山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 22日

その53 <次の出会いまで>

a0119520_14225789.jpg


a0119520_14231297.jpg


a0119520_14245286.jpg


a0119520_1425789.jpg


a0119520_1425202.jpg




a0119520_142538100.jpg




a0119520_15582612.jpg


a0119520_14275222.jpg



a0119520_14263127.jpg

                                     おわり






          長々とおつきあいいただきまして、本当にありがとうございました。
[PR]

by t-haruno-2 | 2014-10-22 14:34 | Comments(30)
Commented by 大笹元則 at 2014-10-22 16:16 x
長い間お疲れ様でした。次回作に期待しています
Commented by サヌキ・ジロー at 2014-10-22 19:39 x
ご苦労さまです。次回作を、大いに期待してます。自由に発信できる描画、羨ましくもあります。
私にも描ければ、海物語が沢山あるのになぁと思います。取り柄のない自身を反省。頑張ってください!!
Commented by けい at 2014-10-23 07:29 x
ほのぼのさせられたり、考えさせられたり、いろんな意味で貴重な作品
だと思います。
お疲れ様でした!
新しい作品も期待しています♪

ブログでハンドルがサウキ・ジローさんとなっていたので、香川だし
サヌキの間違いかなと思っていたのですがやはり。。。
納得しました。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-23 20:02
>大笹元則さん
長い話におつきあいいただきまして
本当にありがとうございました。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-23 20:07
>サヌキ・ジローさん
海のことにお詳しいのですね。
私は、釣りの知識もイソモノ採りの経験もサッパリでして、
目の前に瀬戸内海があるのに、もったいないことだと思っています。
いずれは、海のものを採って利用する知恵も、身につけたいものです。
ここまでおつきあいくださいまして、本当にありがとうございました。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-23 20:14
>けいさん
長い話におつきあいくださいまして、本当にありがとうございました。
「里山資本主義」なる本がよく売れ、
少しずつ、この国の、産油国とは違った豊かな資源が認識され出しているかな
と感じる昨今です。
その豊かな資源の中で、けいさんとkiiさんが暮らし始める日も
近いですね?
Commented by さおりんご at 2014-10-23 21:38 x
まさかの最終回!!

これだけ描けるってすごいなあって、本当に思います。
この先、日本の山はどうなっていくのでしょうね。
近い将来、人は山に戻らざるをえなくなるんじゃないかな、って
私は思います。

はるのさんのタッチ、好きです。
また新たに描くことがあれば、ぜひ読みたいです。
長い間お疲れ様でした!!
Commented by RyugoH at 2014-10-23 23:30 x
楽しませていただきました。
獣害をなんとか防ぐことができて、来年からは!と今から準備してます。山の仕事もちょっとずつ取り入れて、生きたいなぁとおもってますので冬の間にまた読み返します。
お疲れ様でした。
Commented by sakko at 2014-10-24 01:32 x
楽しみにしていたのに、お別れですね。
明雄さんと青子さん、お目でどう。
コナラとクヌギが大きくなるお話、続きあがるといいな。
長い間ありがとうございました。お疲れ様でした
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-24 20:12
>さおりんごさん
読んでくださって、本当にありがとうございました。
おっしゃるとおりだと思います。
ずっと「日本は、資源の無い国だ」と言い聞かされて来ましたが
森林資源も、水資源も、こんなにあるじゃないか!と、今は思いますものね。
山に、皆が頼る日がきっと来るでしょう。
ところで、
私、先月、さおりんごさんの町へ行って1泊ですが滞在していたんですよ。
そちらであった、自転車のロードライドに夫が出場したので。
で、当地の道の駅の産直市場で、さおりんごさんの商品を見つけまして!!嬉しくって購入いたしました。
もうひとつのブログ「さぬき日記」に、コンフィチュールのことをアップさせていただいてます。
コンフィチュールを見つけたこと、さおりんごさんのブログにコメントを入れようとしたのですが
何故か??2度書き込んで、2度とも書き込めなくて、あきらめました。
カネコもトマトも美味しかった!
特に、カネコ。本当に夏みかんと温州みかんの両方の味がするのでビックリしましたよ。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-24 20:24
>RyugoHさん
長々とおつきあいいただきまして、ありがとうございました。
読み返していただけることは、本当にありがたく嬉しいことです。描いて良かった、と思えます。

