<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 27日

その40 <ふたたび 野の花>

a0119520_15161432.jpg


a0119520_15315743.jpg




a0119520_15451023.jpg


a0119520_15323372.jpg




a0119520_15173446.jpg




a0119520_15175077.jpg


a0119520_1518284.jpg




a0119520_15333280.jpg






a0119520_15183314.jpg




a0119520_15344743.jpg




a0119520_15381872.jpg


a0119520_15383169.jpg

                                       つづく






もちろん、自然だって人間を傷つけています。人間は、自然に傷つけられている。
お互いに傷つけあって、一緒に生きているのがこの世界です。
生きていくしかありません。
人間同士だって、誰からも傷つけられたくなかったら、無人島へ行って一人で暮らすしかありませんものね。



農業も、林業も
自然を破壊することから成り立っています。
心なごむイングランドの牧場の続く風景も、フランスやイタリアの広々したブドウ畑も、スペインの見事なオリーブ畑も
そして日本の美しい田園風景も
すべて、もともとあった森林を破壊しつくすことで出来上がったものです。
結果、
イギリスや西ヨーロッパから、熊や狼はどんどん姿を消しつつあり(すでに絶滅した国も)、
日本でも狼が絶滅したのはご存知のとおり。
以前読んだ本の中に、日本の小学生の
「林業は木を伐ってしまうから、自然破壊でいけないと思う」
という発言が載っており、絶句したことがありますが
林業も漁業も農業も
自然を傷つけないで出来ることではありません。

でも、
相手を傷つけているという自覚があればこそ、遠慮やつつしみ深さというものが生まれて来るのではないでしょうか。
漁業ならば、獲りすぎない、
林業なら、木を伐りつつ、植林して新たな森を育てる。伐った広葉樹をもやかきして、森を再生させつつ使う。
一見、ものすごい森林破壊に見えてしまう日本の焼き畑だって
山の斜面を焼いた後、ソバを育て、大豆を育て、
同時に広葉樹の「ひこばえ」を大切に守りながら木を育て
木が育った頃に、ふたたび木を伐って薪やシイタケのほだ木にし、あとの斜面をまた焼くという
10年~15年くらいのサイクルで森を再生させながら使っていく、とても高度に知的な農業のやり方なのです。
持続できるよう、つつしみ深く使う。
そういう気持ちを、第一次産業の現場の人は持っているのではないでしょうか。
自分の手で自然を傷つけている実感があればこそ。

昨年、震災で大きな被害を受けた東北の漁師さんが、自分達の仕事を表してこのようなことを言っておられました。

「感謝しつつ命を取る」

農業や林業や漁業の本質を、これほど見事に表現した言葉を、私は知りません。



しつこい繰り返しになりますが
人間と自然はお互いに傷つけあっています。傷つけあって生きていくしかありません。
だから、私は、巷にあふれる
「自然を大切にしよう」
という言葉を前にすると、身構えてしまうのです。

大切にするって、どういうこと?
自然にはいっさい手を触れず、眺めるだけにすること?
それとも、自然を傷つけながらでも、つつしみと尊敬を持って利用すること?

考えは、人それぞれでしょう。
私は、「山の子」を描きながら、ずっと答えを考えています。



ただし、
考えつつも
現実には、「命を取る」ことをすべて人任せにし、
スーパーでタッパーに入った切り身の魚を買い、虫ひとつついていない野菜を買うのが
今の私の生活です。
家庭菜園でカメムシやヨトウムシを憎しみを込めて踏み潰すことはありますし、
山菜を採りに山に行けば色んな植物を踏みにじる。
けど、
それは食生活のごくごく一部でしかありません。



そういう生き方をしているのですから、
せめて、自然を傷つけていることを、自覚していたいと思う。
そして、傷つけあっている相手のこと、相手との関わり方を、これからも考えていきたいと思います。

ものすごく憎いけれども、限りなく愛しく大切な相手。

ああ、でも、人間同士でも、
一番憎んでいて一番愛している相手ほど、大変でやっかいなものは無いのですよね。






      このブログ上の漫画、文章、写真の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用はご遠慮ねがいます。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-03-27 15:25 | Comments(13)