2009年 11月 16日

その15 <宝の山>

a0119520_1547103.jpg


a0119520_15553278.jpg


a0119520_15483120.jpg




a0119520_15485244.jpg




a0119520_1549731.jpg




a0119520_15492691.jpg






a0119520_15494931.jpg

                                          つづく






7年前に里山オーナーになった頃、私は、木々の名前をあんまり知りませんでした。
いや、「あんまり」なんて言ったら、格好をつけすぎです。
「ほとんど」知らなかった。
松と杉の区別はつきますが、
杉とヒノキの違いは知らない、
というくらい、木の名前にはうとかったのでした。



里山に通うようになって、「四国の樹木図鑑」なるものを買い、
少しずつ、自分達の区画にある木の名前から
本当に少しずつ、木の特徴を覚えていきました。

そうすると、実に色々な木が、マスターTさんの里山には生えているんだな、ということに気がついた。

コナラ、クヌギといった、
「落ち葉堆肥や薪炭用に植えたんだな」
と思われる木はもとより
ホオノキ、クロモジ、ネムノキ、
      椿、タラノキ、エゴノキ、
            ケヤキ、エノキ、ノグルミ・・・・・・・・・・・・
それはもう、数え切れない種類の木が、そこにはあったのです。
そして、樹木図鑑で調べてみれば、それらには、皆、それぞれに使い道があった。
戦前までは、家具に食器に、染料に、漢方薬の材料にと、すべての木が利用されていたんじゃないの?
と思えるほど、
利用価値のある木が、そこには育っていたのです。

先祖代々、必要な木を少しずつ植えていったんだろうな
と、この山の歴史に、思いをはせました。



もちろん、もう30年近く利用されていない里山ですから、最初に植えた場所からは遠く離れて
意図しない場所に、ひょんなものが生えていたりもします。
例えば、
私達のお借りした区画には、大きなシュロの木があるのですが、
これは、淡竹(ハチク)の竹林を皆伐していたら、中から姿を現したもの。
a0119520_16502158.jpg

竹林は、もとは栗を栽培していた所だったそうですから、
栗林の中に、マスターTさんがシュロを植えたわけは、無い。
シュロの実を食べた鳥のフンが、ここに落ちて、シュロが芽吹いた結果なのでしょう。
また、
唐突な場所に、ナワシログミも生えています。
これも、きっと、グミをついばんだ鳥が、種を運んだのでしょうね。

その種の元になった木々、
シュロは、シュロ縄を作ったり、シュロのほうきを作ったりするために、
ナワシログミは、実を食べるために、
遠い昔に、マスターTさんの御先祖様が、庭先や里山の裾野に植えたものだと思われます。



そんなふうに、もう長く利用されていない里山ですから、
木々は大きく育ち、山はうっそうとしています。
30年以上前には、
15年に一度くらい、杣師(そまし : 木を伐採する仕事の人のことです)が、やって来て
薪炭用のコナラやクヌギを伐り、買って行ったそうですから
その頃の里山は、木もそんなに大きくなく、常に地面が見えるような状態だったことでしょう。

今は、15年に一度伐られることも無く
クヌギ(写真の中央の木)も30メートルくらいになって。
a0119520_1629792.jpg

でも、
昔とは、随分と様変わりしてしてしまった里山ですが、
大きく育ったコナラやクヌギは、シイタケのほだ木を大量に生み出してくれますし、
栗やナワシログミ、モクノキ(ムクノキ)などは、美味しい実をつけてくれる。
早春には、タラの芽。

昔から、少しずつ、人の手で作られてきた里山は、
やっぱり、今も宝の山なのだと思います。






      このブログ上の漫画、文章、写真は、すべて高橋はるのに著作権があります。
      無断での転載、転用は、御遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-11-16 16:44 | Comments(25)
Commented by veronica-t at 2009-11-16 18:20
祖父が大切にしていた我が家の山。
しまね自然の学校が、農機具小屋に来てくれなかったら、きっと山に入るなんて考えなかったでしょう・・。

