<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 23日

その32 <野の花>

a0119520_15572067.jpg


a0119520_16243195.jpg


a0119520_15575267.jpg





a0119520_16251149.jpg

a0119520_15584793.jpg




a0119520_1559344.jpg


a0119520_15591627.jpg




a0119520_1559317.jpg




a0119520_15594682.jpg




a0119520_160046.jpg


a0119520_1602311.jpg

                                       つづく





山の子の中で何度も描いてきたことですが、
この世界は、人間を含めた生き物達のせめぎあいの場所です。
人間は、自分達が豊かに幸せに生きるために努力をするし、
他の生き物達は、我が子孫繁栄という本能に忠実に生きている。
動物も、昆虫も、植物も、菌類も、
<自分達が良ければ>
というエゴ丸出しで、ぶつかり合っているのが、この世界だと思います。

ですから、
TVや雑誌で見かける「自然と共存した里山」というのは、
人間にとっては都合の良い共存状態であっても、動物や植物にしてみたら迷惑千万なことも多いはず。
漫画に描いたように、我が里山では、
淡竹の竹林を皆伐して地面の日当たりが良くなると、数年後にシュンランが顔を出して私と夫を喜ばせましたが
さて、淡竹にしてみれば、どうだったのか。

と言うわけで、
里山賛美のTV番組や雑誌の記事を目にするたびに、
奇麗ごと過ぎる
とストレスのたまる私です。
逆に、
人間ばかりが自然を破壊し、迷惑をかけている
という考え方も、ナイーブ過ぎると感じます。

エゴとエゴがぶつかり合い、傷つけあうのがこの世界。
完全な悪人はいませんし、100パーセントの善人もいない。
生きるためには、他の生き物の命を奪わねばならないように、
誰もが誰かを傷つけ、誰かに傷つけられているのが、共存ということなのでしょう。

国土の69パーセントもの山林を持つこの日本。
他の先進国に比べて、山は圧倒的に身近にあります。
その山を利用しないで、
他の国から山菜やらキノコやら、木材やら、農作物やらを輸入し続けるのは空しい話です。

かといって、利用すれば自然を確実に傷つける。

自然の利用と自然破壊の間に、どう折り合いをつけるのか。

農家や林家は、常にこの痛みと向き合っていると思います。
通いで里山の手入れをしている私ごときでも、この痛みをビシビシと感じます。
それでも、
そこにある山を、ただ「綺麗だな」「自然は良いな」と眺めているのではなく
利用しなくては。
この痛みを引き受けて、食べ物や生活の材料を得なくては、と思う。
国土の69パーセントもの山が、あるのだから。





・・・・・ただ、こういうことに痛みを感じるのは、「自然と人間が対等だ」という考えから来る
とてもとてもアジア的な発想なんだろうな
と思います。
自然とは人間が管理するもの、守ってやるもので、
「対等では無い」
という考え方の国や地域も多いでしょうから。





さて、これから我が里山は草刈りの季節。
私のエゴで、
食べ頃を過ぎて葉っぱになってしまったワラビや、しつこく出て来る竹をバンバンと刈っていくことにしましょうか。
私は善人であるし、悪人でもある。
里山の動植物達も、悪人であり、善人であるのです。





     このブログ上の漫画、文章の著作権は、高橋はるのにあります。
     無断での転用、転載はご遠慮願います。
     リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-04-23 16:29 | Comments(10)
2011年 04月 09日

特別編 <ノブヒェン窯でピザやパンを焼こう!>

初めてお読みの方は、まず<被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方>を読んでから、
こちらをお読みください。



a0119520_16123425.jpg


a0119520_17183214.jpg


a0119520_1613112.jpg


a0119520_17185875.jpg


a0119520_16133788.jpg


a0119520_16135287.jpg


a0119520_2063034.jpg


a0119520_16142740.jpg




加筆訂正! ボウルを切る作業は、必要ありません!
a0119520_1157385.jpg

漫画を描いた時点と現在では、フライパンのパン焼き窯<ノブヒェン窯>の作り方が変わっております。

小さいボウルをキッチンバサミでザクザク切る作業は、もう必要ありません。

この漫画のアップ後、たくさんの方がノブヒェン窯を作り、料理をしてみてくださった結果
切って下側に置く「スカート」のような形のパーツは、無くても調理に支障無し、とわかりました。


ですので、現段階でノブヒェン窯作りに必要なのは、フライパン、小さいボウル1個、大きいボウル1個、以上です。↓
a0119520_12102931.jpg

フライパンで作った底の部分に割れ瓦か平たい石を敷き、その上に調理したいものを乗せ、
小さいボウルをかぶせ、その上から大きいボウルをかぶせ、調理します。



さて、ここで、もうふたつ加筆訂正を!!!!!!

① ボウル小とボウル大を重ねる時、間に2~3センチの隙間ができるよう、小石とか割れた瓦とか
スペーサー(スペースを作るもの)になるものを入れてください。↓
a0119520_12105077.jpg

これで出来るボウルとボウルの隙間が、ノブヒェン窯のポイントです。

ですが、瓦のロケットストーブでノブヒェン窯を使う際には、スペーサーは特に必要ありませんでした。
瓦の微妙な曲線のおかげで、上にかぶせた大きなボウルが自然に浮き上がって、
小さいボウルとの間にスペースを作っていたからです。

でも、
瓦のロケットストーブでノブヒェン窯を使う際も、↓このように平らな台に乗せて使う場合もありますし、
a0119520_1214832.jpg

また、ガスコンロでノブヒェン窯を使うこともあるでしょう。

ですので、平らな調理器具の上でノブヒェン窯を使う方は
必ずボウルとボウルの間にスペーサーを置いて使ってくださいね!



② 窯の底部分に使うフライパンは、テフロン加工で無いものを使ってください!
テフロン加工は、260℃以上の高温になると溶け出す可能性があるそうですので
テフロン無しのものを探してください。

テフロン加工無しの、鉄のフライパンで、さらに柄が取り外せるタイプのもので作るノブヒェン窯は
こちらのページで紹介されています。
このフライパンを使えば柄を切る作業がいらず、2012年10月の段階では、一番誰にでもとっつきやすい作り方なのでは
と思います。

漫画で紹介したノブヒェン窯は、いわば「初期型」「原型」とも言うべきもので
今現在も、たくさんの方が試行錯誤しながら作りやすく、かつ使い勝手が良いように改良が重ねられています。
これをお読みになったみなさんも、身近にある物を工夫して代用しながら、自分のスペシャルノブヒェン窯を作ってくださいね。






瓦のロケットストーブがあれば、本当に少ない焚き木の量で短時間に調理ができます。
ご覧ください。この勢いの良い炎。炊きつけ口も見てください。こんなに細くて少量の薪で、頼もしい炎が得られるのです。
a0119520_12496.jpg

そして、そこにこのノブヒェン窯が加われば、オーブン料理が手軽に出来るようになり、「災害時の炊き出し = 汁物」
の固定観念から開放されて、料理の幅がグンと広がることでしょう。
a0119520_1265258.jpg


瓦のロケットストーブ & ノブヒェン窯での調理については、<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ その2>
詳しく説明してありますので、どうぞごらんになってください。






瓦のロケットストーブ、ノブヒェン窯考案     nature21-plusさん<焚き火小屋の備忘録>

写真提供     veronica-t さん<田園で豊かに暮らす>






      この<ノブヒェン窯でピザやパンを焼こう!>ページ上の漫画、写真、文章について
      営利目的でなければ、転載、転用、2次使用の制限はありません。
      ご自由に使い、どうか役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-04-09 16:20 | ノブヒェン窯 | Comments(31)