって・・・状態です。
せめて僕が借りている田畑一体だけでも活気づけようと思ってます。夏になったら街から人が来て楽しそうに草取りしてるって光景を、在所の人は不思議そうに見てるでしょうね、笑!
この在所は区画整備されていない田んぼが広がっています。機械作業には不向きですが、手作業には適してます。逆手に取るのも一案やなぁとは思ってますが、新規就農者を呼び込むにはまず僕が成功せんとねぇ。
今年も一層、がんばります!
Commented by いちしんふたば at 2014-01-06 23:15 x
はるのさん、あけましておめでとうございます。
商業的に視聴者に媚びたようなものより
その子たちの本当に着たいものを着ればいいのですが、
ウケネライだけでは寒々しいです。

今のゆるキャラは眼鼻がCGで作られて血が通っていません。
当初不評だった遷都くんを見てほっとする今日この頃です。
ご当地ヒ―ローもどこもかしこもとなると見る気がしなくなってきました。
日本の山は大体が夏緑林か照葉樹林で
放っておけばそのどちらかになるから
地域差なんて大差ないはずですね。
それがスギヒノキ一色で施業も団地化されていくと聞きます。
うちの山は庭と変わらぬ小ささで蚊帳の外です。
最近は何処の○○町、○○村であるという意識はなくなり
日本のどこでも同じことになるだろうけど
たまたまこの地でやりたいことをやるのだという心境です。
たとえ真似であっても
本当に楽しいもの、美味しいもの、美しいものが
残るように思います。
Commented by omie-L at 2014-01-07 17:13
はじめまして、「似ているブログ」スイッチで引き寄せられました。私は東京の(昔の)ど真ん中で暮らすことになった郊外者です。同じことがここ日本橋でも毎日のように話されています...^^ また読ませて頂きます!
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-07 19:44
>RyugoHさん
最初の一人というのは、本当にすごいことですね。
勇気、度胸、思い切り、行動力
色んなものがいりますね。
RyugoHさんも、最初の一人の苦労がたくさんおありだと思いますが
「面白そうなことやっとるなぁ」
と感じている人は、確実に増えていることと思います。
今年も、よりいっそうの実りがありますように。
越冬トマトの結果も、興味深いですよね!
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-07 20:12
>いちしんふたばさん
新年おめでとうございます。

私も、真似っこでかまわないと思っています。
スタートは、なんだって「ああいう風に自分もやりたい!」という憧れの気持ちで、何かを真似することから始まりますものね。音楽だって、演劇だって、絵だって、他のどんな仕事だって。
憧れに突き動かされて良いものが出来、やがてもともとのものとは違う個性も出てくるのでしょう。
ただ、今のゆるキャラとかご当地ヒーローとかは・・・・・・・・・
なんかもう「憧れ」が感じられないです。
よそがやってるから、うちもやらんと
というか。
おっしゃるとおり、わが道を行った遷都くんが、今やりりしく見えますね。

山は、さまざまな鳥獣害対策がなされて、
「いちしんふたばさんの山」になりつつありますね。
全体のデザインも、教科書には無い、唯一無二の個性的な山になりそうですね。
普通、親に教えられたり森林組合で教えられたりで、似たような手入れをする似たような山になっていくことが多いのでしょうけど
いちしんふたばさんの山は、これからますます個性的で、面白い山になっていくことでしょう。
楽しみです。
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-07 20:24
>omie-Lさん
はじめまして。
コメントをありがとうございました。

日本橋、ですか。
ホント、お江戸のど真ん中、由緒あるお店も多いことでしょうね。
由緒ある商店街ほど、今は難しい時代でしょうね。
でも、イ◎ンに負けず、頑張って欲しいです。
Commented by ゆいのみち at 2014-01-09 21:40 x
こんばんは。
《山の子》の更新待ち兼ねてました!!
アイデアを出さねばーー! と思っている間は何も出てこないですよねー。くだらないバカ話とかで盛り上がっていると、面白いアイデアが出来上がってたりしますね。
うちの会も、仲間を集めるアイデアを絞りだしているところです。
それにしても、この二人、何だかんだで良い感じになって来ましたねーー。楽しみでーーす!\(^o^)/
Commented by mikeblog at 2014-01-09 22:12
町おこしとか村おこしとか言われてかなり経ちますよね。それぞれに工夫して人集めをしていますが、いろいろやってその中の何かが偶然に当たったりする気がします。当たるのはごくわずかですからやらないよりもやってみるのも大事でしょう。まずは地元の人にウケてからですね。
Commented by sakko at 2014-01-10 00:48 x
奈良県って、何がある?
大仏さんと鹿、美味しいものは?
これが困ります。他県の方に名物はと
聞かれたら、??です。
せんと君は、まぁ、徐々に慣れて来たって感じです。
わが町は大和の真ん中、世に誇れるものはあるとおもうのですが、何も無い町です。
宣伝が下手な町です。
町おこしなど考えない県民です。とほほ・・・
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-10 19:44
>ゆいのみちさん
ありがとうございます。