山に入ると、祖父が風呂焚きに使う薪を積んだものが、ずっとそのまま放置されたまま崩れ、原型は分かるものの全て使いものにはなりません。
そして、山に上の方から押し寄せてくる邪魔な竹・・。足腰が悪く山に登ることのできない母に、竹が生えていることを知らせると「ハデに使うために、おじいさんが何度も値付けしようとして駄目だったのに・・今根付いたんだね」と、驚いていました。邪魔な竹、でも祖父にとっては大切なものだったんです。
宝の山・・本当に大切にしないとと思います。
Commented by nature21-plus at 2009-11-16 20:01
ははは。嬉しいです!!。
じつを言えば、おいら、今日が誕生日なのです!。
で、この歳の自らの記念に、里山への思いをブログの記事に書こうと企てて…なんととまとめ切れずに悶えていたのですが…!
なんと、はるのさんのところに「山の子」がアップされているではありませんか!!。

嬉しいたらありゃしません!(笑)

Commented by nonisaku-hana at 2009-11-16 20:56
おお~っ、出雲組が揃い踏みですぅ。

楽しみにいた「山の子」嬉しく読みながら、natureさまのことを思いうかべていたら・・・で、びっくり!

そうなんです。悶えておられました。だって「つづく」とあったので待っていたのに。。。 (笑)

ほんとうに判りやすく、いろいろ教えていただいて嬉しいです。私の母の田舎では「ホオバ飯」があったんですよ。ご飯に黄粉を載せたものをくるんだシンプルなものでしたが、独特な香りでした。子どもにはちょっと。。だったのに、懐かしいです。
Commented by mikeblog at 2009-11-17 00:19
うーん、昔の話を聞いて懐かしい~、山は薪を取るのに大事なものだったんですね。昔は煮炊きも薪だったし、第一に学校のストーブだって薪ストーブだったもんね。子供だって火を焚くのがじょうずでした。だから私はいまだにオール電化の炎の見えない台所は物足りません。イヤ、費用がかかるから出来ないというのもあるけど。昔はみんな自然とともに暮らしていたんですよね。仕事も多いからよく動いて健康にもよかったんでしょう。松茸、うちの田舎でもすぐ側の山で採れて朝のお味噌汁に入れるのに採って来たりしたんだとか、夢のようですね。はるのさんも是非松茸を生やしてください。私は山で松の木があるといつももしや、と思って根元を見ています。そのうちに一本ぐらい間違って出てもいいのにねー。
Commented by yasai at 2009-11-17 12:03 x
う~ん。。。
yasaiのご先祖様のお山はどうなっちゃうんだろう。。。
子供の頃住んでいたお山の同級生男子に、ずっと前に同級会で会ったとき、お父さんの職業を聞いたら「き・こ・り」だって言ったの。
新鮮だった。
「きこり」!!絵本の中でしか見たことがない文字だったもの。
あ、これ前にも書いたかな?
その地方では「ほうば巻」というお菓子も家庭で作っていたのよね。
我が家では買って食べたことしかないけど。
もう数十年経ったけれど、あの頃はまだまだ国産の木がそうとう使われていたのでしょうね。
五木(ごぼく)が有名なんです。
ほんとう昔のことに思いを馳せ、深く深く未来のことを考えてしまいますね~。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-17 19:26
>veronica-t さん
ああ、そうなんですか。山守の活動は、veronica-t さんの、先祖代々の山でのことだったんですね。
焚き火小屋といい、山守の活動といい、
素晴らしい出会いの結果なんですね。いいな。すごいなぁ。
それにしても、
あの竹が根付かなかったんですか???うわ、もう信じられませんよね。
ハデに使うのなら、モウソウチクでしょうか?
あれは太く育つから、ズンズン広がり出したら、手入れが大変でしょう。
でも、適度に手を入れれば、山ほどのタケノコも取れるし・・・。
本当に、宝の山ですよね。
山守の活動、応援してます。頑張ってくださいね!
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-17 19:40
>nature21-plusさん
あーーー。そうだったんですか。
お誕生日おめでとうございます。
これからも、島根の子供達のために、ビシバシと御活躍ください。応援いたしております!

