2009年 07月 25日

その11 <梅の土用干し>

a0119520_9404220.jpg


a0119520_9405562.jpg




a0119520_9411198.jpg







a0119520_9412464.jpg


a0119520_9413880.jpg


a0119520_9415088.jpg


a0119520_94244.jpg




a0119520_9422085.jpg

                                           つづく






我が家は、かなりの量の梅干しを消費しています。
梅干しが「おかず」ではなくて、「調味料」だからです。
      
         ジャガイモの梅肉和え
a0119520_9483477.jpg

         キュウリの梅肉おかか和え
a0119520_9491194.jpg

         千切り大根と青シソを、梅肉入りドレッシングで和えたサラダ
a0119520_9503580.jpg

などなど。
他にも、煮物に梅肉を入れたり、
残った種と、昆布で出汁を取り、酒、塩、しょう油で味を整え、冷やしてそうめんのつゆにしたり。
a0119520_9523657.jpg

梅干しを使うと、おかずの日持ちが良くなるし、お弁当に入れた時も安心感が大きくて
とても助かります。

ただ、

調味料として使うので、
最近やたらと多い、減塩の市販の梅干しは買えません。味付けされていますので。
昔ながらの、<梅・塩・赤シソ>のみで作られた梅干しが、いきおい、必要になるのですが、
なんと、
近所のスーパーには、もう、そういう梅干しは売られていないんですよ!
気がつけば、すべて減塩の調味梅干しばかりなのです。

昔ながらの梅干しは、市内の自然食料品店で手に入りますが、
なにしろ、我が家の消費量が多いので、しょっちゅう、これを買いに行かねばなりません。
近所じゃないので、これがけっこう手間で・・・・・・。

だったら、自分で<梅・塩・赤シソ>の梅干しを漬ればいいじゃないか
というのが、当然の結論なんですが、
ネックになっていたのは、マンション暮らしゆえの、土用干しのスペースの無さでした。



しかし、



昨年、

「梅ぢから」(藤 清光 ・ 中山 美鈴 著 / 農文協)

という本に出会い、背中を押されました。

これは、マンション暮らしの人でも出来る梅干しの作り方を書いた本だったのですが、
なんと、

下漬けした梅をガラスビンに入れ、そのビンのまま、土用干しすれば良い

と言うのですから、庭の無い人間には、これ以上の朗報はありません。
さっそく、この初夏より、梅干し作り1年生となった私。



と言うわけで、ビンに入れられ、土用干しを待つ、我が家の梅達です。
a0119520_1035302.jpg

漫画では、林ばあちゃんは、もう土用干しをしていますが、
現実世界では、
今年は梅雨明けがまだですので、肝心の「ビンごと土用干し」は、まだ実践できておりません。

さてさて、上手くいくと良いのですが。






a0119520_1038055.jpg

<ジャガイモの梅肉和え>

 材料(4人分) : ジャガイモ4個
            梅干し1個、酒大さじ2、炒りゴマ適量

 ジャガイモを食べやすい大きさに切り、ゆでる。
 
 梅干しの種を取り、細かく刻む。ボウルに刻んだ梅と、酒を入れてなめらかになるまで混ぜ合わせる。

 ゆであがったジャガイモの水分を切り、ボウルに加え、混ぜる。

 ゴマを好みの量加えて、混ぜ合わせる。



 写真では、メイクイーンを使いましたが、
 煮崩れしやすいキタアカリを使うと、煮崩れた部分に梅肉やゴマがからまって、なお美味しいものです♪

 ごはんのおかずに、もう1品欲しい時、短時間で作れて助かるのはもちろん、
 泡盛のあてにも、とても良く合う一皿です。
 多分、ビールにも、とっても良く合うのでは?






      このブログ上の漫画、写真、文章の、すべての著作権は高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用は、ご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-07-25 10:47 | Comments(8)
Commented by yasai at 2009-07-25 14:13 x
夕べは蒸し暑くて先ほど起きたら不調なので、梅とご飯を食べたところです。
我が家は梅漬けしか作らないのですが、どうしても梅干しが食べたいのが一人いて「なんで家は梅干しやらないの?」と言われ続けているので、今年はできたらやってみたいです。
harunoさん式のビンごとっていうのは、ビンに分ければできそうですものね。
ジャガイモと梅干しという組み合わせも新鮮。
なんだかどれも見ているだけで爽やかで気分がよくなってきましたよ。
Commented by mikeblog at 2009-07-25 23:26
いつも漫画(漫画というにはもったいないです)を見てはイチイチ頷いてる私です。そうなんですよねー、わらしべ長者なんです。野菜も余ってしまうからもらっていただくのに何かしらいただいたりして。先日は趣味がお裁縫の仲間にエプロンを縫ってプレゼントしてもらいました。うれしー!エプロンというか前掛けで、真ん中に大きいポケットを付けてその真ん中を半分に縫ってね、という注文そのままのです。コリンキーが化けたんですけどね。ほんとに嬉しいです。そういえばこのお裁縫おばさんのご亭主が先日梅の土用干しをやっていました。雨ばかりですが時期なので干したのでしょう。ザルに広げた梅干をじっと見て立っていたのが漫画のおばあちゃんと同じでした。
梅干は私はカリカリ梅しか作らないのでこれは土用干しが要らないんです。お弁当用ですね。ほかに柔らかい梅干も、これは梅炒飯においしいです。赤紫蘇も使い道があるし梅ってすごいですね。
Commented by t-haruno-2 at 2009-07-26 16:31
>yasaiさん
今日は、具合はいかがでしょうか?
本当に、蒸し暑いですよね。ご自愛くださいね。

