2009年 10月 19日

その14 <マツタケへの道>

a0119520_15113345.jpg


a0119520_19471832.jpg




a0119520_1512101.jpg




a0119520_1948270.jpg






a0119520_2046143.jpg


a0119520_15131351.jpg




a0119520_1513308.jpg




a0119520_15134937.jpg

                                            つづく






2003年に、1区画300坪、20区画で始まった私達の里山の整備。
翌2004年の秋、我らが里山のトップニュースは
ある区画でマツタケが出た!
ということでした。

a0119520_15175613.jpg

その区画には、アカマツの林があり、
「整備をすれば、マツタケが出るんと違うか~~~」
と、最初から、里山オーナーの間では言われていた場所だったのです。

とは言え、

「本当に出る」とは、皆、思っていなかったかも???

なにしろ、そのアカマツの林も、
里山の他の部分と同じで、
竹や雑木に周囲をビッシリと覆われて
さながら<ジャングルに埋もれたアンコールワット>という状態だったのですから。



けれども、その区画を借りた里山オーナーさんは、熱心に山に通い、
モウソウチクの藪を伐り払い、
雑木を伐り、ツタを払い、地面に数十センチも積もった落ち葉もかき、
一生懸命手入れをされました。

結果、
a0119520_15281548.jpg

喜ばれたのは、里山の持ち主マスターTさんです。
この山でマツタケを見たのは、なんと5年ぶりだったとか。
里山を人に貸すという、大変やっかいな計画を受け入れて、でも、1年半で、その結果が出たわけです!
本当に良かった。






マツタケは、アカマツの根が無いと発生しない、不思議なキノコです。
そして、アカマツ同様、あまり栄養が無い場所でも生きていけるという性質を持っています。
昔の里山は、<貧栄養>という意味では、
アカマツにとってもマツタケにとっても、
生存競争の相手も少ない、とっても住みやすい場所だったんだろうな
と思います。

でも、落ち葉が深く積もった、栄養豊かな今の里山は、
他の樹、他の菌にとっても住み良い所。
アカマツやマツタケは、強い競争相手に負けて、里山から姿を消しつつある、と言われているのです。



ですから、マツタケ山を復活させるには、
とにかく、昔の里山に戻すこと。

   ① アカマツの林があるなら、まず、アカマツの周囲の竹や雑木を伐り払い、
   アカマツ林の中、地面に木漏れ日が当たるような状態にします。
   直射日光が当たりすぎてもいけないので、アカマツの枝から陽がもれる・・・くらいに。

   ② それから、地面に積もった落ち葉をかく。
   分厚い落ち葉の布団があると、マツタケが顔を出せませんから、
   地面に、うっすらと落ち葉が散らばっている、というくらいにする。

   山にアカマツが無い場合は、雑木や竹を伐り払い、落ち葉をかいて、さら地を作り、
   アカマツの苗木を植えるか、アカマツの発芽を待つことになりますが、
   よく日が当たり、<貧栄養>の場所を好む樹木ですから、手入れを続けて、その状態をキープするのが大切。
   また、マツタケは古いアカマツ林にしか出ないそうですから、
   15年~20年は、山の手入れを続ける覚悟ではじめましょう。
   樹木が相手の山の手入れは、気長~~~に、気長~~~に、が一番です。




さて、こうして準備万端整いましたら、
その辺をフワフワと漂っているマツタケ菌が、アカマツの根にたどり着くのを待ちます。
上記のように、私達の里山では、手入れを始めて1年半で結果が出たわけですから
マツタケ菌も、共生相手を求めて、常に山の中をウロウロしているんでしょうね?きっと。

ですから、青子も、
これから大変な作業が待ってはいるものの
なに、古いアカマツ林はあるのだし、
根性出して、やりとげて欲しいものだ、と思っています。






昔の里山では、大量に採れて、さしてありがたみが無かっただろうマツタケ。
          (他に、もっと美味しいキノコが、いくらでも採れたでしょうから)
時代が変わって、今は異様なまでの高級品になってしまっていますが、
マツタケ自体は、手入れをされたアカマツ林の贈り物。
ですから、
あっちで、こっちで、マツタケ山が復活する日を願っています。






