<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 27日

その39<愛しの切り干し大根>

a0119520_1514414.jpg


a0119520_15171350.jpg


a0119520_15174287.jpg


a0119520_1518563.jpg


a0119520_15183731.jpg




a0119520_15191880.jpg


a0119520_15195119.jpg




a0119520_15201850.jpg




a0119520_15205170.jpg


a0119520_15212067.jpg




a0119520_1522097.jpg

                                       つづく






山間部は別として、ほとんど積雪の無い香川県の平野部では
大根を畑に残したまま越冬させているお宅も多いです。
お正月も過ぎると
葉っぱを切り取られ、大根本体だけがヌッと土から突き出した畑をあちこちで見かけるようになります。
とはいえ
香川県の平野部だって、氷点下になる日は何日もある。
大根、凍っちゃわないのかしら・・・・・・
と、ちょっと心配になってくる寒さの底の頃です。

土に埋めて越冬させる場合も、やり方は様々だと思います。
横に寝かせて埋める人、まっすぐに立てる人、
立てるにしても、葉っぱが伸びて来ないよう上下を逆さまにして埋める人もいると聞きます。
ばあちゃんは、お姑さんに習ったとおりにやっています。
そして、
ちょっぴり味の落ちてきた大根も、お日様に干すことでまた旨味が増すことでしょう。






さて
里山で畑をお借りしていた頃の話ですから、もう6~7年前になると思うのですが
いよいよ雨の降らない夏がありました。
香川県で降らないのは毎夏のこととは言え、3週間以上、パラリとも雨が落ちてきません。
天気予報では
「所によっては午後、にわか雨か雷雨があるでしょう」
なんて、毎日言っていましたが、
あれはただの夏の天気予報の常套句なんじゃないの?
と腹が立ってくるほど、お天気は崩れず、晴天のまま。
そんな日が1ヵ月近く続いていたのだから、もう畑もカラカラでした。
毎週末、水やりに通っていた私と夫ですが、カラカラの大地にジョウロで水を撒いたところで・・・・・・
たいして効果も無く、野菜達も疲れ気味。
そんなある週末、里山と畑の持ち主マスターTさんと、私はこんな会話を交わしました。

「いよいよ降りませんねーーーーーー」

「降らんのぉ」

「今日も、天気予報では、にわか雨か雷雨になるとか言うてましたけどねぇ」

「にわか雨が来る時はな、山からサァッと風が吹いてくるんじゃわ。そしたら降るんで」

「は~~~~~~、そうなんですか」

「たいていの、降るんで」

そして、その時です。
山と山の間、谷間になった細い道に沿って、私達が立つ場所にヒュゥッと強い風がひと吹き吹きつけたのは。

「マスターTさん、今のは!?」

「わっはっは。そうじゃのー。あんな感じの風じゃわのー」







・・・・・・とは言え、この時点ではマスターTさん、
本当にこの後土砂降りの雨がやって来るとは思っていなかったことでしょう。
私だって
んま~~~~~~絵に描いたようなタイミングで風が吹いたもんやなぁ
でも、ま、降りゃあせんやろ
と思っていた。
なにしろ、1ヶ月近く、ひとしずくだって降っていなかったんですから。
加えて、その時、空には別に怪しい積乱雲もわいていなかったんですから。

が、

降りました。

30分も経った頃でしょうか。
空が暗くなり、待望の雨がポツポツ落ち始めた。

最初は嬉しかったですよ。
大汗流してさっき畑に水やりして来たけど、あれはいったいなんやったんやろう??????
なんてことは考えません。
単純に嬉しかった。

ですが、

まもなく、ポツポツの雨がバケツをひっくり返したようになり、
そこに居合わせた全員が車の運転を見合わせるほどになったのには、たまげました。
しかもそれが1時間近くたっても止む気配が無い。
マスターTさんの農作業小屋で雨やどりしながら
ザァッと吹いて来た一陣の風の感触を、何度も思い出していた私でした。
しかし、
マスターTさんも、まさかここまで降るとは・・・・・・・・・・・・・・・・・・
思ってらっしゃらなかったでしょうね。






今、私は瀬戸内海沿いのマンションに暮らしています。
海のそばなので、空は広く、遠くの山脈の方まで空の様子がよく観察できます。
ですから、山脈の方から怪しい雷雲が広がって来た
とか、
西の方から雨雲が近づいて来た
とか
お天気の変わり目はよくわかります。
しかし、山の中となると・・・・・・・・・・・・。

わかりづらいものですね。

以前、TVで、身近な自然を観察し、独自のお天気長期予報をたてる農家の奥さんのドキュメンタリーを見ました。
その正確な予報は、全国の農家から頼りにされているとか。
自分の五感と経験を使ってお天気を読める人は、まだまだたくさんいるのでしょうね。
逆に農家であっても気象庁の予報が頼りという方は
増えていっているのかもしれません。

a0119520_15543358.jpg

                        切り干し大根と干しエビと大豆の炒め物






      このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用は、ご遠慮願います。
      なお、リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-02-27 15:34 | Comments(16)