先日のブログの記事を拝見して・・・
ああ、同じ、もどかしい思いをしていらっしゃる・・・、と、(勝手ながら)思っていました。
里山って何?何がそんなに大切なの?ということは、四手井先生の本一冊まるまるかけて説明が必要なくらい、簡単には伝えられないことだと思うので
本当に、こう・・・全然知識が無い人に、どう、わかりやすく伝えたらいいのか、
シンプルにわかりやすく・・・というのが、本当に本当に難しいと思います。
それを伝えたいという、ものすごく真摯な気持ち、文章に感じて、
嬉しかった。
そうそう、そうなのよ、と相槌を打ちつつ、読ませていただいていました。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-17 19:50
>nonisaku-hanaさん
そうなんですよね。私も、この「山の子」をアップしてから、neture21-plusさんのブログにうかがったら、
なにか、今回の漫画の内容とシンクロするような内容の記事があって
勝手に仲間意識を感じて、励まされてました。
里山ってなんなのか?何が素晴らしいのか?
なんとか皆さんに伝わるよう、これからも、一所懸命描いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
ところで、
朴葉飯!?
うわ~~~、初めて知りました。
香りは・・・・・・そうでしょうね。子供には・・・。
郷土食とか伝統食って、ホント、子供にはちょっと・・・というのが、案外多いですね。
でも、今の私には、とっても美味しそう。里山の朴の葉っぱが取れたら(枝が高いんですが)作ってみたい・・・!
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-17 20:01
>mikeblogさん
薪に炭に、建材に。山の木は、何本あっても足りなかったでしょうねぇ。
山を持ってる人は、昔は大変な財産持ちだったはず。
なのに今は・・・・・・。
で、そうそう、昔は、子供が火の番をしてましたね。ストーブをつけたり、五右衛門風呂をわかしたり。
子供も、本当に、火の扱いが上手かったことでしょう。
私の家は、小学校の3年まで五右衛門風呂だったんですが、風呂当番を言いつからないまま育ってしまい、風呂を焚く経験をしそこねたのが、今となっては、もーーー残念無念です。
ところで、
ああ、マツタケ。やっぱりミケさんの育った地方は、マツタケ食べ放題だったんですね~~~。
きっと、もう当たり前にあるマツタケなので、他のキノコの方が美味しい、なんて思いつつ食べてらっしゃったのでは?
私の区画には、残念ながらアカマツの林が無いので、マツタケは無理なのですが、
でも、他にいっぱい山の幸はあるので、満足しています♪
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-17 20:08
>yasaiさん
ああ~~~。もう、今は、「私はきこりです」って人、いないでしょうね???
今なら、林業会社の会社員???
でも、なんかイメージが違うなぁ。林業の会社の人は、もっと木を伐る以外の仕事もしてるでしょうしね。
「きこり」。良いですねぇ。私も、まわりにいなかったですから、新鮮です。
それにしても
朴葉って、私は、朴葉味噌しか知らなかったんですが、
地域によって、色んな食べ物に使われているんですね。
あの香りを、何かに使おうと、色んな人が考えたってのが楽しいです。
里山にもホオノキはあるのですが、何しろ背が高くって、生の葉っぱに手が届かない・・・。
届けば、朴葉巻きも、作ってみたいなぁ。
Commented by sakko at 2009-11-17 22:15 x
今日は一日中雨で寒かったです。
私のところは平地ですので、山を遠くに見て
山の管理に大変なことはあまり知りませんでした。
harunoさんの山の子でその大変さを色々と知りました。
私の畑にも、そばに小さな竹薮がありますが、
昔は家を建てるのに、土壁の中に使ったのですね。
それで所々に竹が植えられています。
昔は竹も必要だったのですね。
畑にもドキドキ「これ何の木」と思う木が生えてきます。
小鳥が運ぶのですね。
田圃を守っていく
山を守っていく
大切で大変なことですね。

