山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

その25 <イヌビユとヤブカンゾウ>

a0119520_14131844.jpg


a0119520_14133930.jpg




a0119520_14141761.jpg


a0119520_14144633.jpg




a0119520_1415840.jpg


a0119520_14153281.jpg




a0119520_14155032.jpg




a0119520_14161854.jpg




a0119520_14163953.jpg

                          利口げな(りこげな)=賢そうな、スマートな、カッコイイ

                                          つづく






<ヤブカンゾウのつぼみの保存>

夏。ヤブカンゾウのつぼみを採取します。
ちょっとオレンジ色がかってきた、大きなつぼみがおすすめ。
a0119520_14172576.jpg

つぼみを枝からはずし、3分ほど蒸します。
a0119520_14175326.jpg

蒸したものをザルに広げて天日干し。
a0119520_14182026.jpg

かんかん照りの夏空の下でも、水分が飛んで完全にカラカラに乾くまでには、数日かかります。
a0119520_14184580.jpg

完全に乾いたら、乾燥剤と一緒に袋に入れて、冷暗所で保存。
猛暑の続く夏場は、冷蔵庫に入れておいても良いでしょう。

こうして干したものは、「金針菜」と呼ばれる中華料理の食材となります。
鉄分が豊富な食材なのだとか。
もちろん、ノカンゾウのつぼみでも同様にして保存できます。



<ヤブカンゾウのつぼみとニンジンのキンピラ>

a0119520_1419958.jpg


   材料 : 乾燥させたヤブカンゾウのつぼみ適量、ニンジン1本、唐辛子1本
   調味料 : しょう油、酒、三温糖(好みの量で)


天日干ししたヤブカンゾウのつぼみを30分~40分、水に漬けて戻します。
軽く水気を切り、つぼみの固い部分を切り落とします。
ニンジンは細切りに。
唐辛子は種を取り除きます。
フライパンにゴマ油を熱し、唐辛子を弱火でゆっくり炒めます。
ここにヤブカンゾウのつぼみとニンジンを加え、炒めます。
全体に油が馴染んだら、調味料を入れ中火でさらに炒めます。
全体がしんなりしたら、器に盛り、炒りゴマを降ります。






乾燥させたヤブカンゾウのつぼみには、ほんの少しだけ苦味があります。
山菜らしいほろ苦さなのですが、この苦味が苦手な方は、水戻しした後、1度ゆでこぼすと良いでしょう。

独特の風味があって美味しいヤブカンゾウのつぼみ。
ヤブカンゾウのつぼみの収穫が終わった頃、里山ではササユリやコオニユリが咲き始めます。
ヤブカンゾウを味わった後なので、同じユリ科のこれらの花のつぼみも、美味しそうに思えるのですが・・・・・・・・
山菜の本に、ササユリやコオニユリのつぼみが食べられるという記述を見かけないところからして
・・・・・・・・・・・・・・・・多分、美味しくないんでしょうね。
先人達は、いろんな植物を食べてみているはずですから、
先人達が食べたがらない物は、多分「不味い」ものなんでしょう。
ただ、ササユリやコオニユリのユリ根は美味しいそうなので、いつか挑戦してみたいものだと思います。

イヌビユについては、実は、まだ実際に食べてみたことが無いのですが
花穂の出る前の、若い葉や茎がクセが無くて美味しいのだそうです。
夏、畑のちょっと空いたスペースに、すきあらば!という感じで繁殖してくるイヌビユ。
草刈りしても、根っこが残っていると、夏中、復活してくるやっかいな雑草ですが、
「復活してきたところから食べれば良い」と考えれば、2期作、3期作、4期作も可能な優秀な食材・・・
と思えなくもない・・・・・・・・・・・・・・・・ですか?(無理かーーー)






        このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
[PR]

by t-haruno-2 | 2010-08-31 16:15