山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 18日

その13 <台風のあと>

a0119520_13432021.jpg


a0119520_1343359.jpg


a0119520_13434730.jpg




a0119520_13435837.jpg




a0119520_13441075.jpg


                                               つづく









私達夫婦が、2003年の春に山をお借りした時、そこは20年以上手入れがされておらず、
人が入って行けるような状態ではありませんでした。(・・・って、入って行って写真を撮っておりますが)
a0119520_1359067.jpg

a0119520_13593412.jpg

a0119520_140448.jpg

そこで、竹を徹底的に伐り払い、
密集している雑木を間伐し、
人が入って、山菜を採ったり、花を愛でたりできる山にしていった。
スッキリと気持ち良い風景になった時は、本当に嬉しかったものでした。
a0119520_146619.jpg

a0119520_1462510.jpg

ただ、困ったのは、手入れで出た、膨大な量の竹や雑木の処理。
薪や炭が燃料だった時代なら、1年も持たず、これらを使い切ってしまえるのでしょうが、
燃料にはならない、今の私の生活。
これは「ゴミ」にしかならないのでした。

使い道が無いのなら、しばらく山の中に放っておいて木が乾くのを待ち、
乾いたら、集めて燃やす・・・
という手もあるのですが、
山火事の危険が大きく、消防署の許可無しでは、今の時代、そんなことは出来やしません。
かといって、山から持ち出し、「燃えるゴミ」に出すなんてのは、論外だし。

結局、これらの竹や木を細かく解体し、
山のあっちこっちに積み上げておく
という手段しか、私達には思いつけませんでした。
a0119520_14185163.jpg

しかし、1箇所や2箇所なら良いのですが、山の中のあっちにもこっちにも
竹やら木の枝やらが積み上げられている。



・・・・・・ハッキリ言って、良い気持ちはしません。



頑張って手入れをした以上は、キャンプ場や公園みたいにスッキリとした空間を夢見ていたわけです。
当時の私は。
もしくは、私が子供だった頃の里山。
まだお風呂を薪で焚いていた時代の里山は、木が適度に伐られ
地面の落ち葉も、綺麗に掃き集められて、
子供達が自在に走り回って遊べる場所でした。
そういう、明るく、よく片付いた山を理想にしていたのかもしれません。



でも・・・・・・。



理想を言っても、マンション暮らしでは、どうにもならず、
雑木の一部を、シイタケのほだ木にした以外は、山の中に積み上げておくしかなかった「ゴミ」。

そう、最初は、本当に「見苦しいゴミ」という感覚でしかなかったのです。これらが。






段々変わって来たのは、いつ頃からでしょうか。

ここは、公園でもキャンプ場でもない。

ましてや、昔の里山でもない。

今の時代の、私の生活にあった手入れを続けていくしかないじゃないか。


と思えるようになったのは。

多分、ここまで吹っ切れたのは、ごくごく最近のことのように思います。

吹っ切れて行くに従って、「ゴミ」が「堆肥の元」に見えるようになって来ました。
もちろん、小枝や落ち葉が、畑の良い堆肥になるのはわかっていましたが、
そうではなくて
山の中に積み上げている竹や木も、長い長い年月をかけて、いずれは土に戻り、
やがて山の肥やしになるんだな・・・と。
そういう風に、のんびりした気持ちで眺められるようになってきたわけです。

この間、
大型の台風によって、30メートルもある大クヌギが倒れる、ということもありました。
a0119520_14485184.jpg

大勢の方に助けていただいて、これを解体したのですが、
根元の直径が60センチもあり、根元の方は、短く伐っても、とても動かせる重さではなかった。
a0119520_14514685.jpg

しかたがないので、これらは、もう、伐った山の斜面に、そのままゴロンゴロンと置いてあります。

正直、見苦しい!

・・・・・・でも、解体から6年。
丸太には、色々なキノコが生え(食べられないのばっか!)、山の微生物に徐々に分解されつつあります。
サラサラの堆肥になるのに、あとどれくらいかかるかわかりませんが、
いつの日か
大クヌギも、完全に山にかえることでしょう。







      このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用は、ご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2009-09-18 15:25