<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 26日

その37 <パイを分けあう?>

a0119520_13494888.jpg


a0119520_1350697.jpg


a0119520_13502146.jpg


a0119520_13503670.jpg




a0119520_13504865.jpg




a0119520_135116.jpg




a0119520_13513046.jpg


a0119520_13515385.jpg




a0119520_15425463.jpg




a0119520_13521758.jpg


a0119520_13522815.jpg

                                       つづく



橙のピールのアイディアは、sakkoさんからお借りしました。
チョコがけのピールも、毎年sakkoさんがバレンタインデーに作っておられます。
橙のピールのレシピは、sakkoさんのホームページに詳しく書かれていますので、是非ごらんください。







社会主義や共産主義が幸せな世界を作るとは、私は信じていません。
理想としては素晴らしいですが、
かつての東ヨーロッパや、旧ソビエトがどのような社会であったかを見るにつけ
このシステムを動かすのが人間で、
その人間が、必ず腐敗する生き物である以上、
これは人類が扱うには決して向かないシステムなのだろうな
と思う。

かといって、今の資本主義が人を幸福にするとは、これまたとうてい思えません。

アメリカ式の考え方なのか、とにかく巨大に儲けよう儲けようと、その欲はとどまる所を知らない。
「ほどほど」
という発想が無いのか
「シェア100パーセントを取ろう」
と、何かに取りつかれたようにむきになっているように見えます。
それも、経済がグローバル化された現在ですから「世界シェア100パーセント」取らなきゃダメ。
100パーセントじゃなきゃ、0パーセントも99パーセントも同じで、それは負けなんだ!
そんなムードを感じます。
「欲じじい」という妖怪に取りつかれているのだろうか。

たとえば
全国チェーンのお店は、ライバルチェーンに勝つべく、どんどんどんどん店舗を増やしていきます。
そんな全国展開のドラッグストアやホームセンターや巨大ショッピングセンターが建った日には
地元の金物屋さんとか薬局、八百屋さんなんて、あっと言う間に客足が減って閉店です。
でも、
その後、その全国チェーン店は、その土地で「思ったより商売がもうひとつだな」と感じたら
すぐさま撤退、
もうけがありそうな別の場所に、また新店舗をドカッと建てる。
あとに残されるのは、金物屋も薬局も八百屋も無い町と、全国チェーン店の巨大な空き家・・・・・・・・・・
実際、そういう町は多いのではないでしょうか?

何故、そんなにパイを丸ごと欲しがるのか。
それも巨大なパイを。
それが「向上心」というものなのでしょうか?????





私の考えがが甘すぎるのだとは思います。

でもね。

成功例があるとすぐに飛びついて真似をする。
企業でも自治体でも、第3セクターでもそれは同じなのですが、
そうやって
上手く行けば真似をした相手のシェアも奪い、パイを丸ごと手に入れる。
でも、
やがては別の誰かが出てきて、自分のパイは全部持って行かれてしまう・・・・・
ことの繰り返しの世界って
・・・・・・・・・・どうなんだろう・・・・・・・・・・?





人真似をせず、オリジナルの発想を持ち、個性を磨き、
そして、ほどほどに人とパイを分け合い・・・・・・・・・・・・・・・





って、ああ、
確かに甘すぎますね。
それこそ共産主義や社会主義のように「理想」すぎる。

けれども、
これまでの「正解」から発想を変えないと、もう私達はどこへも行けない、行きようがない
と感じています。
今、切実に。





     このブログ上の漫画、文章の著作権は、高橋はるのにあります。
     無断での転載、転用は、ご遠慮願います。
     なお、リンクはフリーです。
[PR]

by t-haruno-2 | 2011-10-26 15:22 | Comments(10)