2009年 03月 26日

その5 <ばあちゃんの山>

a0119520_15343541.jpg


a0119520_15345122.jpg


a0119520_1957292.jpg


a0119520_1316162.jpg



a0119520_15355547.jpg



a0119520_15361570.jpg



a0119520_15363050.jpg

                                                    つづく






a0119520_15403536.jpg

   シイタケの栽培方法には、<原木栽培>と<菌床栽培>の2種類があります。

   <菌床栽培>は、
   おがくずに米ぬかやフスマなどを混ぜて、ブロック状に固めた<菌床>に
   シイタケ菌を植え付けて栽培する方法。

   <原木栽培>は、漫画でばあちゃんがやっているように、
   コナラ、クヌギなどの樹をほだ木にして、栽培する方法です。

   原木栽培は、まず、山にあるコナラやクヌギの大木を伐り倒すことから始まります。
   伐るのは、落葉樹が休眠期に入ってからですから、
   私が住む香川県だと、11月半ばから~が、伐採期間でしょうか。
   伐り倒した樹は、そのまま山の斜面に1ヶ月ほど置いておき
   中の水分を蒸発させます。
   その後、チェーンソーで1メートルくらいに伐り分けて、ほだ木を作る。
a0119520_155165.jpg

   ほだ木もまた、日の良く当たる斜面に置いて、さらに乾燥させます。
   そして、1ヶ月ほど乾燥させたのち、
   漫画の<植菌>と<仮伏せ>の作業となるのです。
   植菌は、暖かい香川県だと、1月から可能で
   そこからは、(全国共通だと思いますが)ソメイヨシノが咲く頃まで・・・・・・と言われています。

   樹を切り倒したり、ほだ木を運んだりと、原木栽培は大変な重労働です。
   なので、
   最近は、プロの栽培農家でも、
   軽くて持ち運びに便利な菌床栽培が増えている、と聞きます。

   でも、

   山にある樹を利用して作るシイタケの面白さと感動は、やはり格別。

   里山にコナラとクヌギがある限り、原木栽培をする人はいなくならないだろうな、と思うのです。






      このブログ上の文章、漫画、写真の著作権は、高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用はご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-03-26 16:11 | Comments(4)
Commented by at 2009-03-26 23:39 x
ちほさんこんばんわ♪
こちらにもコメントできるんですね!うれしいです(^-^)
何度も何度も楽しみに寄せていただいていたのに、今、気がつきました。
ちほさんの漫画を見てマキノで種をつけて二夏こさせてしいたけになると
おききして良くわからなかったのですが、今、置かれてる状態を理解できます。椿の枝って剪定したあともまとめておいててもほんと葉っぱが枯れません。そういうふうに利用されてるんだと目からうろこです(笑)
マキノでは黒やブルーのシートがかぶせてあります。
藤が巻きついて枯れた木、蔓草に覆うわれてお日様があたらなくなった木をみるのは複雑な気持になります。
熱帯のジャングルではない日本の山はちゃんと手入れされてこそ日本の山だとひそかに自分で確信しています(笑)
Commented by sakko at 2009-03-27 06:25 x
お早うございます。
さくら開花宣言の後寒い日が続いています。
漫画を見ながら。う~~ん、なるほどと見ていましたが
後の説明でよくわかりました。
「原木栽培」と「菌床栽培」の仕組みもよくわかりました。
原木を切って植菌、仮伏せ、本伏せとなるのですね。
どの作業もしんどい作業ばかりですね。
菌を植え付ける作業にもびっくりしているsakkoです


私のところでは休耕田がありますが
休耕田でも耕して草を取っていないと「えらい事になってしまいます」
なかなかあとに戻せません。山と同じですね。
植菌は「ソメイヨシノが咲く頃までに」・・・・
私の蓮の植え替えは「ソメイヨシノが咲き出したら」です。
何月何日頃といわはいでその年の気候温度に合わせるのですね。
あの子達、山菜を美味しいと食べられるかな?
つづく・・・・楽しみです。
Commented by t-haruno-2 at 2009-03-27 20:49
>梅さん
こんばんはー。
やはり、こちらにもコメント欄を付けた方がいいかな?と途中で思い直して、付けることにしました。どうぞよろしくお願いいたします。
ところで、シイタケの覆い。
そうそう、農家の方は、シートをかけてらっしゃいますよね。昔はムシロをかけてたんですってね。
我が家は、さすがにシートを買うのはもったいなかったので・・・、椿の枝を使いました。
おっしゃるとおり、枯れ落ちないですよね。茶色くなっても、あまり縮まないし。竹だと、すぐ縮んでしまって、覆いになりません。
梅さんに、マキノの猿の悪行をお聞きして、うちの里山には、まだ猿が来てなくて平和なんだ・・・と思い知りました。
イノシシは、シイタケには興味が無いらしく、今は、とにかく平和に栽培出来てます。平和が末長く続くといいんだけど。

国土の70パーセント近くが山なのに、身近にある山が、荒れてしまって入れない・・・というのは、本当に悲しいものですよね。
狭い国土に広い山。この国の素晴らしい資源のはずですのにね。
本当に、手入れして利用してこその、日本の山だと思います。
Commented by t-haruno-2 at 2009-03-27 20:58
>sakkoさん
こんばんはー。
ホント、「暑さ寒さも彼岸から」と言いたくなる、今週のお天気ですよね。
でも、シイタケには良い気温かも・・・。

ところで、本当ですね。
ほったらかしの休耕田。
あっと言う間に、セイタカアワダチソウに占拠されて、竹が生えてきて
そのうち、木まで生えてきますよね。
植物の種って、いろんなところに落ちてるもんだなー
と、休耕田の中に生えてる木を見て思いますが
でも、竹や木まで生えてきたら、もうちょっとやそっとでは
田んぼに戻せませんよね・・・。
国が補助金を出してでも、休耕田の草刈りや天地返しを後押しするの
よくわかります。

さて、来週は、もう少し暖かくなるでしょうか?
ソメイヨシノが足踏み状態なので、ソメイヨシノの開花にあわせた農作業や園芸作業、「う~~~ん、どうしよう?」と迷ってしまいますね。


<< その6  <山菜を採りに>      その4 <ばあちゃんの干し柿> >>