山の子

tharuno2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:瓦のロケットストーブ ( 4 ) タグの人気記事


2012年 10月 22日

特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その3>

初めてお読みの方は、「瓦のキッチンストーブの作り方」をまずお読みください。
瓦のロケットストーブの構造と特長を詳しく説明してあります。



a0119520_1575129.jpg


a0119520_1581065.jpg


a0119520_1583063.jpg


a0119520_158467.jpg


a0119520_159234.jpg


a0119520_1591921.jpg


a0119520_1593353.jpg


a0119520_1594812.jpg

                     <特別編 : 使ってみようよ 瓦のロケットストーブ   おわり>






直火のいいところは、今、使っている燃料の量が目に見えることだと思います。
               (↓使ってみようよ瓦のロケットストーブ その1、その2より)
a0119520_15151118.jpg

a0119520_15153054.jpg

電気やガスだとこうはいきません。
月に一度、「使用量のお知らせ」という紙が郵便受けに差し込まれて、初めて「ああ、これだけ使ったのか」とわかる。
しかも、それは、自分で汗水流して調達した電気やガスではありません。

薪(たきぎ)の場合、
庭から、山から、時間と労力をかけて調達して来た燃料で、それが目に見えるわけですから
いきおい
「あ、使いすぎたな」とか
「節約して使わなきゃ、残りが少ないぞ!」とか
使う量を気にかけるようになるのではないでしょうか。
それは浪費とは真逆の、本当に必要な分だけを取って生きる、知恵と思慮に満ちた豊かな生き方だと思います。



漫画にも描きましたとおり、今、この国では、身の回りに直火の燃料があふれています。
でも、そのほとんどが燃えるゴミになっていたり、利用されることも無く山の中でただただヤブになっていたり
というのが現状です。

ほんの60年前までは、山から木を伐り出して薪にしたり炭を焼いたり、国内で燃料を自給していたのに。
また、
杉やヒノキの人工林を間伐(木を大きく育てるために時々間引いて伐採すること)して、
間伐材で割りばしやまな板などを作っていた。
その割りばしやまな板も、使い古されれば最後には燃料となって役立っていたのに。
そんな無駄の無いサイクルが、すっかり壊れてしまったこの60年間でした。

その割りばしですが、
漫画の中では「使い古しの割りばしも燃料になる」と描きましたが
本当のところ、私は割りばしは使いたくありません。
間伐材で割りばしを作っていた時代ならともかく、今、この国で毎日大量に使い捨てられている割りばしは
ほとんどが安い外国産の木材で作られているものです。
それが毎日毎日、ものすごい量の燃えるゴミに出されているわけですから、燃えるゴミを輸入して使い捨てている
としか思えないのですが
でも、私がマイ箸を持ち歩いていても、現実には日々大量の割りばしが捨てられているし
結婚式や法事の折り詰めにはイヤでも割りばしが付いてくる。
だったら、
せめて、それをロケットストーブの燃料にしてもらおう
という気持ちであの部分を描きました。



割りばし、菜ばし、古い椅子・・・・・・
知恵を働かせて、燃えるゴミを燃料に換え、自分の食べ物を料理するというのは
かなり達成感のあることではないでしょうか?
自分の食べるものを自分で料理するというのは、とても心が満たされることですが
燃料まで自分で探して来たものなら
手ごたえはどれほど大きいか!
もちろん、庭から、山から、汗水流して調達してきた燃料なら、さらに「やったな!」という気持ちになれることでしょう。



家庭菜園で自分の食べるものを作るように、自分の使う燃料を自分でまかなう生活。
その燃料の「量」が見える生活。
それが瓦のロケットストーブのある新しい(実は古くからある)生活だと思います。
それは、燃料を通して、住んでいる地域の資源の豊かさに気づく生活でもあるでしょうし
気づいた豊かさを人と分かち合う暮らしともなるでしょう。

「使ってみようよ 瓦のロケットストーブ その2」で、料理の実験にご協力くださったveronica-tさんは、
出雲の田園地帯で、瓦のロケットストーブやペール缶のロケットストーブ、かまどなどを使い
直火料理のワークショップを開かれて、地域の豊かさ、美しさを人に伝え
共感の輪を確実に広げていらっしゃいます。