Commented by kuroo at 2009-11-18 07:15 x
harunoさん こんにちは
青子ちゃん大活躍ですね。応援してます。
今年試した竹のイノシシ除けはかなり有効でした。
今年は全面を囲んで、再度イノシシに挑戦しようと思います。
里山の動物たちとの付き合いも難しいものです。
漫画だと悪役に描ききれないところもあるでしょうし、こちらも難しそうですね。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-18 19:34
>sakkoさん
やっと秋らしくなりましたね。これでワケギのアブラムシもいなくなると思うと
ホッとします。
sakkoさんのところは、大きな川がありますから、
きっと昔から、山とはまた違って、川の土手の保全が大変だったことと思います。
昔は、川の土手に竹を植えて、ホラ、竹は根をはるのが早いから、土手の補強に役立てたって聞きます。
そういう風に、以前は役に立ってた竹なんですよねぇ・・・・・・。
そうそう、土壁の土台の部分、竹で作ってましたよね!
sakkoさんちにある箕やザルも竹ですよね。本当に、生活に必要な植物だったんですよねぇ。
ちょっとあれば、今でも、畑の支柱に、とか、物干し竿に、とか
役に立つ竹でしょうけど、・・・なんであんなに繁殖力が強いのでしょうね・・・・・・とほほ。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-18 19:44
>kurooさん
こんばんは。
あの竹の杭、かなり効いたんですね?
それは朗報です。
今年は、イノシシを完全にシャットアウトできますように!!!
ところで、
こちらの山も、もうムチャクチャです。今年は、何頭ものウリンボウが走り回ったらしくて、狩猟期前に、何頭も、ワナにかかっていました。
マスターTさんの田んぼをはじめ、私達の区画も、もう掘り返されてボコボコです。とほほ、です。
里山の野生動物のことは、いずれ描かねばと思っています。
しかし、里山の被害を実感していない人達の中は、ワナにかかって殺される野生動物を「可哀想・・・」と思ってしまう人も多いことでしょう。
その人達に、人間が悪いわけでも、野生動物が悪いわけでもない、この現状と、
これからどうすればいいのか・・・を伝えるのには、膨大な言葉が必要で・・・
まだ、「山の子」で上手く伝えられそうにありません。
でも、いつかは必ず、取り上げねばならない、と思っています。
Commented by nature21-plus at 2009-11-19 13:45
この辺にもちょっと書いたのですが…
http://nature21.exblog.jp/10722682
かつては、漁業の現場などなら牡蠣や海苔の養殖のための筏などにも使われました。つまり、竹は、木のような腐りかたをしないのです。だけに、この辺のことを理解した使い方をすると、本来の有効活用の仕方が見えてくるのかなと思います。

Commented by nature21-plus at 2009-11-19 13:45
また、「山に生きる」と言うこともです。柳田の「後狩詞記」という著書あたりから「山の暮らし」を調べはじめたのですが、古い時代には、山の暮らしには薪や木の実やきのこに山菜など、つまり食料となるものが採れるほかに、炭焼き、木工(木地師の世界&いまで言うツイッグ・ファニチャーにちかいものなども…)、獣の皮を活かした細工、紙すき、織物(藤布、山繭)漆細工(採集&加工)などなど、ここでしかできない「「作る」仕事がたくさんあった!」のです。例えば、かつて猪は肉を食べることよりも、その皮を「靴」にしたのです。鹿は「むかばき」ですね。
だけに、稲作を諦めても、人々は山に暮らしたのだろうと考えるべきなのかなと思います。つまり、これを解さない街の人々の認識が「山家暮らしは貧しい」と決めつけてしまったのかなと…。
はるのさんが林さんに語らせる「農業をする人の言葉」の他に、農業に対する本来的な認識も含めて、この辺の議論も、本当は大切なのかなと思います
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-19 20:27
>nature21-plusさん
香川県は日本一面積が狭い県ながら、平野が多く、高い山系が無いので
山間部と言っても、結構田んぼがあり、畑もありです。
それが、阿讃山脈を越えて徳島へ行くと、田んぼなど無い急峻な山の斜面に村があり、
どうやって暮らしをたてているのだろう・・・?
なんて昔は思ったものでした。
そうなんですよね。稲作とは別の、山の経済があったのですよね。
「日本人は農耕民族」「日本の文化は稲作文化」という言葉を、あちこちで見かけますが
そんな画一的なものでは無い
と、山の文化を知るにつれて思うようになりました。豊かな文化があるのですよね。
だから不便であろう急峻な山の斜面に、今も暮らす人がいるのだと
今は、わかります。

↓へ続きます。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-19 20:28
>nature21-plusさん
柳田国男の「後狩詞記」ですか。図書館で探しますね。
宮本常一は・・・・・・・・・ですね、
どういうわけか、私にとって鬼門なのか、
この方の本を図書館で借りてきて読み始めると、ものすごい鼻炎が出るのです。それで、毎回、途中で読むのを諦めるのですが・・・
なんなんでしょうね???これは???

