山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 10日

その9  <青子>

a0119520_14332972.jpg


a0119520_14334617.jpg




a0119520_1434148.jpg




a0119520_14341659.jpg




a0119520_14342924.jpg


a0119520_14344437.jpg


a0119520_14345917.jpg









a0119520_14483527.jpg


                                                 つづく






a0119520_15244530.jpg

里山の手入れをするようになってから、世間でやり取りされる言葉のいくつかに
大きな違和感を感じるようになりました。
<自然との共存>もそうなのですが、
同じくらい、ひっかかりを感じるのが、
<手つかずの自然が残る・・・・・・>。

旅行のチラシや、TVの紀行番組で、しょっちゅう目に耳にするこの言葉。

「本当に手つかずの自然なら、人間は住めやしないし、
旅行者が、のこのことそんなとこへ行けるわけがないだろーーー!」


と、この言葉に接するたびに、つい心の中で、ムキになって叫んでしまう私です・・・。

綺麗だなぁー
と気持ち良く居られる場所というのは、必ず人間が手を入れた所です。
イギリスやスイスの、絵葉書のような風景の村だって
本来の自然のままなら、そこは巨木の生い茂る、昼なお薄暗い山か森。羊だって飼えないでしょうに。

なだらかな丘陵地帯で羊の群れが草をはむ、イギリスの郊外の美しい風景。
でも、あの島国は、
もともとは、島全体が、
ロビン・フッドの住んでいたシャーウッドの森のような、深い深い森で覆われていたと聞きます。
そこを切開いて、人間が牧場にしてきた。
結果、今、イギリスには、森らしい森など、ほとんど残っていません。
世界有数の木材輸入国でもある国。

それでも、
TVや旅行パンフレットは、その風景を<手つかずの自然>と形容するのです。

広告会社やTV局や出版社は、イメージだけの言葉をたれ流すことが多々あります。

でも、
私だって、里山の手入れに関わらなければきっと、世界自然遺産の、どこかの山へ行って

「うわ~~~。手つかずの自然だわ~~~♪」

と叫んでいたことでしょう。

事実を知るということは、どんなことでも、大切なことだと思います。
人の作ったイメージにうかうかと乗せられ、流されないためにも。






ところで、
私は田舎の生まれ育ちで、近所の山を駆け回って遊んでいたのですが、
その土地では、グミ全般のことを「しゃしゃび」と呼んでいました。
なので、
私は、ごく最近まで、「グミ」と「しゃしゃび」は別のものだと思い込んでいたのです。

いや、だって、「グミ」と「しゃしゃび」じゃ、違いすぎるでしょう??????

「ググミ」とか「グミミ」とか呼ばれていたのならともかく。

ですから、「よく似ているけれども全然違う植物なんだ」と信じ込んでいました。

子供時代、身近にあった植物や昆虫、魚などは
今も、その土地の言葉でのみ覚えていて、
全国共通の名を知らないってことが、きっとたくさんあるのでしょうね。

しゃしゃび。
あまり「当たり」の実に出会ったことがなかったのか、記憶の中のその実は、とにかく渋くて酸っぱい。
思い出すだけで、口の中にジワ~~~ンと、あまり嬉しくない唾液がわいてくるほどなのです。






      このブログ上の漫画、文章、写真の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用はご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-06-10 15:26


<< その10 <ちりめん山椒>      その8 <梅酒> >>