<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 21日

その17 <もやかき>

a0119520_19315145.jpg


a0119520_1555122.jpg


a0119520_1561164.jpg




a0119520_1563713.jpg




a0119520_19325140.jpg




a0119520_1933820.jpg




a0119520_19332010.jpg







a0119520_1571111.jpg

                                      つづく






マスターTさんの里山の中には、二股に分かれた大きなクヌギやコナラがたくさんあります。
a0119520_19357100.jpg

いずれも、直径が30~40cmにもなろうかという、大きな樹ばかり。
a0119520_19353549.jpg

よく見ると二股の真ん中には、切り株が、埋もれるように残っていて
a0119520_19361132.jpg

この樹が、昔、伐採され、
その後「ひこばえ」が生え、それを「もやかき」されて、大きく育ったものなんだな、ということがわかります。
コナラやクヌギには、こういう、伐られても「ひこばえ」から再生する力が強く、
老木になるまで何度も伐られて、薪、炭、シイタケのほだ木に・・・と、人の暮らしに活用されてきました。
青子が圧倒されたように、
この再生の力は、まったく素晴らしい。
そして、再生力を知り、これらの樹を里山に植えていった先人達の知恵にも、また頭が下がるばかりです。

このような「ひこばえ」からの再生は、「萌芽更新(ほうがこうしん)」と呼ばれています。
私達のお借りしている区画と、その周辺をちょっと歩くだけでも
本当に、たくさんの萌芽更新したコナラやクヌギを見つけることができます。
a0119520_19363157.jpg

a0119520_1936453.jpg

これは、マスターTさんの山では珍しい、三股。↓
a0119520_1937171.jpg

どの樹も、おそらく、伐採後30~40年は経っているのでしょう。
本来は、伐採後15~20年くらいの、もっと幹が細い時期に、再度伐採されていたはずですが、
薪や炭が使われなくなり、
伐られないまま、樹も大きくなっていったようです。
しかし、この「もやかき」された樹を見るにつけ、
次の伐採に向けて、マスターTさんは、ちゃんと樹を管理されていたのだな
と思い、
胸が詰まります。
あまりにも極端な、時代の変わりように。






ところで、「やまおやじ」という言葉、聞いたことがおありでしょうか?
これは、
もっと細い段階で何度も伐採され、萌芽更新を繰り返したコナラやクヌギの根元部分が
ボコボコと、コブのあるいびつなおイモのような形状になり、
そのうちに、真ん中にあった一番最初の切り株も腐って、おイモの中が空洞になり、
なんとも言えない不思議な形になったまま、山の中に立っているさまを、
写真家の今森光彦さんが、そう呼んだのだそうで、
「やまおやじ」の写真集も出されているんだそう。

私達の区画の樹は、
一度伐られただけで、その後放っておかれたものばかりらしく、
ボコボコといびつな「やまおやじ」は見かけませんが
もっと広くこの山を歩けば、私も、彼に出会えるのかもしれません。



皆さんの近くに、やまおやじはいるでしょうか?

もしいなくても、山歩きやハイキング、キャンプなどに出かけた時、周囲の森をちょっと観察してみてください。

そこに、やまおやじや、二股のクヌギが立っていれば
そこは、かつての里山。
多くの恵みをもたらす宝の山で、
今だって、気づきさえすれば、まだまだ多くの恵みが、そこからは得られるはずです。
誰かが「もやかき」をしたあかしが、今、そこに立っているのですから。








※ ※ ※ <追記> ※ ※ ※

「やまおやじ」について、
kurooさんから、「それは雪の積もる地域の産物だよ」と教えていただきました。
なるほど。

手元に「やまおやじ」の写真がないので、文字で説明するしかないのですが、
コナラやクヌギの樹の幹が、1メートルくらいの高さのところで、
ボコボコとおイモのようにいびつな形になっているのが「やまおやじ」です。
そして、そのいびつな部分から、また新しい枝が出ている場合もある。
1メートルくらいの高さがボコボコしている・・・
というのは、そこで何度も樹を伐ってるからですが、
<そんな高い部分で伐採をしている>という点が、不思議でした。
雪の降る地域で、積雪期に樹の伐採をしていたため、
地面から、はるかに高い所に切り株が出来た、ということなのですね。

私は、「やまおやじ」は本で見たのですが、
1メートル~1メートル50センチくらいの高さのボコボコした幹の樹が
山の中に存在しているのは、
まさに
「ヌッと立っている」
感じで
今森光彦さんが、これを「やまおやじ」と名付けたのには、
「上手いな~~~」と、感心するばかりです。



さて、
というわけで、
積雪の無い我が里山には、残念ながら「やまおやじ」はいません。
しかし、
「やまおやじ」的なものは、いるのじゃないか・・・?
つまり、
そんな1メートルも1メートル50センチも背丈が無くとも
地面に近いところで、何度も伐採を繰り返されて出来た
「ミニやまおやじ」みたいなのが
我が里山にいたっておかしくは無いのじゃないかしら・・・?
と考え、探してみたら
いました!
a0119520_2034146.jpg

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、↑の右手手前に、切り株があるのが
わかりますでしょうか?
この樹を横から見ると、こんな感じ。↓
a0119520_20343162.jpg

斜面の下手で伐採されて、その後、上手に2本の樹が育っているのがわかります。
で、真ん中あたりがくぼんでいるのは、
一番最初の伐採時の切り株は、ここにあった、ということなのでしょう。
その、最初の切り株は、今はもう、分解されて土になり無くなった。
そして、2度目の伐採を経て
今や、3度目の伐採をするべき太さに、樹は育っています。
いや、本当に、落葉広葉樹ってすごい・・・。

・・・とはいえ
これは「やまおやじ」というより
「やまおやじの足」もしくは「やまおやじの靴下」と言った方が良いかもしれませんね。

私達の区画と、その周辺には、
何度も伐採を繰り返された樹というのは、あまり無いようで
「やまおやじの足」は、これ1本(と数えるべきか?)だけでした。

でも、こういう山仕事の歴史を、この目で見られるのは楽しいことです。



積雪の無い地域の皆さん。
山歩きやハイキングの時、
「二股クヌギ」や、「やまおやじの足」を、是非、探してみてくださいね。






      このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用は、ご遠慮願います。

[PR]

by t-haruno-2 | 2010-01-21 19:47 | Comments(10)