ホントにそうですね。
必死で考えていると思考が行き詰まって、結局、すでに他にあるアイディアの焼き直しや真似になったり
ってことが多いですよね。
人とワーワー話している時って、脳の色んな箇所が働くのか
ヒョイッとおもろいことが浮かんだりします。
会を長く続けて行くには、新しい仲間が絶対に必要ですよね。
ワーワーと楽しくおしゃべりしながら、素敵なアイディアを見つけてください。
ますます魅力的な里山になりますように。
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-10 19:58
>mikeblogさん
そちらには、全国的な人気者となった「ぐんまちゃん」がいますね。
午年の今年は、特に大忙しでしょう。
おっしゃるとおり、地元でウケて
あらゆる所で姿を見るとか、あっちこっちで食べられるとか
地域でウケれば情報化時代の今は、ネットなどであっと言う間に広がりますもんね。
くまもんは、もうトイレットペーパーのパッケージから、切り干し大根の袋まで
香川県にいてさえ、あらゆる所でお目にかかり
「嵐」より「AKB」よりすごいんじゃないか
と言う気がします。
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-10 20:24
>sakkoさん
確かに、食べものの名物は・・・・・・と考えて
「奈良へ行ったらこれを食べねば!」というものを思いつきませんでした。
奈良の各地に、美味しいお店はたくさんあるでしょうけれど
食べもの以外のものが、あまりにも有名ですもんねぇ。
歴史ある県。
美味しい和菓子など、たくさんあるでしょうね。実際は。
でも、ほうっておいても観光客が来るとなると
確かに、宣伝下手になるかもしれませんね。
出雲大社周辺が、今、パワースポットということで、若い女性に大ブレイク中だそうですが
何かきっかけになるかわかりません。
将来、奈良県も、大仏様と奈良公園以外の何かに人が押し寄せるかも!
Commented by nagumogura at 2014-01-17 21:02 x
鹿児島県の南のシマに住んで7年になります。
僕も外から人間なので、最初はなかなか受け入れて貰えなかったりいろいろ考えましたが、今はシマの暮らしを存分に楽しんで、生活しています。
今はまだおじいちゃんおばあちゃんがまだ昔の暮らしを知っているのでそれが本当に宝物。どんどん聞いて、想像して、今のところは楽しんでいるところ。しかしそれが60代、50代の地元の人にはあまり浸透してないような文化や、知恵ばかりのような気がして、急がなければ!と焦る気持ちもあります。シマの宝はおじいとおばあですね。
山の子いつも楽しみにしています。ヒントが沢山!
Commented by けい at 2014-01-18 11:11 x
感慨深く拝見しています。。。

「よそ者の視点」 ほんとうにそうなんですよね。
村の長所短所がよく視えます。
ただ保守的な村では自分たちの考えに凝り固まっていて、長所と受け
止めてくれないことが多いです。

町の小公園みたいなものを村に作ってどうするんや!!と吃驚したこともありです。
過疎を憂うならそれなりに耳を傾けることも大切ですよね。
虚しくなるなぁ。。。

私たちは私たちで、村人が気付かない村の良さを認識して楽しんでいますけど。

遅ればせながらですが、今年もよろしくお願いいたします。
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-18 20:45
>nagumoguraさん
7年ですか。
もうすっかり馴染まれていることでしょうけど、やはり最初は悩むことも多かったのでしょうね。
今、存分に暮らしを楽しんでいますと、気持ち良く言えるのが素晴らしいです。
そんなnagumoguraさんには、島のお年寄りも、どんどん話をしてくれるでしょうね。
おっしゃるように、60代・50代の人間になると、子供時代に生活が電化されて暮らしが激変していますものね。
食生活で言えば、梅干しも、味噌も、佃煮や煮豆すら出来合いのものを買う時代になって。
おじい、おばあからいっぱい話を聞いて、そして次の世代に、ぜひ伝えてあげてください。

コメントをいただくと、いつもとても励まされます。
ありがとうございます。
Commented by t-haruno-2 at 2014-01-18 21:10
>けいさん
こちらこそ、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

コンビにが無い地域とか、コンビニが無い島とか、
それが売りになると、外の人間は思うのですが、その地域の人はコンビニが出来たらすごく喜ぶ。
気持ちはわかるんですけどね、便利だから。でもね・・・・・・。
小公園も、同じですよね。わかるけど・・・・・・でもね、ですよね。

面白い動きがある集落は、どこも頭の柔らかい人が頑張ってますね。
頭の固い連中からの悪口もいっぱい聞こえてくるだろうけど、めげずに進んでいる人達には感動します。
そういう人は、地元の視点と、よそもんの視点の両方を持っているのだろうけど
本当に、地元の視点だけの保守派は・・・・・・
よそもんが「良い」とい言っているのを、信じて欲しいです。
Commented by t-haruno-2 at 2014-03-16 16:23
>2014-03-15の鍵コメさま
ご連絡、ありがとうございました。
お世話さまでした。
メールアドレスやお電話番号が書かれていますので
鍵コメではありますが、念のため、↑のコメントは削除しておきますね。


<< その51 <我ら5粒の>      その49<バトンを渡せ> >>