      <追記>
      kurooさんのお話では、コメツガの林にも、マツタケは出るそうです。
      コメツガも、痩せた土地で生きられる樹。
      マツタケ菌も、色んな共生相手を見つけ出しているのですね!
      コメツガという樹が、もっともっと広い範囲に分布する樹だったならば・・・・・・、
      マツタケは、今頃、「コメツガタケ」と呼ばれていたのかも???







      このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用は、ご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-10-19 16:18 | Comments(14)
Commented by kuroo at 2009-10-19 17:51 x
はるのさん こんにちは
青子ちゃん、凄いことになってきましたね。
これからどんな大変な仕事が待ってるのかも知らず・・・
青子ちゃんの奮闘ぶりが楽しみです。
でも、一人じゃかわいそうですね。
力自慢の元ラガーマンなんて助っ人が欲しいところです。

秩父ではマツタケがコメツガの林に出るそうです。
私は見たことがないのですが、うらべにさんが詳しいです。
Commented by sakko at 2009-10-20 01:03 x
あちらのブログで山の子更新、「マツタケへの道」を知り
飛んできました。
いままでマツタケは良く肥えた地に出来るものだと思っていました。
赤松も痩せた土地がいいのですね。
マツタケは薄い枯葉の布団ですね。
青子ちゃんはえらいことになりましたね。
頑張ってマツタケを手に入れて欲しいです。
harunoさんの山には赤松が生えていなかったのですか。
生えていれば今頃・・・・・。
マツタケは私など子供の時のお祭りに
焼マツタケ、すき焼きにとたくさん食べた思い出があります。
遠い昔の話です・・・・とほほ。
スーパーの中国産のを横目で見ているsakkoです。
Commented by t-haruno-2 at 2009-10-20 19:41
>kurooさん
こんばんは。
ああ~~~。kurooさん、優しい~~~。
でも、ホント、そうなんですよね。山の手入れは、一人でするには厳しすぎる作業ですもの。
青子にも、仲間を作ってやらねば、と思っているのです。
私も、一人だったら、最初の1年はなんとか頑張れたとしても、2年、3年・・・続かなかったかも、ですし・・・。

ところで、ええ!コメツガの林にも?
コメツガも、痩せた土地を好むのですね。
マツタケ菌も、共生できる相手を求めて、ウロウロしているわけだ。
この情報、本文の補足説明に加えさせてくださいね。
どうもありがとうございました。
Commented by t-haruno-2 at 2009-10-20 19:50
>sakkoさん
そうなんですよ。私の区画には、アカマツは無く・・・。
マツタケって、これまでの人生の中で、1回しか食べたことが無いので、
もし、区画にアカマツ林があったなら、喜びで踊りまくっていたことでしょう。
sakkoさんは、マツタケがたくさん採れた時代を経験なさったのですね。
すき焼きにマツタケ!んま~~~!!!
超高級料理店で、今、そういうのが食べられるそうですが・・・、今の時代、それも、中国や韓国から来たマツタケかもしれないですね。
そんなマツタケですから、
栄養タップリな土地で採れる・・・と、私も思ってました。
意外や意外でしょう?
あの素晴らしい香りは、痩せ土地のたまものなのですって。
Commented by nature21-plus at 2009-10-27 16:12
こんにちは、焚き火小屋の管理人です。
この春から、近くの里山で「ワークショップ「山守」」という遊びをしています。
ずっと、クライミングを主にした登山をライフワークにしてきたのですが、その登山では解することのなかった本来的な人と山との関わりを、このワークショップで学びはじめている気がしてます。
そして、その立ち位置は、まったく「山の子」です。
17年ほど続けてきた「しまね自然の学校」という子どもたちの育ちの支援活動の本質的なスタンスも、これまでのキャンプなどを中心とした、いわゆる「野外活動」から、「おじじとばっぱ」のいる里山にこそ返すべきかなと考えています。
ちなみにこんな記事↓を書いてみました。
http://nature21.exblog.jp/10855443
その先での子どもたちの「里山」の理解に、こちらのページが大変に参考になります。
リンクをいただけたら嬉しいです。
宜しくお願いします。
Commented by t-haruno-2 at 2009-10-27 20:35
>nature21-plus さん
こんばんは。
veronica-t さんのブログで、しまね自然の学校が、里山の手入れをされているのを知り、色んな地域で、色んな人達が頑張ってるんだな
と、励まされる思いでした。
私も、人が自然に触れるのは、キャンプ場や公園でも良いのだけれども、
でも、里山でも触れて欲しい、
里山でした得られない経験をして欲しい、
そして、いつか、どこかの子供が「カブトムシを採りたいな」と思った時、入れる山を残しておきたい、
そんな思いで手入れを続けています。
nature21-plus さんの思いと、同じですね。
「山の子」は漢字にルビもふっていないので・・・子供達のお役に立つでしょうか?
もし、誰かの役に立つなら、描いてきたかいもあるというもの。嬉しいのですが。