今は、まだ、読むのは早い、私にとって時期じゃないってことなのかしら・・・
と悶々としています。とほほ。
Commented by veronica-t at 2009-11-22 08:59
はるのさま
「山の子」は、今の里山の現状をとても解りやすく、丁寧に書かれていて、読んでいると、す〜っと受け入れることができて、いつも長女にも見せています。
分からないなりに、漫画を読んでいる感覚で、ジッと見ています。
最後に私のつたない解説付きですが・・。

はるのさま、ぜひ「山の子」もリンクさせてください。
お母さん世代にも、ぜひ読んでもらえればと思います。

・・宮本常一の本と、鼻炎・・はるのさまを身近に感じました。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-22 15:14
>veronica-t さん
鼻炎の一件、本当なんですよ。これ。
最初は、もう10年も20年も、誰も借りていない雰囲気の古い本で鼻炎が出たので、古い本のホコリとかダニで鼻水が出るのかしら・・・
と思っていたのですが、復刻版の新刊本を借りても、ズルズル~~~!
呪われているのかしら?と一瞬思いましたよ。
読むのは、もうちょっと待てと神様が言ってるのかしら、と、今は、じっと我慢しております。あ~~~読みたいです。
ところで、
お嬢さんも、読んでくださってるのですか?本当にありがとうございます。
里山のことを知らない方にも、わかっていただけるよう
わかりやすくわかりやすく、頑張って描いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、
リンクを?ありがとうございます!
「田園に豊かに暮らす」も「山の子」とリンクさせていただいてよろしいでしょうか?
どうぞ、お願いいたしますね。
Commented by veronica-t at 2009-11-22 21:48
さっそく、リンクさせていただきました!
ありがとうございます!!
こちらにもリンクですか?喜んでっ!!
ありがとうございます!!

鼻炎・・笑っちゃいけないと思いつつ、すみません、つい笑ってしまいました。(笑)
私も、なんでここで急に鼻炎?と、思うことがよくありますが、私の場合は場所なので、たぶん同じ経験をされている人はいると思います。
はるのさまの、宮本常一の本というのは不思議ですね〜。

今夜の夕食のとき、長女がおばあさんに「山の話を漫画にしとられてね、おもしろいよ。漫画だけん、私にも読みやすいに・・。」と、話をしていました。
「おばあさんも、見てみるだわ。おばあさんなら、よく解るけん。」と、すすめていました。

Commented by t-haruno-2 at 2009-11-23 17:23
>veronica-t さん
え~~~!お嬢さんが、そんなことを・・・
嬉しくって、勇気がわいて来ます。本当にありがとうございます。
このコメントの、出雲弁が良いですね。
讃岐の言葉と、似ている部分もあり、違う部分は、また面白くて興味深くて。
方言、万歳♪
Commented by nature21-plus at 2009-11-30 16:48
はるのさん、今日は…
じつに照れ屋の知人のご紹介です。
わたしのやVironicaさんのブログによく出てくる「七五三の女の子」の父が、ひっそり、こっそりブログをはじめていました。いや、厳密に言えばそれらしいことは言っていた気もするのですが…。(笑)
こちら↓です。
http://mukounov.exblog.jp/

ちなみに野外体験産業研究会の事務局担当です。
また、島根県中山間地域研究センター・地域研究グループの主任研究員でもあります。
本来的に「経済」を専門とするDrですが、現在のポジションは農林業環境での経済に関わるさまざまなことの研究(今年度からは中山間地域の「教育費」が加わったとか…)と、直売所の経営指導などを担当しているようです。

ともあれ、3年ほど前からオール電化の「県の職員住宅」を出て、中国山地の小さな集落に住み着いています。

ちなみに、子どもたちは、さながら「山の子」です。

こういう人もあることがお伝えできたらうれしいです。
Commented by veronica-t at 2009-11-30 18:57
私からも・・知人の子供らは、はるのさまや私の子供のころのまま、小猿のように野山を駆け回っています。
とても素敵な家族です。
Commented by t-haruno-2 at 2009-11-30 20:30
>nature21-plusさん、veronica-t さん
ブログによく登場される、素敵な御一家ですね。
中山間地の教育費!?
山間部の子供は、塾に行くのも遠いし、高校は下宿したり寮に入らなきゃ通えないし・・・で、
思いのほかお金がかかりますが、
そういうことも研究されるのでしょうか。
子供さん達が、私の子供の頃のような環境で遊んでいるなんて
本当に嬉しいことです。
後ほど、ブログにうかがいたいと思います。
御紹介、ありがとうございました。


<< その16 <海からの贈り物>      その14 <マツタケへの道> >>