<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 26日

その43 <山を育てる>

a0119520_16424157.jpg


a0119520_16425953.jpg


a0119520_16431546.jpg




a0119520_16432938.jpg


a0119520_16434520.jpg


a0119520_1644093.jpg




a0119520_16441315.jpg




a0119520_16442535.jpg


a0119520_1317503.jpg


a0119520_16445393.jpg

                             つづく






お借りしていた里山の、淡竹(ハチク)の竹林を、「もういやだ。止めよう~~~~~~!」と言いながらも皆伐して
a0119520_1650113.jpg

スッキリ見晴らしも日当たりも良くなった山の斜面を手に入れた私と夫。
a0119520_16505115.jpg

が、
我々には、これからここをどうするか?というプランはまるでありませんでした。
他の里山オーナーさんは、雑木を伐り払った斜面に、何種類もの果樹を植えて果樹園にしたり
ブランコを作ってお孫さんの遊び場にしたり
と、色々なアイディアをお持ちだったのですが
いかんせん私達は、何の計画も無いまま山をお借りし、手入れを始めてしまったので、やるべきことが見当たらなかったのです。

しかし、このまま日当たりの良い斜面を残しておいても、また竹林に戻るだけ。

そんな時、ふと足元を見れば、そこには無数のドングリが落ちている。

竹林の周囲には、かつての薪炭林のなごりで、コナラやクヌギの大木が林立していたのです。

じゃあ、このドングリから苗木を育てて、ここを広葉樹の森にしようか。
イージーですがそう考えました。
畑の堆肥を作るのに広葉樹の落ち葉は役に立ちますし、シイタケのほだ木にだってなる。
戦前の里山の主役コナラとクヌギを、もう一度この斜面に植えよう。



と言うわけで、足元のドングリを大量に拾って帰った我々。
虫に食われて使えない実もありますから、後で水に浮かべて選別しましょう
と、とりあえずマンションの日の当たるベランダにドングリを置いておきました。

そしたら、

まぁ、水に浮かべる必要もありません。
出てくるわ出てくるわ、
ドングリの中にいたコナラゾウムシとかクヌギゾウムシの幼虫が、ワラワラワラワラ這い出してくるではないですか!


山の中の涼しい木陰と違って、マンションの、日の当たるコンクリートの床はムチャクチャ暑かったのでしょうね。
9月か10月頃でしたから。
這い出してきて、次々とベランダの物陰に逃げ込む幼虫たち。
もうちょっと、えらい光景ですよーーーーーー。
そして、
あとに残されたドングリは?と見れば、ほとんどが虫の這い出た穴あり!
虫に食われていないドングリを探す方がむつかしいんだなぁ
と、つくづく思い知ったこの時でした。



その後、なんとか虫食いの無いドングリを見つけ出し、育苗ポットに埋めておいたら、次の春先
無事に芽が出た。

そして20cmくらいにまで成長したところで・・・・・・・・・・・・

私は、無謀にも、その苗木を里山に移植してしまったのです。

ああ、なんてせっかちなんでしょうか!!!!!!
早く山を広葉樹の森にしたい一心だったのですが、しかし普通、苗木って1メートルくらいになってから
移植しますよね。

よって、気の毒な苗木達は、山がこんなになる↓夏になれば
a0119520_1652272.jpg

もう草にうずもれてしまって、どこにいるのやらわかりません。
a0119520_16525077.jpg

毎年、一所懸命、周囲を草刈りしましたが
a0119520_16533686.jpg

3本植えた苗木のうち2本は、数年後、草の中で行方不明となってしまいました。
周囲の草に負けたのか、我々が草刈りの時、うっかり刈り飛ばしてしまったのか・・・・・・。
a0119520_16541582.jpg




さて、
残った1本は、その後けなげに成長を続けましたが、まあいつ見ても葉っぱは虫に食われてボロボロでした。
コナラやクヌギの葉って、こんなに虫に食われるものなのか
とひたすら驚きました。
だって、周囲にあるコナラやクヌギの大木は、枝が頭上はるか彼方にあって
葉っぱの様子など見えません。
遠くから葉っぱが茂っているのを見て、
「たくさんあるな。元気だな」
と思うだけ。
近づいてマジマジと見れば、かなりの葉っぱが虫に食われているものなんでしょうね。



そんなわけで、コナラもクヌギも大量のドングリを実らせますが
その何十パーセントかはゾウムシに食われ
残りの何十パーセントかは、地面に落ちた後、イノシシやネズミに食べられ
やっと発芽したと思えば、雑草に日当たりをさえぎられクズのツルにからまれ締め上げられ
あげく虫に葉を食い荒らされ・・・・・・・・・・・・。

実生で大木まで育つのは、サッカーで言えばトーナメント戦を50試合くらい勝ち抜いていくような
大変なタフさを要求されることなのね

としみじみ思います。

ひこばえから広葉樹を再生する技術が確立されたのも、うなづけますね。
それくらい、一度大木に育った広葉樹というのは、生命力があり、貴重なものだったのでしょう。
そういう技術は、100年先にも残さなきゃ
と思います。
もちろん、他の樹を育てる技術も。


人が山への興味を無くし、利用する技術も絶えた時、
ふと気がつけば、日本の国土の69パーセントを占める山々は、すべて外国資本に買い占められていた
豊富な水を生む水源の山も、すべて外国に所有されていた
なんてことになっているかもしれません。

日本は、今、たまたま水が豊富ですが
世界規模で見れば、多くの地域は水不足。砂漠化は進み、干ばつもあっちこっちで起こっています。
良質で豊富な日本の水は、世界中の大資本から狙われています。
今の時代の山への無関心が、将来のこの国の水不足をまねいたりしたら
100年後の子供達に申し訳がたたない。

ですから、
山の持ち主さんが山を手放さず手入れを続けていけるよう、技術を未来に伝えていけるよう、
みんなで山に関心を持ち続けませんか?
国産の樹を使った木工品を買うとか、
国産のコウゾで作られた和紙を買うとか、
産直市場で、近所の山間部の農家を買い支えるとか、
小さな小さなことでも出来ることはあると思います。






それにしても、山の子・コナラやクヌギは、ゾウムシの攻撃をまぬがれ
ネズミやイノシシのおなかにも納まらず
なんてタフで幸運な子達なのでしょうね。






      このブログ上の漫画、写真、文章の著作権は、すべて高橋はるのにあります。
      無断での転載、転用はご遠慮願います。
      リンクはフリーです。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-06-26 16:58 | Comments(15)