あれほどひどかった獣害から作物を守り抜いて、無事、収穫の日をむかえられたこと
私もすごく嬉しく思っているんですよ。
格別の味でしょうね。今年の新米は。
来年から、色んな野菜の収穫が増えていくことと期待しています。
もちろん、美味しいトマトも!
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-24 20:30
>sakkoさん
このお話を始めた時から、おつきあいいただいていましたね。
毎回のように、温かなコメントもいただきました。
それらにどれほど励まされていたか、わかりません。
本当にありがとうございました。
引き続き、「さぬき日記」でのおつきあいを、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by mikeblog at 2014-10-25 23:29
え、終わっちゃうの?とビックリしましたが、また次回作を期待しています。
その中にクヌギとコナラのその後の様子もそれとなく入れていただけたら嬉しいです。
「山の子」読みながら「うん、そうそう!」と感じることがたくさんありました。
林業の未来と明雄さんと青子ちゃんのこれからに幸多かれ。
Commented by ひびき at 2014-10-26 07:29 x
長い間ありがとうございました。 山暮らしをしていると世の中の流れに逆行しているように感じる事も多く、揺れることもありましたが、山の子に出会え、理念を共有する方々に力を頂きました。コナラちゃんとクヌギちゃんの成長に思いを馳せます。また、お会い出来る日を楽しみにしています。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-26 17:00
>mikeblogさん
ミケさんも、このお話を最初から読んでくださっていましたね。
たくさんの温かなコメントをいただきました。
それらに、本当に支えていただきました。ありがとうございました。
「山の子」を描き始めた当初に比べて、「里山」という言葉がメディアに登場することが増えて来ている、と感じます。
それだけ、里山が何かを知る人も、確実に増えているんだろうなと思います。
里山や、日本の林業に、かすかな希望が見え始めている
と信じたいですよね。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-26 17:13
>ひびきさん
長々とおつきあいいただきまして、本当にありがとうございました。

今の政権は、30年~40年前の高度経済成長の日本に帰りたがっているとしか思えませんね。
お金さえ儲かればすべてOK。
山菜も、材木も、外国から買えばいいだろうと、いまだに考えているのでしょうか。
でも、「山の子」には、ひびきさんをはじめ、政権とは違った価値観を持ち、違った豊かさを追求している人達がたくさんコメントを寄せてくださいました。
国に絶望するのは早いと、私も力をいただきました。
資源の宝庫である日本の山の、未来を信じたいですよね!
Commented by 隠れ読者 at 2014-10-26 21:11 x
ありがとうございました。大変楽しく、里山を身近に感じられて嬉しかったです。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-27 19:55
>隠れ読者さん
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。
Commented by 梅っQ at 2014-10-27 20:50 x
はじめまして。

長い間、本当に有難うございました。

「山の子」を通して、林業や農業など様々なことを楽しみながら学ばせていただきました。

またどこかで、はるのさんの作品に出会えれば、幸甚です。

有難うございました。
Commented by t-haruno-2 at 2014-10-29 20:01
>梅っQさん
はじめまして。
コメントをありがとうございます。
読んでくださって、本当にありがとうございました。
Commented by takemaru1108 at 2014-10-31 19:12
終わっちゃったんですね〜〜!( i _ i )
毎回、反省しちゃったり、笑っちゃったり、勉強にもなり、共感もバリバリで、大好きでしたーー!!
こういうテーマの漫画って、少ないですから、更新をワクワクしながら待ってました。
次回作も楽しみにしています!!
この物語のもうちょっと先も、読みたい気もしますが…。
(^_^;)
何はともあれ、長い間、お疲れ様でしたーー。
( ̄^ ̄)ゞ
Commented by t-haruno-2 at 2014-11-01 16:09
>takemaru1108さん
大好きでしたーー!!
って、本当ですか。とてもとても嬉しいです。
その言葉、大切な宝物にします。
読んでくださって、本当にありがとうございました。