手あかにまみれた言い方ではありますが、欲しい物が何でも買える都会の生活が豊かなわけではありませんし
便利なことが豊かさの証しでもありません。

災害の被災地で、直火を囲んで美味しい物を料理し食べることは、とても人の心を励ますと思います。
そのためにも、瓦のロケットストーブとノブヒェン窯に興味を持つ方が増えてくれれば
と思っていますが
でも、
災害時に限らず、日常の中でも
直火を使い、この国の森林資源の豊かさに感動して欲しい。
そして、共感する人の輪を、少しずつでも広げていって欲しいと願い
この「使ってみようよ 瓦のロケットストーブ」の3編を描きました。

どこかにいる誰かの心に、何かが届けばと願っています。






      この「使ってみようよ瓦のロケットストーブ」ページ上の漫画、文章について
      営利目的でなければ、2次使用についての制限はいっさいありません。
      ご自由に使い役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-10-22 15:30 | 瓦のロケットストーブ
2012年 09月 30日

特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その2>

初めてお読みの方は、まず<瓦のキッチンストーブの作り方> と <ノブヒェン窯の作り方>をお読みください。
構造や作り方を、漫画で詳しく説明してあります。

a0119520_13522336.jpg


a0119520_13524037.jpg


a0119520_1353364.jpg


a0119520_13423239.jpg


a0119520_13533349.jpg




a0119520_13534759.jpg


a0119520_13431555.jpg







a0119520_1513760.jpg

ピザ?パン?スペアリブ?ケーキ?
災害の被災地で、そういうものを作るの??????


と驚かれた方、あるいは不自然に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、
最初の大混乱期を過ぎれば、被災地には食材はあるものです。

実際、
昨年の東日本大震の時も、震災後数ヶ月で道路事情がかなり回復し、
全国各地から支援の物資がたくさん届くようになり、さまざまな食料が避難所にあったと聞きます。
しかし、ライフラインの復旧がまだでしたからドラム缶のストーブしか調理器具が無く、
毎日、大鍋で汁物・・・・・
という避難所も多かったそうです。

また、自宅はなんとか無事で、避難所に行かず自宅で生活を続けられていた方も
農家など、ものすごい量と種類の食材を備蓄してあるのですが、同じく、ガス、電気が復旧しなかったため
一斗缶やドラム缶のストーブで、毎日同じようなメニューが続いていたとか。

食べ物や飲み物があるのは、大変にありがたいことだけれども
何ヶ月も同じようなメニューが続くとなると・・・・・・・・・・・・。



食材があるのなら、みんなが「わぁ!♪」と笑顔になる食事を作りたい

と思いませんか?




市販のフライパンとボウルで作れる<ノブヒェン窯>があれば、さまざまなオーブン料理が作れます。
それも、瓦のロケットストーブと組み合わせることで
少ない焚き木で、短時間での調理が可能です。

漫画に描いたように、ピザなら予熱無しで13分で焼き上がります。
が、
これはピザ生地の厚みや、トッピングの材料でも焼き上がり時間は変わります。
この漫画のために、実際に焼きあがり時間を実験してくださったveronica-tさんは、野菜をたくさんトッピングされて
かなり厚みのあるピザを焼かれました。これは、焼く前の姿。野菜タップリ、チーズもうんと乗せて。
a0119520_13554345.jpg

それでも13分。
a0119520_1356218.jpg

ですから、
具材を少なくし、シンプルなピザにすればもっともっと短時間で1枚目が焼けるでしょう。
大人数の避難所でどんどん焼く場合には、シンプルなピザにすればうんとスピードアップできるはずです。

そして、veronica-tさんの実験では、
同じく、たくさんの野菜をトッピングした2枚目は8分。
3枚目は5分。
4枚目は、3分で焼きあがったそうです。早い!



