山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 16日

その16 <海からの贈り物>

a0119520_14323785.jpg


a0119520_14325177.jpg




a0119520_143339.jpg




a0119520_14331523.jpg




a0119520_14332814.jpg




a0119520_14334053.jpg




a0119520_1433519.jpg




a0119520_1434354.jpg

                                           つづく






「森は海の恋人」運動を御存知でしょうか?

山に住むばあちゃんは、「山は海の恋人」と、ちょっと間違えて覚えてしまっていますが、
本当は「森は海の恋人」という名前の、この運動。

これは、宮城県の気仙沼湾で、牡蠣やホタテの養殖をしておられる、畠山重篤さんとおっしゃる方が
もう20年以上前に始められた、
海の大切なパートナーである「山」や「森」を作る活動のことです。



畠山さんは、長年、牡蠣やホタテの養殖にたずさわってこられ、
良い漁場というのは、海に流れ込む川の上流に、落葉広葉樹の森があるものなのだ、ということを学ばれます。
何故、落葉広葉樹の森が必要か、と言うと
貝や魚のエサとなるプランクトン、
このプランクトンの生育に欠かせない養分が、
落葉広葉樹の森の、腐葉土の中に含まれているからなのだそうです。
これが、川を通じて海に流れ込めば、プランクトンが増えて、貝や魚が豊富になる。

ほんの50年ほど前までは、
薪や炭を燃料にしていたため、
里山には、その材料となるコナラやクヌギが、いっぱい生えていました(正確には、植えられていました)。
それらは、農家が使う、落ち葉堆肥の元でもあり、生活には欠かせない存在だったのです。
ですから、
その頃までは、
里山から養分いっぱいの水が流れ込み、日本中の沿岸が、素晴らしい漁場だったはず。
堆肥用に、落ち葉がかき集められていたとしても、
まだまだ充分、腐葉土は山にあったことでしょうから。
それくらい、薪炭用の林が、山々の、ものすごく広い面積を占めていたのですから。

しかし、
燃料がガスや電気、石油に切り替わり、堆肥は化学肥料に取って代わられるようになり、
里山のコナラやクヌギは「役立たず」の存在となっていきます。
そんな中で、山を持つ林家や農家が、
「売れる木を育てよう」
と落葉広葉樹の森を、どんどん杉の林に変えていったのは、いたしかたないことだと思います。
その頃は、木材の輸入が自由化されておらず、
杉を育てれば、建材として高く売れる時代だったのですから・・・・・・。

ただ、その結果、日本中の山から、落葉広葉樹の森が、どんどん減っていきました。
常緑樹である杉の林は、腐葉土を生みません。
加えて、川の上流にダムが多く作られ、川の水量そのものが減っていきます・・・。
こうして、流れ込む栄養分を失ってしまった海では、
プランクトンがどんどん減り、結果、貝や魚の漁獲量も減っていっているのです。
実際、
私が住む瀬戸内海沿岸でも、
天然の魚の漁獲量は、この数十年で、かなり減っているそうです。
瀬戸内名物のサワラなんて、本当に獲れなくなったと聞いています。
きっと、日本全国の沿岸で、同じことが起こっているのではないでしょうか。



このことに気づいた畠山さんは、気仙沼湾に注ぎ込む川の上流に、落葉広葉樹を植林する運動を始められました。
この運動のキャッチフレーズとなったのが
「森は海の恋人」。

この言葉にふさわしく、
この運動は、よくある植林イベントだけには終わっていません。
小中学生を、海にも連れ出すのだそうです。

気仙沼湾の、畠山さんの養殖場で、小中学生を前に、畠山さんは海の水をコップにすくいます。
プランクトンの豊富な海ですから、水はとても濁っている。
「透明な海が綺麗な海だ」と思っている子供達は、「うえ~~~。汚い水」と思いますが、
生活廃水で汚れているわけじゃない、プランクトンなんだ、と言って聞かせ、
なんと、その海水を飲め
と言うのだそうです。
私がその場にいたら「ゲッ!」と思うでしょう。
実際、飲めない子もいるそうですが、子供って好奇心旺盛ですね。
多くの子が「うえ~~~」って顔をしながら、飲むんだそうですよ。
その後、養殖場の牡蠣を、採ったその場で食べさせる。
美味しいでしょうねーーー。
で、
その美味しい牡蠣は、どうして出来るのか。牡蠣のためには、何が必要なのか?
豊かな山、森が必要なんだ、と教えるんだそう。

これは、スッと頭に入るだろうな、と思います。
そして、すごく広い視野を獲得するのだろうな、と。子供達が。



恥ずかしながら、私は、里山の手入れをしながら、海のことには、全く頭がおよんでいませんでした。
ですので、
ずっと手入れをしつつ
「この山の植生をどうしていったらいいのか」
結論が出ず、迷いっぱなしでした。

マスターTさんの山は、もとは薪炭林ですから、コナラやクヌギが多いのですが
しかし、
薪炭用の手入れをすることを30年前に止めてしまったため、
落葉樹が葉を落としてしまう時期になると、よくわかるんですが・・・・・・
落葉樹の下層に、常緑樹が育って来ているのが、わかりますでしょうか?↓
a0119520_15342375.jpg

a0119520_15345997.jpg

これらは、落葉樹が葉を落とし、休眠している間に勢力を広げている椿、シイ、カシなどです。
薪炭林として手入れをされていた時代には、
こういう木々は、樹を伐り出す時の邪魔にもなるので、小さな苗木の段階で、冬の間に伐ってしまっていたはず。
・・・・・・でも、
30年以上、手を入れていませんから、常緑樹はすっかり大きくなって、今や「層」を成すほどです。

これらの常緑樹を、どうしたものか・・・と、私は、長く迷っていました。
だって、薪や炭を売るわけじゃないし、
家庭菜園用に落ち葉堆肥を作るにしたって、何十本もコナラやクヌギが必要なわけではない・・・。
なので、
常緑樹を置いておいて、
コナラやクヌギが、いずれ台風などで倒れたら、下層の木々に育ってもらえばいいかな?
なんて考えていた。
このあたりは、そもそも、人が手を入れる前は、シイやカシなどの照葉樹林帯だったはずです。
西日本は、そういう土地が多いですから。
ですから、
本来の植生に、いつかは戻っていってもいいのかなぁ・・・・・・・・・と。






でも、「森は海の恋人」運動を知ってから、考えは変わりました。

この山から流れる水も、瀬戸内海に注ぐ。

そう思うと、コナラやクヌギの森は、残しておきたいではないですか。



たかだか300坪の、私達の区画ではありますが、
海まで視野を広げたことで、「どういう山にしていくか」
方向が見えてきたような気がしている、7年目の冬なのでした。
   (ホント、300坪で、瀬戸内海のため!なんて仰々しいことこのうえないのですが、
    考えがまとまって、やっとスッキリしたと言うか、ホッとした気持ちなのです)





      このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用は御遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-12-16 16:10


<< その17 <もやかき>      その15 <宝の山> >>