先日読んでいた梅仕事の本に、土用干しは地域によって、やり方が色々あり、
例えば山間部のようにお天気が変わりやすい地域では、干さずに梅漬けにするのがポピュラーになった、
ってなことが書いてありました。
我が家のあたりは、少雨で日照時間が長いので、土用干しするのが当たり前なんですが、
yasaiさんちの方は、なんらかの理由で干さないことになったのでしょうね。
ビン干しは、ビンに入れたまま、フタを取り、昼間だけ1週間ほどお日様に当てる
というやり方だそうです。
梅酢ごと日に当てます。
夜は取り込んでもOKなのが安心ですよね。

とは言え、梅雨明けが遅い今年。
ビン干しも、ちゃんと出来るのかしら・・・って心配になっています。
でも、干せないなら、梅漬けで食べれば良いんですもんね!
Commented by t-haruno-2 at 2009-07-26 16:39
>mikeblogさん
あ~~~。良いですねぇ。
私、ものすごく裁縫が苦手なので、そういう物々交換は、すっごくウラヤマシイです!
好みのデザインにしてもらえるのが、また良いですねぇ。
あのどんどん採れてるコリンキー、スーパーじゃ、滅多に売ってないし、喜ばれたことでしょうね。

ミケさんはカリカリ梅を作ってるんですか。
あれも美味しいですよね。
我が家は刻み梅によくするので、梅干しばっかり今年は作ってますが、作りなれてきたら、固いのと両方作ってみたいです。
それにしても、梅雨明けが遅く、干すに干せない今年の梅・・・。
お天気を見つつ、もう干してる方もいらっしゃいますね。
う~~~~~~。あせるなぁ。
Commented by sakko at 2009-07-27 01:27 x
なかなか梅雨が明けませんね。
今夜もざ~っときていました。
お天気になるまで待てないsakkoです。
梅をもってうろうろに毎日です。
三日三晩といいますが、雨続き、からっと晴れたお日様に当ててからと思っています。
ガラス瓶のまま干すのですか。
これなら急な雨にも心配入りませんね。
「梅びしお」作っています。
長芋を拍子木に切ってうめびしおと和えるのが好きです。
桑ジュースってどうして作るのでしょう。
桑酒は作ったことありますが・・・・。
私は小梅を「からから梅」にしています。
土用干しを1週間位します。
からからに乾かした梅をそのまま瓶に保存。
小さな容器に入れて持ち歩いています。
スポーツの後、ハイキングのあとなど
「梅干食べる?」って皆さんに上げています。
からから梅があると便利ですよ
harunoさんも山仕事のとき飴ちゃん代わりに
もっていけますよ。
Commented by kuroo at 2009-07-27 15:31 x
お暑うございます。
日曜日は、あまりの暑さに畑を午前中一杯で撤退してきました。
「梅干し」いいですねえ。そういえば「梅干し」の取材はまだしていませんでした。
りんさんを取材に行きたいようです。
梅干し名人から頂いた大量の酸っぱい梅干しを友人にあげて大喜びされました。
調味料で使うのはいいアイデアですね。少し残しておけば良かったかも・・・
わらしべミニ長者は時々あります。
今日は、畑で採ったインゲンを持って行ったら、おかず2品になって帰ってきました。
ありがたいことです。
Commented by t-haruno-2 at 2009-07-27 19:33
>sakkoさん
梅雨明け、遅いですよねぇ。
今年のお米の出来はどうなるのかしら?
と心配になってきます。

ビンのまま干すと、場所を取らないので、マンション暮らしでも大量に梅干しを作れそうです。
夜は室内に入れておいてよし、というのも、気が楽だし。
とは言え、まだ干せないこの夏・・・・・・。う~~~。じれったいです。
カラカラに乾いた梅干し!良いですよね!
義母が、昔、梅干しを作ってた時には、梅酢に戻さず乾いた梅干しにしていたそうで
「あの表面に塩をふいた梅干し、美味しかったなぁ」って夫は言っています。
私も、梅干し作りに慣れたら、カラカラの梅干しにも、是非、挑戦したいです。
おっしゃるとおり、携帯にも便利ですよね。
汗をかいた後には、とても美味しいでしょうね。

桑のジュースは、実は私は作ったことが無いのですが
ネットで調べていたら、ジャムやジュースにしてらっしゃる方が多くて。
参考にさせていただきました。
Commented by t-haruno-2 at 2009-07-27 19:41
>kurooさん
暑中お見舞い申し上げます・・・と書きたいところなのですが、
こちらはまだ梅雨が明けておりません。
関東も、なんだか戻り梅雨みたいなお天気ですよね。
蒸し暑いですよねぇ。
この時期の畑仕事は大変です。ご自愛くださいね。

ところで、名人の梅干し、さぞや美味しかったことでしょうね!
今や市販の梅干しは、減塩だわ、酸っぱくないわ、甘いわ、
これのどこが梅干しなのさ!
と言いたくなるものばかりです。
クエン酸たっぷりの酸っぱい梅干し、
疲労回復には、これですよね!
梅干しは、秩父には、きっと腕自慢の方がたくさんいらっしゃることでしょう。
取材先を決めるのに困るほどでは?
いつか、梅干し編も描いてくださいね。待ってます。


<< その12 <お盆のお団子>      その10 <ちりめん山椒> >>