また、昨年、TVニュースで、震災後半年以上経っているのに、お弁当や菓子パンを配っている避難所をいくつも見かけました。
想像ですが、
水道が復旧しないため、洗い物を減らすためにお弁当や菓子パンを常食にせざるをえなかったのではないでしょうか?
ご飯を炊いたり、大なべで汁物を作るのにも大量の水が必要になりますし・・・・・・。

ですが、こういう時、
パンやピザなら、少量の水で作ることができます。
出来上がったものも、大皿に盛って各自が手で取って食べればいいので、食器の数も減らせます。
そういう点でも、瓦のロケットストーブ&ノブヒェン窯は重宝なのではないでしょうか。
もちろん、
漫画にも描きましたように、調理口の狭い瓦のロケットストーブならフライパンも使えますから
水をあまり使わなくてすむ炒め物もできますしね。



どんな時でも、美味しいものを食べれば、人は少しずつでも気力を回復できると信じています。
また、
美味しいものを作る人にも、張り合いと、目標と、手ごたえを与えてくれる。
だから、
こんな時にケーキ!?
ではなくて
こんな時だからこそケーキやピザを焼いて欲しいと思うのです。
みんなで、ロケットストーブの直火を囲んで、
ケーキを切り分けて、笑顔になって欲しい。

a0119520_1522069.jpg







もちろん、ノブヒェン窯も瓦のロケットストーブも、災害時だけが活躍の時ではありません。
ガスや電気を使わなくても料理できるロケットストーブを、veronica-tさんは日常生活に取り入れて、
ごくごく当たり前に使ってらっしゃいます。
a0119520_13571996.jpg

瓦のロケットストーブとノブヒェン窯を使ったパンやピザ、ケーキ、野菜や肉のオーブン料理のレシピが
veronica-tさんのブログ「田園に豊かに暮らす」にたくさんアップされていますので
ぜひご覧になってくださいね。

それから、電気やガスのオーブンの代わりにノブヒェン窯をガスコンロで使ってらっしゃるのは
イギリス在住のmihohakamataさん。
パンを焼き、ケーキを焼き、
メーカー物の高価なオーブンを使わなくても、こんなに色んなものが作れるんだ!
と目からウロコを落としてくださいます。
mihoさんのブログ「自給自足を夢見ながらの英国音楽生活」もぜひご覧になってください。



と言うわけで、オーブン料理の得意なみなさん、一家に一台、常備されませんか?ノブヒェン窯。
a0119520_1412197.jpg

ペットボトルと並べてあるのでよくわかると思うのですが、こんなに細い薪(たきぎ)でピザやパンが焼けるのです。↓
a0119520_13581632.jpg

a0119520_13584423.jpg

その薪については、次回の<燃料編 : ひゃー!!こんな所に燃料が!>に詳しく描く予定です。






瓦のロケットストーブの作り方はこちらに。
ノブヒェン窯の作り方は、こちらに描いてあります。






      この<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ その2>上の漫画、写真、文章について
      営利目的以外であれば、2次使用の制限はいっさいありません。
      ご自由に使い、役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-09-30 14:07 | 瓦のロケットストーブ
2012年 09月 07日

特別編<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ : その1>

初めてお読みの方は、まずこちらのページをご覧ください。
瓦のロケットストーブの作り方と構造を、漫画で詳しく説明してあります。

a0119520_13511734.jpg


a0119520_13513323.jpg


a0119520_13515043.jpg


a0119520_1352764.jpg



a0119520_13522774.jpg

                            つづく






昨年の3月、東日本大震災が起こった直後に「山の子」で紹介した
瓦のロケットストーブ。
<焚き火小屋の備忘録>のnature21-plusさんが、被災地でも特別な工具無しに、子供から年配の方まで
誰でもすぐに作れる調理器具&暖房器具を
ということで考案されたストーブです。

昨年、紹介した時点では、とにかくネットを通じてこの役に立つ道具が広まって欲しい!
という願いから
調理器具だとわかりやすいように「瓦のキッチンストーブ」とこれを呼んでいましたが
1年半経った今、
「瓦のロケットストーブ」と呼び直したいと思います。

細長い空間で火を焚くことにより、少しの薪でも強い火力が素早く得られる。
それがロケットストーブ。

それを瓦で作ったのが、漫画で紹介しているものですが、
瓦で作ったメリットは、なんと言っても工具がいらない。瓦を積むだけで出来る。
また、曲線を持つ瓦が重なり合うことで、積み重ねてもグラグラしない。安定している。
そして
その曲線が描き出す全体の姿形の優雅さ!
a0119520_14122976.jpg

