<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 23日

その24 <助っ人>

a0119520_1518111.jpg


a0119520_15181926.jpg


a0119520_1518419.jpg




a0119520_1521538.jpg


a0119520_15214610.jpg


a0119520_15192838.jpg




a0119520_15194647.jpg




a0119520_1520721.jpg




a0119520_15223996.jpg

                                       つづく








刈り払い機を使うのは、やっかいです。
短く刈り込もうとすると、地面に刃が食い込む。
土を削る。小石を跳ね飛ばす。
刈り払い機の刃が傷むうえに、跳ね飛んだ小石が人間に向かって飛んでくることもあり、危険です。
山の斜面の草刈りなどでは、伐採した木の根っこが雑草に埋もれて残っており
そこにギャギャッと刃が食い込むこともある。
クズやヤマイモなどのツル性の植物がはびこる夏には、
ツルが刈り払い機に巻き付いて、しょっちゅう作業を止めてしまうし。
それから、あの大きなエンジン音。
刈り払い機を使っている人に、何か呼びかけても、絶対に聞こえやしません。
刈り払い機を使う際の、第一番の注意事項に
「使っている人の背後から、絶対に呼びかけないこと!」
というのがあり、
なんでかと言うと、
人間、呼びかけられたら反射的に「はい?」と、刈り払い機を動かしたまま振り返ってしまうので、大変に危険だ、
呼びかける時は、数メートル離れた正面から、手を叩くなどして合図を送るように、
とのことなんですが、
ハッキリ言って、
正面から手を打って呼ぼうが、背後から叫ぼうが、
私は、刈り払い機の作動中、人に合図を送って気づいてもらえた試しがありません。
南アフリカW杯のブブゼラもかくや?
というくらい大音量の刈り払い機。
なので、夫との草刈り中、
コミュニケーションを取ろうと思えば、
クズのツルが巻き付いて、作業が止まるのをひたすら待つしかない!というのが定石です。
こりゃもう、2メートルくらいの竹の棒を用意して、それで正面から頭をどつく
というのが、一番良い合図の方法なんじゃないか?
と考える今日この頃。



・・・と、短所をあげればきりが無い刈り払い機。

それでも、
鎌で草刈りをする100倍くらいのスピードで雑草を刈り飛ばしてくれる
もはや、無くてはならない、頼りになる里山の道具のひとつです。

我が家では、ほとんど夫が刈り払い機を使っていますが、
この7年、草刈りを続けたおかげで、↓このように芸術的にフキだけ刈り残せるくらい、腕前も上達しました。
a0119520_2022322.jpg

それでも、
やはり、大ベテランのマスターTさんには到底かないません。
↓こんな急な斜面でも、足を踏ん張って綺麗に刈ってしまわれますからね。
a0119520_2023188.jpg

上手な人が草刈りされたあとの田の畦は、サッカーコートのように綺麗です。
それも、サッカー場のように、単一の芝が生えているわけではなく、
色んな草が生え、地面もデコボコしているのにスカーーーッとした刈り跡を見ると
やはり「カッコイイ!」と思わずにはいられません。






        このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
[PR]

by t-haruno-2 | 2010-07-23 20:27 | Comments(4)