こちらこそ、リンクをさせてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by nature21-plus at 2009-10-28 01:01
harunoさま
>「山の子」は漢字にルビもふっていないので・・・子供達のお役に立つでしょうか?
原則的に「焚き火小屋の備忘録」を見にくる人々は子どもたちの保護者と、地域作り系の役人さんが多いです。ですから、漢字の件は大丈夫かと…!。(笑)
>もし、誰かの役に立つなら、描いてきたかいもあるというもの。嬉しいのですが。
ありがとうございます。
わたしは、どうにも「傲慢」のそしりを免れないのかもしれませんが、「なにもしないよりはましだろう!」が嫌いです。この20年近くを子どもたちに関わって学んだもっとも大きなことがここにあります。むしろ、出来ないことに気付こうともしないで中途半端をするぐらいなら、ときに「しないほうが良い!」こともあるのだろうと…。
いまの子どもたちの育ちを取り巻く状況に真摯であれば、それがどんなに小さいことでも良いから、それぞれが「出来ることをする」ことが大切なのだろうと考えます。

続きます。
Commented by nature21-plus at 2009-10-28 01:02
「ワークショップ「山守」」をはじめたきっかけは、里山のモウソウ竹を何とかしたくて竹細工をはじめたからです。現代という時代が切り捨ててしまった「モウソウ竹」を、いま一度、有益な資源とするに、自分レベルで出きることが新しいデザインを意識したカトラリーの類でした。じつに小さなムーブメントではあります。しかし、Varonicaさんたちに強力をいただいて、焚き火小屋を訪ねてくれる大勢の人々に喜んでいただいています。また、こうした考え方に賛同する若い人々も少しづつ回りに集まってきてくれています。

「山の子」は、他の誰にも出来ない凄いことだと思います。

中山間地域の振興に関わるある県立の研究機関の客員研究員などもしているのですが、思うに、現在、こうしたシステムや、その重責を担うはずのオピニオンたちは、残念ながら「山の子」の凄さが理解できないだろうと思います。理由は、そうした環境に主軸をなす人々が、まったく「山の子」を経験的に理解しない世代に変化している事実にあります。また、体験的に理解する世代は、これまた残念ながらある種の「権威主義」の前になす術もないようです。

さらに続きます。
Commented by nature21-plus at 2009-10-28 01:10
こうした現況を理解すれば、いまもっとも大切なことは「誰にでも解りやすい手段を持って「複合的文化環境としての農業を取り戻すこと」の如何に大切かを、ともすれば「農業環境にあるものを異文化としてしか理解できなくなっている世代に正しく伝えること」なのかなと思うのです。