災害の現場の炊き出しに優雅さが必要??????
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが
避難生活や、ライフラインの寸断が長引いた時、何日も何日も調理を続けるのには楽しさも絶対に必要です。
日々、料理をしてらっしゃる方なら、きっと共感していただけるはず。
瓦のロケットストーブは、その使い勝手の良さと姿の美しさから、料理のをする人の気持ちを明るくし、意欲をわき立たせてくれる
と思っています。
a0119520_14124434.jpg







東日本大震災から1年半。
この大変に役に立つツールの魅力に気づき、災害時の備えとして用意される方、
また、
災害うんぬんに関係なく、日常の調理器具として活用されている方が、徐々に増えてきています。

「山の子」でも、今一度、この瓦のロケットストーブの良さを
数回シリーズお伝えしていきたいと思います。

次回は<調理編 : ええ!?こんなものも作れちゃうの?>の予定です。






漫画の中で取り上げた、お湯を沸かす実験のデータは
瓦のロケットストーブを常設して日々の暮らしに役立てていらっしゃる、信州のひびきさんに
ご協力いただきました。
ありがとうございました。






      この<使ってみようよ 瓦のロケットストーブ>上の漫画、写真、文章について、
      営利目的以外であれば、2次使用に制限はありません。
      ご自由に使い、役立ててください。

[PR]

by t-haruno-2 | 2012-09-07 13:56 | 瓦のロケットストーブ
2011年 03月 20日

特別編 <被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方>

a0119520_7363188.jpg


a0119520_14185724.jpg


a0119520_737364.jpg


a0119520_1734251.jpg


a0119520_17343931.jpg

a0119520_8114851.jpg

a0119520_186249.jpg


a0119520_8121462.jpg


a0119520_812354.jpg




被災地で不自由な生活をされている方や、
これからたくさん当地に入って行かれるであろうボランティアの方達に
きっと役立つキッチンストーブです。
工具無しで、老若男女、誰だって造れる調理道具です。

「瓦の・・・・・」と名付けられていますが、新しく建てた家ですと、瓦を使っていない場合も多いですよね。
また雪の多い地域も、瓦屋根は少ないかもしれません。
でも、
このキッチンストーブは、構造さえ理解できていれば、他の材料でも応用が可能です。
例えば、ガーデニング用の煉瓦や敷石、敷き瓦などでも造れるのではないでしょうか。
瓦が無いから・・・・・とあきらめずに、
「瓦のキッチンストーブ」を造って、是非役立ててください。
瓦ほど面積が無い材料(煉瓦とか敷石とか)の場合は、積み上げた時の安定性が問題になってきますが、
両脇の壁の外側に土を盛って安定させると良いでしょう。
昔の「かまど」「おくどさん」みたいな感じで、どっしりとキッチンストーブの両脇に土を盛るのです。
あきらめないで。
造ってみてください。

火の取り扱いに慣れていない方のためには、
veronica-t さんのブログ「田園に豊かに暮らす」の中の、こちらのページが参考になると思います。

キッチンストーブ発案、製作、写真提供     nature21-plusさん 「焚き火小屋の備忘録」
キッチンストーブの作り方の写真入りの説明は、こちらのページをご覧下さい。

ただ、余震が続く中で、キッチンストーブの材料を集めてまわるのは、大変危険です。
どうか余震がおさまるまでお待ちください。
また、余震がおさまってからも、じゅうぶんに安全を確認しながら、キッチンストーブを作ってください。

漫画製作     高橋はるの



この<被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方>ページ上の漫画、写真、文章について、
営利目的でなければ、転載、転用、2次使用の制限はありません。
ご自由に使い、役立ててください。
被災地では、PCを無くされた方や携帯を充電できない方が、今もたくさんいらっしゃると思います。
その方達にこの<作り方>が届くよう
プリントアウトしてコピーをし、紙で配れる立場の方に、どうかこの情報が届きますように。
皆さんのご協力を、どうかよろしくお願いいたします。

[PR]

by t-haruno-2 | 2011-03-20 07:54 | 瓦のキッチンストーブ