「ほっ」と。キャンペーン
2009年 03月 11日

その4 <ばあちゃんの干し柿>

a0119520_1915098.jpg


a0119520_19151551.jpg



a0119520_19152946.jpg


a0119520_19155612.jpg


a0119520_1483634.jpg


a0119520_1916283.jpg







      ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 






a0119520_19164041.jpg

                                               つづく






a0119520_1918133.jpg

   私が山をお借りしている農林家Tさんの敷地内には、それはそれはたくさんの柿の木があります。
   棚田の畦の、こちらに1本、あちらにも1本。
   甘い柿もあれば、渋柿も。
   それも、いろんな品種の柿の木が植えられています。
   お饅頭やカステラなど、菓子類が、特別な日の食べ物だった昔、
   これらの柿は、それはそれは貴重な甘味だったのに違いありません。
   
   Tさんからは、こんなお話もお聞きしたことがあります。
   食べ物がいよいよ不足していた、第二次世界大戦のあと、
   Tさん宅の柿は、大変に良く売れたのだそう。
   それも、1個、2個といった単位で売れるのではなくて
   「この木1本、丸ごと」
   と言って、買って行く人がいたのだとか。
   
   それくらい、柿は美味しい美味しいものだったのだと思います。
   
   食べ物が豊富になって、
   今は、あちこちの里山で、
   採る人もなく、成ったまま、ただただ熟していく柿をたくさん見かけます。
   生で食べるのはもちろん、
   干せば、とびきりの甘味になるのに、
   もったいないなぁ、と思います。
   
   干し柿って、子供達には、きっと嬉しい甘さ。
   しかも、ケーキやクッキーと違って、バターや生クリームなどの油脂類は入ってないし
   もちろん、添加物も無し。
   作り方はいたって簡単。皮をむいて、煮沸消毒して干すだけ。
   
   この秋、手作りおやつにいかがでしょうか?干し柿。
   ご実家の庭に、田んぼの畦に、生えていませんか?
   柿の木が。
   





      このブログ上の文章、漫画、写真の著作権は、高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用はご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-03-11 19:55 | Comments(8)
Commented by sakko at 2009-03-12 01:33 x
あの子達は何者?
クヌギちゃんとコナラちゃん
山の木の精かな?
ミー子も登場ですね。
干し柿、私も冷凍しています。
明日は解凍して食べようかな
ミー子どんな活躍をするのかな?
一寸子供嫌い? でもいい友達になりそうな気配ですね。
わ~~次回がたのしみ。
椎茸でお疲れなのに・・・・・・。

Commented by t-haruno-2 at 2009-03-12 16:49
>sakkoさん
今は、冷凍庫があるから、干し柿も長く置いておけるようになりましたよね。以前は・・・春が来る前に食べ切っていたような気がします。
あれは、常温で長く置いておくと、固くなってしまうからなのか、それとも、さすがに暖かくなってくると傷むからか・・・、どうしてだったのでしょう。
美味しい冬のおやつとして、どんどん食べていたからかな???
sakkoさんちの、昨秋の干し柿。
ホントに豊作で、たくさん出来上がってましたよね。
甘い甘い干し柿。コーヒーにも合いそうです。
まだしばらくは、昨秋の味を楽しめそうですね?うふふ。いいなぁ。
Commented by yasai at 2009-03-20 11:26 x
干す前に熱湯につけるんですね。
こちらは寒いので、むいたら即干しています。
それでも傷みませんが暖かくなれば、やはり傷みますよね。
冷凍庫か~!!入れたことがなかった。なるほど。
たくさんあったら今度そうしましょう。
Commented by yaya_seiko_udoku at 2009-03-20 12:41
わ。
あのぉ・・・。
干し柿を干す前に熱湯につける!
今、知りましたー・・・。ずっと、そのまま干しちゃってた(>_<)
今年の秋に作るとき、そうしてみますね。
傷むの早いなぁ・・・とは思ってたんですよ。道理で。
そして、冷凍保存!!
あぁ・・・そんな技が!!と感心しております。

コナラちゃんとクヌギ君とばあちゃん。
この先が楽しみです♪

そして、はるのさん、猫お好きなんですねー。
ミー子の表情がすごく豊かで可愛いです。
Commented by t-haruno-2 at 2009-03-21 18:09
>yasaiさん
あー。やっぱり、北の地域は、こちらとは手順が違いますねー!
いいなぁ。
こちらだと、柿が色づき始める11月上旬って、ヘタしたら日中の最高気温が20℃近くになることも・・・。
もう、カビてしまいそうなので、熱湯消毒するか、ホワイトリカーでふくか、どっちかするようにと教えられました。
キーーーンと冷えた空気の中で乾いて行く柿。良いですよ。やっぱり冬の保存食は、北の地域のものですねぇ。
冷凍庫の保存は、現代ならではですよね。
この秋、たくさん干し柿ができたら、是非お試しください。
Commented by t-haruno-2 at 2009-03-21 18:24
>yaya_seiko_udokuさん
そのまま干しても出来ると思うんですけど、熱湯消毒か、ホワイトリカーでふいてから干すように、と教えられたのでそうしています。
香川県って、11月に入っても気温が高いから、カビないようにと言うことなんでしょうね。
でも、私の両親が子供の頃は、きっとそのまま干してたんじゃないかな~と思うのです。この20年くらいの温暖化で、ひと手間必要になったのかも・・・。
睦月さんちも、11月になっても、やっぱり気温、高いでしょうね。
熱湯か、ホワイトリカーを一度試されても良いかもしれません。
熱湯消毒の場合、絵では、うっかりヘタをお湯の外に出して描いてしまいましたが、ヘタもしっかりお湯につけてくださいね。ごめんなさいね。
で、冷凍してしまえば、さらに傷む心配も無し!
年中、干し柿食べ放題ですよ。うふふ。

猫は、ずっと実家で飼ってました。
田舎なので、野良猫が入って来て居つくという・・・。
常時1~3匹、いたでしょうか。
両親も高齢なので、もう飼ってはいないのですが。
ミー子を描くとき、睦月さんちの可愛らしいニャンズを参考にさせてくださいね。
Commented by ぷよんぷよんでぼん at 2016-07-12 09:53 x
そうか〜〜冷凍保存!
Commented by t-haruno-2 at 2016-07-18 09:46
>ぶよんぶよんでぼんさん
柿が豊作で
冬の間に食べきれない量の干し柿が作れた時には、是非是非!


<< その5 <ばあちゃんの山>      その3 <金柑のマーマレード> >>