そして、こうした認識に立てば、「山の子」の存在は、「目からウロコ」です。とても素晴らしいことだと思います。ぜひぜひ、今後を続けていただきたいと思います。

リンクと、これからを宜しくお願い致します。

ながながと失礼しました。
Commented by t-haruno-2 at 2009-10-28 19:32
>nature21-plus さん
あ。そうですね。大人達が読みに来るブログですもんね。
あはは。
安心しました。

ところで、
「複合的文化環境」。
その通りですね。
私は、里山をお借りするまで、農家というのは田んぼや畑をしている職業だ
とだけ思っていたのですが、
今は、農家が、田んぼの周囲の山、川、ため池すべてにかかわる生産と保全の技術を持った人達なのだ、とわかります。
そこから得られる食物の保存や加工だけでも、大変な技の数々なんだな、と。
そんな里山で得た経験と知識と驚きを、少しでも誰かに伝えられたら
と、「山の子」を続けています。
止めようか・・・と何度も何度も思っているだけに
励ましのお言葉、身に余る言葉でお恥ずかしいですが、大変に嬉しく、励まされました。
ありがとうございました。

続きます。
Commented by t-haruno-2 at 2009-10-28 19:38
>nature21-plus さん
「おじじとばっぱのこえをきけ・・・」
と読んで
愛知の「愛 地球博」のニュースで感じたことを思い出しました。
トトロの「さつきとメイの家」が再現されて、そこにものすごい人が押し寄せていた
というニュースです。
あれを聞いたとき、「それは違うだろう」と、ものすごく心が苦しかったんです。
さつきとメイの家のような家、トトロに出て来る風景、
それを地球博へ見に行くのじゃなくて、
きっと自分達の身近にもあるのだから、それを探して愛してあげてよ、
と歯がゆかったです。
身近にきっとある、そんな場所を、子供達に見せてあげて欲しい・・・。
Commented by nature21-plus at 2009-10-31 18:54
>「おじじとばっぱのこえをきけ・・・」と読んで

ありがとうございます。
はるのさんの「山の子」に感動したわたしの理由もたぶん同じだろうと思います。

原作者にとって、「さつきとメイの家」は、かつて農山村の子どもたちの育ちのシーンに当たり前にあった文化の一つの象徴されたものだろうと考えます。

だけに、それを理解することには、たしかに大きな意味があるのでしょう。しかし、そのものをアイコン化して祭り上げてしまえば、なにも意味しません。原作者の意図するものも、そうしたことではないのじゃないかと思えるのです。

「トトロの話を思い出していた…!」に、違和感を感じて、自然の学校で、子どもたちとの関わりに理解したものに照らすうちに「おじじとばっぱのこえをきけ・・・」が出てきました。

言うなれば、はるのさんの「林さんのつぶやき」ですよね。(笑)
誰もが耳を傾けやすく、ある種の心地よさを伴って…。しかし、本当に大切なことを伝えてもらえる「林さんのつぶやき」。素敵なことだと思います。

はるのさんのような方に読んでいただけて、とても嬉しいです。
Commented by nature21-plus at 2009-10-31 18:57
このところ、ある引きこもりぎみの若い人に関わっていて…
意図して、自身をすこしナーバスな状況に追いこんでいました。

コメントへのレスをいただきながら大変失礼をいたしました。

お許し下さい。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-01 12:50
>nature21-plusさん
えっ!失礼なんて、とんでもない!
こちらこそ、レスへのレスポンスをいただいて
恐縮です。
どうもありがとうございました。

nature21-plusさんのことですから、その若い人の気持ちに沿って
真摯に向き合ってあげているのでしょうね。
悩みを受け止めるのは、本当に苦しいことですから・・・
nature21-plusさんも、つらいことでしょう。
若い方が、いつか元気を取り戻されますように。


<< その15 <宝の山>      その13 <台風のあと> >>