「ほっ」と。キャンペーン
2014年 01月 06日

その50 <世界遺産なんかにゃ負けねぇぞ>

a0119520_19191983.jpg


a0119520_14363791.jpg


a0119520_19195875.jpg




a0119520_19201971.jpg




a0119520_1920478.jpg




a0119520_19211120.jpg




a0119520_19213940.jpg


a0119520_19215718.jpg




a0119520_19221377.jpg




a0119520_19223114.jpg




a0119520_19225087.jpg

                                       つづく






新年あけましておめでとうございます。






もし、
「あなたの地域の、よそには無い宝ってなに?」
と聞かれて一発で答えられたら
その町は、すでに世界遺産に登録されているのでしょう。
普通は、人間が「あなたの良いところってなに?」と聞かれて「うっ・・・・・・・・・」と答えにつまるように
返答しかねるはず。
それくらい、地元の魅力を発見してアピールするのって難しい。

だから私は、心から尊敬しているのです。
町おこしのネタとして「ご当地アイドル」とか、「ご当地ヒーロー」とか、「ご当地B級グルメ」とかを
一番最初に考え出した人たちを。

「ご当地ヒーロー」や「B級グルメ」など
きっと
「なんやそれー」と、言い出した時には、非難ごうごうだったと思います。
「そんなん成功するわけが無い!!!」と、ボロカスに言われまくっていたんじゃないかと、
その様子が目に浮かぶようです。
ご当地ヒーローなんて、ホントに突拍子もないアイディアですものね。

それでも、あきらめずに実行して話題になった。

今も、日本各地で、
突拍子もない町おこしを考えては、ボコボコに言われている人たちがたくさんいることでしょう。
でも
負けないで。
あきらめないで。
「これ絶対におもろいで」は、きっと本当に面白い。

荒れるいっぽうの山や田畑をよみがえらせるのは、「脱・東京みたい」「脱・横並び」の個性的でおもろい人たちだ
と確信しています。
[PR]

# by t-haruno-2 | 2014-01-06 20:23 | Comments(17)