山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 25日

その12 <お盆のお団子>



a0119520_15245566.jpg


a0119520_15251097.jpg


a0119520_1525269.jpg




a0119520_15254272.jpg

a0119520_15335530.jpg





a0119520_1526158.jpg




a0119520_15262739.jpg

                                       つづく






私の父の実家は農家で、
幼い頃、お盆のお墓参りに行くと、祖母と叔母は、必ずあんこでくるんだお団子を出してくれました。
冬に訪ねた時には、小豆がたっぷり入ったぜんざいを。

時は、日本の食文化が音をたてて変わりつつあった高度経済成長期ですから、
正直な気持ちを書くと
あんこのお団子や、ぜんざいは、幼い私には魅力的ではありませんでした。

よそのお宅へお客さんで行った時には、
ショートケーキやクッキー、ゼリーなどなど、洋菓子でもてなされるのが普通となった時代です。
また、私も子供だから、
そういう洋菓子が、すっごく嬉しかった。

なので、父の実家で、お団子やぜんぜいを、パクパク!舞い上がって食べた記憶はありません。
あまり嬉しそうな顔は、していなかったかもしれない。
今となっては、
祖母や叔母に申し訳なかったなぁ
と思っています。

砂糖をたっぷり入れたあんこやぜんざいが、一番のご馳走。
祖母は、きっとそう考えていたのでしょう。
本当に、申し訳なかったな・・・・・・。



漫画では、このお盆のお団子、
「こしあんをたっぷりぬって・・・」
と描いていますが、
記憶をたぐれば、あんの中に、チョコチョコッと小豆の皮が混ざっていたような気もします。

もしかしたら、つぶあんだったのかしら・・・・・・・・・?

今は、もう、祖母も叔母もなく、
真実を確かめるすべもありません。

今、食べたら、きっとすごく美味しいはずなのに。
お盆のお団子。









戦争について、私は、自分の親や祖父母、親戚から、具体的な話を聞いたことはありません。
子供の時も、今も。
一度、仕事で戦争中の話を描くことがあり、
その際、
両親に、かなりしつこく当時のことを聞きましたら、さすがにその時は答えてくれましたが。
でも、
それ以外では、自分から戦争の話をしてくれる年長者は、身近にはおりませんでした。
今も、おりません。

ですから、戦時中のことについては、
本やTV、映画などで知ることになるのですが、
子供の頃、読んだり観たりしたものは、主人公が空襲にあったり、原爆にあったり、
大変に怖く、悲しいものばかりだったような気がします。

<戦争=怖い>
子供時代の戦争のイメージは、私にとっては、そういうものとなりました。



しかし、大人になるにつれ、そのイメージは変わってきます。

いかに国家が、国民を戦争の道具として、粗末にあつかっていたか

大人になって知るようになった先の戦争の姿とは、そういうものでした。

「戦争はイヤだ」
というひと言さえ言えない時代。
言えば、刑務所に引っ張られ、拷問さえされる時代。

子供達には、
お国のために戦争に行くことが、一番立派なこと
と、幼少の時から徹底して教え込み
予科練などに志願する子供を、いっぱい作った時代。

また、その子供の数を増やすために、「産めよ増やせよ」と、国民に命令した時代。
兵隊の数を増やすために、子供をたくさん産め
と言われた時代を想像すると、
血液の温度が下がりそうな恐ろしさと違和感を感じます。
と同時に、腹の底からわき上がってくる怒りも。



でも・・・・・・・・・
私が、その当時、大人だったなら、「戦争反対」を言う勇気もなく、竹やり訓練に参加していたことだろう
と思います。

そして、子供だったなら。

私は、小学校卒業の頃までは、大変にものわかりの良い優等生でしたので
          (夏休みの宿題のワークブックを、7月中に仕上げるような)
間違いなく、とても優秀な軍国少女になっていたことでしょう。
戦地の兵隊さんへの慰問の作文を、実に立派に書き上げ、校長先生にほめられるような子だったはず。

それが、まるで目に見えるようにわかるだけに
「ものが言えない時代」
「国家に、戦争のツールにされる時代」
は、二度とごめんだ!と思うのです。



この国で8月6日に何があったかを、「知らない」という10代の若者が出てきていると聞きます。
太平洋戦争で、日本と戦ったのがアメリカだ、ということを知らない沖縄の高校生もいる、という話も。

そういう話を聞くにつけ
あの時代がどういう時代だったのか
知っていかねば
と、
歳を取るほどに、強く思うようになっています。






      このブログ上の漫画、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用はご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-08-25 16:33


<< その13 <台風のあと>      その11 <梅の土用干し> >>