<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 27日

その36 <いつか山にかえる日>

a0119520_16352298.jpg


a0119520_16354228.jpg




a0119520_146683.jpg


a0119520_19345442.jpg


a0119520_19352362.jpg




a0119520_19354782.jpg


a0119520_16365254.jpg






a0119520_19361979.jpg


a0119520_19364575.jpg

                                       つづく





山間部でのイノシシ、鹿、猿などなどによる農作物への被害の甚大さを知っているので
私は野生動物を可愛いとは、針の先ほども思いません。
里山で動物に会えばムッとしてにらみつけ、石を投げて追い払いたい
と思う。

でも、
好きではないけれども、彼らのことを私は尊敬しています。

あの山の中で、多くの動物は一人で生き、一人で死んでいく。
群れで生きる動物だとて
歳をとったり病気になれば、群れを離れ孤独に生き、死んでいきます。
そして静かに土にかえる。

その孤独さと潔さに、人間の私がかなうはずがありません。



去年(2010年)から今年(2011年)にかけての冬は、久しぶりの寒い冬でした。
香川県でさえ、何度も積雪があり
平野部でも10センチ以上も積もった日がありました。
平野部での10センチ以上の積雪なんて、私にとっては小学生低学年の時以来の大雪です。
山間部では、もちろんもっともっと積もっていたことでしょう。

そんな寒い冬、
人間は暖房を強くしたり、厚着をしたりでしのげますが
野生動物達は、身ひとつで耐えている。

めったに無い積雪の山の中で、ただただうずくまって寒さに耐えている動物達を思うと
変かもしれませんが
私は、非常に厳粛な気持ちになります。
寒さに耐えられなかった多くのものは、あの冬を越せなかったことでしょう。
そして土にかえり、山にかえっていったことでしょう。



里山に通い、季節の移り変わりを何度も目にしていると
そういう自然でシンプルな生涯の終え方が、
とても尊いものに思えてきます。

土にかえり、大地の一部となり、
木々を茂らせ、生き物達を養い、
皮膚のかけら、細胞の一個までもがこの世界のものとなる。

そのような生き方(つまりは生涯の終え方)にあこがれるのは、おそらく私だけではないでしょう。
山に生きてきた林ばあちゃんは、きっとなおさらのことと思います。





     このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、高橋はるのにあります。
     無断での転載、転用はご遠慮ねがいます。
     リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-09-27 16:42 | Comments(6)