初めてお見かけするお名前だったので、どなたかしら?と思いましたが
別のブログと別のお名前をお持ちだったんですね。
takemaru1108さん達が手入れを続けてらっしゃる谷戸の田んぼの風景の、本当に綺麗なこと。
稲刈りのシーズンを迎えて、ますますほれぼれするような風景になりましたね。
この景色を作るまでの大変さを思い出せば、感慨もひとしお
でしょうね。
これからも、素晴らしい活動を続けて行ってください。
谷戸がますます豊かになりますように!
Commented by さおりんご at 2014-11-02 19:53 x
はるのさん
こちらのブログにいただいたコメント、読みましたよ!
ありがとうございます。
コメントは承認制にしているので、管理画面でチェックしてから表示されます。
ちょうど旅行中だったので承認するのが遅くなってしまいました。ごめんなさい。
今は表示されていますよ。
それにしても、私たちの商品を手に取っていただけるなんて思ってもいませんでした。びっくり!
こんなことってあるんですね。
「さぬき日記」にもご紹介ありがとうございます。
冬に向けていろいろ仕込中です♪
またブログのほうにもお立ち寄りくださいね(*´∀`*)ノシ
Commented by t-haruno-2 at 2014-11-03 16:51
>さおりんごさん
さおりんごさんのレスポンス、拝見しました。
ありがとうございました。

ついにジビエの商品が出来ましたね!素晴らしいです!
香川県でもイノシシ肉を商品化している地域が、何ヶ所かありますが
そういう所がTVで紹介される時、必ずと言っていいほど食べた人が
「臭みも無くて美味しいです」
ってコメントをするのですよね。また、必ずそのコメントをメディアが流す。
そういうコメントを聞けば、イノシシ肉を知らない人は
「あ、野生の獣の肉は、やっぱり臭いのね」と思い込みますよね。
もうメディアの態度に原が立って仕方が無いです。
さおりんごさんのように、すごくカッコイイ商品で、そういう偏見をバシバシ打ち倒して行く人達が、これからどんどん出てくることをすごく期待しています。
商品が増えて忙しくなっているでしょうね。
お体に気をつけて、美味しいものをいっぱい作ってくださいね!

Commented by くえ at 2014-11-03 22:11 x
わあ おわっちゃうんですね。
時々来ては読んでいました。
毎回楽しみにしていたのに。。。しばらく山ロスです~
Commented by t-haruno-2 at 2014-11-04 14:58
>くえさん
これまで読んでくださいまして、本当にありがとうございました。
Commented by いちしんふたば at 2014-11-04 22:08 x
ものがたりには終わりがあるのですね。
まだまだ続きが読みたかったです。
林さんの思いが青子さん・明雄さんに引き継がれてゆく。
コナラもクヌギも大事にされてゆく。
そんな風に生きられたら幸せだと思います。
人間は断片的にしか森と時間を共有できないので
一生の間にいろんな森と出会えればいいなと思います。

はるのさんの作品でクヌギやコナラに出合えたことも
本当に良かったと思います。ありがとうございました。


Commented by t-haruno-2 at 2014-11-05 21:04
>いちしんふたばさん
いつも丁寧で真摯なコメントをいただきました。
それらにとても励まされていました。ありがとうございます。
10年後、20年後の世界経済がどうなっているか、まったく予想ができない昨今。
なので、これまで見捨てられてきた日本の森林資源が、何年か後には、いちやく脚光をあびているかもしれない
という希望は捨てないでおきます。
20年前、パソコンや携帯電話がここまで普及するなんて、ほとんどの人が想像していなかったでしょうからね。森林資源だって、未来の展開はわかりません。
ですから、山仕事の技術や知識を、未来に繋いでくださるいちしんふたばさんのような方たちは、希望の種ですね。
良い山を育てていってくださいね。
Commented by ぷよんぷよんでぼん at 2016-07-12 14:47 x
一気に読み終えました。最終回、感動しました。まいった。一回ごとのコメントも暖かく熱く、本当に良かった。出会えて良かったです。
Commented by t-haruno-2 at 2016-07-18 09:54
>ぶよんぶよんでぼんさん
読んでくださって、そして、暖かなコメントを書き込んでくださって
本当にありがとうございました。
とてもとても嬉しかったです!
お返事が遅くなってしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。


     その52 <あっぱれ! 女の子たち> >>